グッド・シャーロット / グッド・モーニング・リバイバル

はてなブックマークに追加
グッド・シャーロット / グッド・モーニング・リバイバル
CD
ガイドコメント
アメリカのメロディック・パンク・バンド、グッド・シャーロットの4thアルバム。原点回帰をテーマに、1stアルバムと同じプロデューサーのもと、当時と同じスタジオで制作された話題作。期待を裏切らない、ポップでダンサブルな仕上がりとなっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2007/4/9)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    14位 (2007/4/9)
収録曲
01GOOD MORNING REVIVAL
ジョエル・マッデンとプロデューサーのドン・ギルモアが2人だけで作り上げたショート・ソング。靄がかかったような音空間の中でジョエル・マッデンが切々と歌い上げる。アルバム『グッド・モーニング・リバイバル』での次曲「ミザリー」のイントロダクション的な役割も果たしている。
02MISERY
はみ出し者でいることの誇りと悲しみ、そして同類の人々へのシンパシーを綴ったパンク・チューン。ベンジーとジョエルが入れ込んでいるエレクトロニック・ミュージックのエッセンスが取り入れられた、打ち込みサウンドが特徴的。
03THE RIVER
彼らの長年の友人でもあるアヴェンジド・セヴンフォールドのメンバーをゲストに迎えて作られたアッパー・チューン。ジョエル・マッデンの伸びやかな歌声とM.シャドウズのハスキーな歌声のコンビネーションが抜群。
04DANCE FLOOR ANTHEM
ベンジーとジョエルが課外活動として行なってきたDJの経験がバンドの音楽性に見事に昇華された、タイトルそのままのグルーヴィなダンサブル・チューン。極太のビートと拮抗するかのような甘酸っぱいメロディ・ラインも強力。
05KEEP YOUR HANDS OFF MY GIRL
ジョエル・マッデンが自身のDJ活動中に感じたフラストレーションを轟音のディストーション・ギターに乗せて叩きつけたヘヴィなエレクトロニック・ポップ。ラップ調の饒舌な歌でリズミカルにグルーヴを刻み込んでいく。
06VICTIMS OF LOVE
『グッド・モーニング・リバイバル』完成への足がかりとなったストレートなロックンロール・ナンバー。高速の16ビートを的確に刻み続けるディーン・バターワースのドラミングを中心に据えた、爽快感満点のバンド・アンサンブルだ。
07WHERE WOULD WE BE NOW
ジョエル・マッデンの恋愛経験を赤裸々に綴った失恋バラード。傷心を癒すかのように、ストリングスとピアノの甘い音色がジョエル・マッデンの歌声を優しく包み込む。雄大なシンフォニーを想わせる流麗なメロディ・ラインも特筆もの。
08BREAK APART HER HEART
恋人に捨てられた男の喪失感を切々と綴ったロック・チューン。どんなに悲惨な経験をしようとも、それがいつかは人生の糧となり、乗り越えられる日が来るはず……。暗い曲調の中にもそんな前向きな意志が確かに刻まれている。
09ALL BLACK
荘厳なキーボード・サウンドをイントロに陰鬱なロック・サウンドが展開される、「黒」をテーマにしたゴシック・ロック・チューン。歌詞の中ではローリング・ストーンズの「黒くぬれ!」にオマージュが捧げられている。
10BEAUTIFUL PLACE
ベンジー・マッデンがメキシコ滞在中に感じたポジティヴな心境を綴ったメロディアスなポップ・チューン。スライド・ギターのリラックスした音色とすべてを肯定するかのようなジョエル・マッデンの穏やかな歌声の絡みが美しい。
11SOMETHING ELSE
上流階級出身のお嬢様と付き合う男が抱く劣等感と「本当に大切なのはお金じゃなくて愛なんだぜ!」というロマンティックなメッセージを綴った甘酸っぱいラブ・ソング。ジョエル・マッデンの伸びやかなファルセット・ヴォイスが美しい。
12BROKEN HEARTS PARADE
新たな第一歩を踏み出すために必要なのは、自分自身の心の闇と向き合うこと。多くの悩みを抱えるであろう10代のリスナーに向けて放たれた力強いメッセージ・ソングだ。チープな音色のホーン・セクションが何ともいえずチャーミング。
13MARCH ON
夜をくぐり抜けたなら朝日に出会えるはず。だから諦めずに進み続けるんだ……。ジョエル・マッデンが優しく歌いかける。アルバム『グッド・モーニング・リバイバル』のポジティヴなヴァイブを集約した感動的なポップ・チューンだ。
14KEEP YOUR HANDS OFF MY GIRL
『グッド・モーニング・リバイバル』の中核を成すシングル・ナンバーをブロークン・スピンドルスがリミックス。オリジナルのクラブ・ミュージック的な側面を拡大解釈したエレクトリック・クラッシュ・チューンに仕上がっている。
15FACE THE STRANGE
キャッチーなメロディ・ラインに疾走感あふれるビート、そしてささくれだった音色のハードなエレクトリック・ギター。そんなグッド・シャーロットの十八番ともいえるサウンドが存分に展開されるポップ・パンク・チューン。
(14)(15)ボーナストラック
タイアップ
  • 「The River」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • グッド・シャーロット
    米・メリーランド州ウォルドーフ出身のパンク・ロック・バンド。1996年にベンジー(g,vo)とジョエル(vo)の双子のマッデン兄弟を中心に結成し、メンバーはビリー・マーティン(g)、ポール・トーマス(b)、ディーン・バターワース(ds)を加……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015