アース・ウインド&ファイアー / 灼熱の狂宴 [再発]

はてなブックマークに追加
アース・ウインド&ファイアー / 灼熱の狂宴 [再発]
CD
再発
「エレクトリック・ユニヴァース」以後1年半以上経つが、フィリップ・ベイリーのソロ・アルバムが大ヒットしたり、ホーン・セクションのゲスト・プレイの話題などで、グループとしての活動が停止しているようである。デビューした70年には、シカゴ、BSTそしてチェイスという大編成のブラス・ロックが盛んだったが、黒人ならではのファンクっぽさが認められるのはCBS移籍2作目の「ブラック革命」からで、それ以降人気を高め、「暗黒への挑戦」で全米1位となったのであった。「灼熱の狂宴」は75年の全米ツアーを収録したライヴで、LPは2枚組だからステージの凄さを知れる徳用盤だ。「太陽神」は77年に発表され、ジャケットと共にアフリカへの回帰とメッセージ性が話題になり、その後の「黙示録」では、“ブギ・ワンダーランド”などシングルヒット連発の頃の傑作。
バンドとしても脂の乗り切っていた時期のライヴ盤。76年発表作品低価格再発盤。ベスト的内容のライヴ盤で、コシのあるファンクネスがたっぷり堪能できる。ライヴ・メドレーがボーナス収録。
トラックリスト
01INTRODUCTION BY MC PERRY JONES
02MEDLEY;AFRICANO|POWER
03YEARNIN' LEARNIN'
04DEVOTION
05SUN GODDESS
06REASONS
07SING A MESSAGE TO YOU
08SHINING STAR
09NEW WORLD SYMPHONY
10INTERLUDE 1
11SUNSHINE
12SING A SONG
13GRATITUDE
14CELEBRATE
15INTERLUDE 2
16CAN'T HIDE LOVE
17LIVE BONUS MEDLEY;SERPENTINE FIRE|SATURDAY NIGHT|CAN'T HIDE LOVE|REASONS
録音
78.2
  • アース・ウインド&ファイアー
    米のファンク・グループ。1969年、モーリス・ホワイトを中心にシカゴで前身のソルティ・ペッパーズを結成。その後、アース・ウインド&ファイアー(EW&F)に改め、70年にデビュー。72年にモーリスの弟ヴァーディンやフィリップ・ベイリーらを加え……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015