カニエ・ウェスト / グラデュエーション [紙ジャケット仕様] [限定]

はてなブックマークに追加
カニエ・ウェスト / グラデュエーション [紙ジャケット仕様] [限定]
CD
ガイドコメント
前作『レイト・レジストレーション』以来、約2年ぶりとなる3rdアルバム。コールドプレイのクリス・マーティンをフィーチャーしたタイトル・チューンやコモンへの提供が予定されていた「ザ・グローリー」などを収録している。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2007/9/3)  ⇒  3位 (9/10)  ⇒  4位 (9/17)  ⇒  16位 (9/24)  ⇒  24位 (10/1)  ⇒  33位 (10/8)  ⇒  34位 (10/15)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2007/9/3)  ⇒  4位 (9/10)  ⇒  10位 (9/17)  ⇒  16位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    8位 (2007/9/3)  ⇒  4位 (9/10)  ⇒  5位 (9/17)  ⇒  8位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    8位 (2007/9/3)  ⇒  4位 (9/10)  ⇒  3位 (9/17)  ⇒  7位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    7位 (2007/9/3)  ⇒  6位 (9/10)  ⇒  9位 (9/17)  ⇒  10位 (9/24)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    8位 (2007/9/3)  ⇒  4位 (9/10)  ⇒  7位 (9/17)
収録曲
01GOOD MORNING
“大学中退”をタイトルに冠したアルバムでソロ・キャリアをスタートさせたカニエが、ついに卒業の朝を迎えるという3rdアルバムの冒頭曲。エルトン・ジョン「僕を救ったプリマドンナ(Someone Saved My Life Tonight)」を速回ししたトラックは爽やかで厳か。
02CHAMPION
スティーリー・ダン「滅びゆく英雄(Kid Charlemagne)」の印象的なサビのフレーズだけをループさせ、シンプルに仕上げたヒップホップらしいトラックが軽快なグルーヴを紡ぎ出す、キャッチーなアップ。歌パートが多めでラップ好き以外にも聴きやすい。
03STRONGER
ロボット・ヴォイスが印象的なダフト・パンク「仕事は終わらない(Harder, Better, Faster, Stronger)」をサンプルする大胆な手法によりテクノ風サウンドを取り込んで全米を制したアップ・ナンバー。カニエは斬新なサウンドを乗りこなしてアグレッシヴに攻めまくる。
04I WONDER
シンプルなピアノの伴奏に素朴なヴォーカルが映える泣きの美曲=ラビ・シフレ「My Love」をサンプリング。古き良きヒップホップ・ビートにヴィヴィッドなシンセと荘厳な弦を加え、ネタの持ち味を最大限に引き出すという直球勝負が綺麗に決まっている。
05GOOD LIFE
T-PAIN、ニーヨにジョン・レジェンドと豪華なメンツによるヴォーカルをフィーチャーしたアップ。マイケル・ジャクソン「P.Y.T.(Pretty Young Thing)」の終盤のサビをスクリュー・ミックス風にスロー・テンポで再生したループが、抜群にカッコイイ仕上がり。
06CAN'T TELL ME NOTHING
ヤング・ジージーをフィーチャーした気怠い空気が漂うダーティ・サウス風の曲。T.I.のキャリアを支えてきたプロデューサーのDJ・トゥーンプを起用したナンバーだけあって、カニエにしてはやけにT.I.っぽいスタイルが特徴だ。
07BARRY BONDS
タイトルが示すように、次々に大きなヒットを飛ばす自分をホームラン王のバリー・ボンズになぞらえたナンバー。すっきりとしたカニエのラップに加えて、後半はリル・ウェインがネチネチとしたフロウを聴かせてくれるという、一曲で二度美味しい作り。
08DRUNK AND HOT GIRLS
音程感があるように作られたであろうフロウを故意に外すなどして、ヘロヘロに酔っぱらった状態を演出する技ありチューン。サウンド面でも同様に不安定なピッチを効果的に使用している。フィーチャー・ラッパーはモス・デフ。
09FLASHING LIGHTS
ラリー・ゴールドによる美しいストリングス・セクションにシンセ・サウンドやハンドクラップ入りの4つ打ちビートを組み合わせるという大胆なアレンジが、時代感の薄い不思議な世界を創り上げている。サビを歌うのはドゥウェレ。
10EVERYTHING I AM
カニエが得意とするゴスペル的な荘厳さをたたえたサウンドをバックに、自分らしさを説いて三流ラッパーを斬り捨てる。ネタ使いに選んだのがプリンス・フィリップ・ミッチェルのオールド・ソウルというのがまた渋い。DJ・プレミアがスクラッチで参加。
11THE GLORY
ソウルとも接点のあったシンガー・ソングライター=ローラ・ニーロ「セイヴ・ザ・カントリー(国を救え)」を速回しし、ジョン・レジェンドらによる合唱形式のコーラスを従えた、いかにもカニエ・スタイルのアップ。高揚感あふれるゴスペル・テイストが何とも心地よい。
12HOMECOMING
既聴感の強い70年代風のピアノのフレーズをループさせたシンプル極まりないビートをバックに、カニエのホームタウンであるシカゴへの愛を綴った地元賛歌。コールドプレイのクリス・マーティンのヴォーカルをフィーチャー。
13BIG BROTHER
ドラマティックなサウンドをバックに従え、ノー・IDなどカニエのキャリアをサポートしてきた恩人、とりわけジェイ・Zに対しての想いを吐露したナンバー。いちファンとしての描写からは、ある意味スターらしからぬところが感じられて興味深い。
14GOOD NIGHT
日本盤ボーナス・トラックではあるものの、アルバム『グラデュエーション』冒頭の「グッド・モーニング」と対をなすタイトルを持つという点で興味深い曲。ユー・ロイとスーパー・キャットをネタ使いし、濃厚なレゲエ・フレイヴァが楽しめる。
15BETTERSWEET POETRY
チェアメン・オブ・ザ・ボードの70'sソウルをネタ使いしたキュートなサウンドのナンバー。2ndアルバムの際にリークされ、ジョン・メイヤーとのコラボレーション曲ということもあって大いに話題になったものが、日本盤ボーナス・トラックとして正式に登場!
(14)(15)ボーナストラック
仕様
特殊紙パッケージ仕様エンハンストCD
封入特典
  • 解説/一部歌詞・対訳
アーティスト
  • カニエ・ウェスト
    1977年6月8日生まれ、米・イリノイ州シカゴ出身のヒップホップMC/プロデューサー。出生名はカニエ・オマリ・ウェスト。シカゴの美大を1年で退学後、トラックメイキングに専念。2000年にジェイ・Z楽曲のプロデュースで脚光を浴び、2004年に……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015