シアラ / グッディーズ [限定]

はてなブックマークに追加
シアラ / グッディーズ [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GOODIES
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(海外)
  • レーベル:
    LaFace
  • 規格品番:
    BVCQ-24009
  • 価格:
    2,304 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    シアラ / グッディーズ [限定]をAmazon.co.jpで購入するシアラ / グッディーズ [限定]を@TOWER.JPで購入するシアラ / グッディーズ [限定]をHMV.co.jpで購入するシアラ / グッディーズ [限定]を楽天ブックスで購入するシアラ / グッディーズ [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
リル・ジョン制作のタイトル曲が『ビルボード』で1位を記録した、18歳になる新人シンガーのデビュー作。魅力的なウィスパー・ヴォイスの持ち主で、アップからバラードまで見事に歌いこなしている。R.ケリーやミッシー・エリオットらがバックアップ。
ガイドコメント
ジャジー・フェイ主宰のSho'Nuffからのデビュー・アルバム。チャート上昇中のデビュー・シングル「Goodies」ほか、18歳とは思えない艶のあるヴォーカルを聴かせてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2004/9/27)  ⇒  17位 (10/4)  ⇒  12位 (10/11)  ⇒  19位 (10/18)  ⇒  18位 (10/25)  ⇒  20位 (11/1)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    15位 (2004/9/27)  ⇒  14位 (10/4)  ⇒  13位 (10/11)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2004/9/27)  ⇒  7位 (10/11)  ⇒  6位 (10/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2004/10/25)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2004/10/18)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    11位 (2004/9/27)  ⇒  11位 (10/4)  ⇒  6位 (10/11)  ⇒  7位 (10/18)  ⇒  9位 (10/25)  ⇒  9位 (11/1)
収録曲
01GOODIES
ピティ・パブロに代わりT.I.とジャジー・フェイが客演した、デビュー曲のリミックス。イントロで登場するMC陣のラップは、プロデューサーのリル・ジョンの提唱する“Crunk&B”をストレートに体現した騒がしさだ。シアラの大人びたヴォーカルは健在。
021, 2 STEP
ミッシー・エリオットが客演した2ndシングル。ジャジー・フェイの緩いクランク・トラックとシアラのスムースなヴォーカルに鋭く切り込むミッシーのラップが、サウンドをキリっと引き締めている。ゲームSE風効果音も楽曲の刺激を失わせないことに一役買っている。
03THUG STYLE
ジャジー・フェイのプロデュースによるミディアム・スロー・ナンバー。派手さはないが、“ランラ〜ララ〜ラララララ〜ラ、ララ”と大人びたセクシーなヴォーカルを披露している。“チクタク”“ノック・ノック”といったライムも心地よく届く。
04HOTLINE
好みの男に“いますぐ電話してきて”とモーションをかけるというダンサブルなR&B。浮遊感のあるサウンドと前がかり的なビートが、恋へと急かす心持ちを絶妙に表現している。リュダクリス作品でも知られる、シャンドレー・クロフォードによるプロデュース。
05OH
Andre HarrisとVidal Davisのプロデュースによる、リュダクリスをフィーチャーした3rdシングル。緩く太いボトム・ラインのループにハイハットが刻まれるスロー・サウンドと対照的な、“クラブで弾けよう”という詞とのマッチングがユニーク。
06PICK UP THE PHONE
ジャジー・フェイのプロデュースによるダンス・ポップ・チューン。繰り返される“ピッカッザフォーン”のコーラスがキャッチー。“電話に出てよ”としつこく懇願する内容だが、サウンドはラテン風パーカッションなどを駆使して爽やかな仕上がりだ。
07LOOKIN' AT YOU
ファンキーなギター・リフのループとファットなビートで迫る、アッパーなダンス・チューン。ジャジー・フェイの嗜好がこれでもかと発揮されたプロデュースが出色。情熱的なヴォーカルで“アナタのベイビーになってあげる”という詞もホット。
08OOH BABY
ビヨンセ作品などで知られるライター、Sean Garrettが参加したダンサブル・ポップ。“これって愛に違いないわ”と歌うキャンディ・ポップなシアラのヴォーカルが魅惑的。プロデュースはフレッシュ・テクノロジーによるもの。
09NEXT TO YOU
R.ケリーがライティング、プロデュースしたミディアム・ポップ。R.ケリーのヴォーカル・パートはわずかだが、一聴してそれとわかるキュートなメロディやアレンジで存在感を示している。それに負けないシアラの落ち着いたヴォーカルも魅力だ。
10AND I
デビュー以来シングル3曲をチャートのトップ3に送り込んだシアラの、ADONISプロデュースによる4thシングル。美しいメロディが映えるR&Bで、“一生、彼と一緒にいたい”と歌う情感豊かなシアラのヴォーカルに惹きこまれるスロー・バラードだ。
11OTHER CHICKS
TITLE TRACK PRODUCTIONSのFRENCHによるプロデュース作。メロウで落ち着いたメロディ・ラインが沁み込むスロー・バラードで、“他の女のことなんて忘れて”としっとりとした芳香を醸し出して歌うシアラには幻惑されそうだ。
12THE TITLE
“あなたの彼女だという肩書きが欲しい”と歌うミディアムR&B。L.T.D.「LOVE BALLAD」をサンプリングしたソウル・クラシックのムードがいいアクセントとなっている。クリスティーナ・ミリアン作品などで知られるJASPERのプロデュース。
13GOODIES
ピティ・パブロに代わりT.I.とジャジー・フェイが客演した、デビュー曲のリミックス。イントロで登場するMC陣のラップは、プロデューサーのリル・ジョンの提唱する“Crunk&B”をストレートに体現した騒がしさだ。シアラの大人びたヴォーカルは健在。
14CRAZY
(14)ボーナストラック
アーティスト
  • シアラ
    米国テキサス州オースチン出身の女性シンガー。幼少期よりシンガーになることを志し、プロデューサーであるジャジー・フェイに出会ったことで音楽活動を本格的にスタートさせた。2004年にシングル「グッディーズ」をリリース。絶好のチャート・アクション……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015