THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / GRATEFUL TRIAD YEARS 1995-1997 [限定]

はてなブックマークに追加
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT / GRATEFUL TRIAD YEARS 1995-1997 [限定]
CD
ガイドコメント
クールなスタイルと暴力性をも感じさせるサウンドで唯一無二の評価を得るミッシェル・ガン・エレファント。6年間にわたったTRIADレーベルでの活動を集成したセレクト・ベストが2枚同時リリース。
収録曲
01マシュマロ・モンスター
インディーズ時代の楽曲。ルーズなリズムをジャキジャキと刻むギター・カッティングとチバのドスの利いた歌声が、静かな狂気を描き出している。荒削りながらもすでにロック・バンドとしての貫禄が備わっていることを証明した秀作だ。
02strawberry garden
“shanla la la〜”というフレーズから始まるミディアム・ナンバー。8ビートのシンプルな曲調を基本とし、間奏ではベース、ギターそれぞれの見せ所があるのが印象的。熱さのなかにも穏やかさが見られるチバの歌唱が心地よい。
03世界の終わり (Primitive version)
イントロのギター・リフが高揚感を与える、言わずと知れた彼らの代表曲。タイトルとは対照的に迷いのないまっすぐなサウンドだが、同時に否応なく終焉に近づくさまも感じさせる。君が終わりを待ち焦がれているという詞が厭世的で心に残る。
04I was walkin' & sleepin'
60年代、70年代モッズ・サウンド直系のやさぐれロックンロール。タイトなビートとギターが生み出すスカスカなサウンドの中に、青さが全開の感情が目一杯に込められ、爆発を起こしている。青春に捧げるロック・ナンバー。
05キャンディ・ハウス
“Go Back, Candy House”という掛け声とアグレッシヴなサウンドが魅力のナンバー。体の芯に響くどっしりとしながらも軽快にうなるベースが、間奏ではエモーショナルなギターを引き立てている。時折奏でられるハーモニカが効果的。
06オートマチック (トランジスタ・バージョン)
07リリィ
シリアスで重たいサウンドのAメロとは打って変わって、強さのなかにさわやかさが感じられるサビが耳になじむ。“あふれかえる パスタの山”という表現や、フレーズの最後を抑揚をつけるように伸ばす歌い方に、チバ独特のユニークな一面が見える。
08シャンデリヤ
エッジの効いたギター・リフと奔放に鳴らされるブルース・ハープのイントロで始まるパブ・ロック。枯れた声で“それでも明日はシャンデリヤが降る”と繰り返し歌う大サビが耳に残る。シンプルだがエモーショナルな一曲だ。
09スロー
荒野を1人でブラブラ歩いていくような、雄大さと奔放さを感じさせる1曲。乾いたファズ・ギターのサウンドから見え隠れする寂しさや孤独に胸を痛めつつも、どこかしら孤高の存在である彼らに憧れを抱かずにはいられないと思わせるナンバーだ。
10カルチャー
重みのあるベースにギターのカッティングが映えるパブ・ロック・ナンバー。荒っぽさのなかに怪しさが見え隠れするチバの歌唱が魅力的。さりげなく“カルチャー”と“枯れちゃう”をかけている歌詞がおもしろい。
11カーテン
シューゲイザー系を思わせるフィードバック・ノイズ・サウンドを主体としたメランコリックなナンバー。寂寥感と甘さが同居した、彼らの中でもとりわけ「泣き」のメロディだが、チバのドスの利いたヴォーカルで、女々しくなっていないのも良いバランスだ。
12ゲット・アップ・ルーシー
“沈み込む 沈み込む”“終わりだね 終わりだね”など、虚無感に満ちた歌詞を力強く歌うミッド。8ビートのシンプルなリズムにのせた、歯切れのよいギター・リフとバックでうなるベースが耳に残る。間奏のギターの怪しげなメロディにも注目。
13バードメン
“FLY!FLY!BIRDMEN!”というフレーズが印象的なガレージ・ロック。重厚なサウンドが胸に秘めた強い意志を表わしているようで、“トぶ”ために必死でもがく歌詞とマッチしている。彼らの代表曲の一つ。
14ブロンズ・マスター
ギターのリフにモンキーズ風のフレーズも見え隠れするが、全体的にはゴツゴツとしたガレージ・サウンドが炸裂する、急転直下のロックンロール。シンプルなメロディの繰り返しという構成だが、その反復がどんどん高揚感を煽っていくのも面白い。
15サニー・サイド・リバー
初期のひとつの到達点ともいうべき1曲。ライヴ・バンドとして培ってきた鉄壁のサウンドと洗練されたメロディが、最も美しい形で結実したナンバーだ。鋭いギターとチバのヴォーカルが、鮮やかに世界を映し出している。
アーティスト
  • ミッシェル・ガン・エレファント
    1991年に結成。チバユウスケ(vo)、アベフトシ(g)、ウエノコウジ(b)、クハラカズユキ(ds)の4人組ロック・バンド。96年、シングル「世界の終わり」とアルバム『カルト・グラス・スターズ』でメジャー・デビュー。ドクター・フィールグッド……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015