BECK / グエロ

はてなブックマークに追加
BECK / グエロ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GUERO
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    インタースコープ
  • 規格品番:
    UICF-1035
  • 価格:
    2,669 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BECK / グエロをAmazon.co.jpで購入するBECK / グエロを@TOWER.JPで購入するBECK / グエロをHMV.co.jpで購入するBECK / グエロを楽天ブックスで購入するBECK / グエロをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
デビューから10周年を迎えたBECKが放つ、彼の集大成的なアルバム。随所に過去のBECKらしいサウンドを発見することができる。それでいてパワーが満ちあふれている。色あせたところがまるでなく、むしろ今を感じさせてしまうのがさすが。ファン必聴。
ガイドコメント
『SEA CHANGE』から約2年ぶりのアルバム。アコースティック路線だった前作とうって変わって、本作はBECK流ファンク・アルバムとなった。よりポップでリズミカルな楽曲が詰まった王道サウンドが堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2005/3/14)  ⇒  5位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  3位 (4/4)  ⇒  4位 (4/11)  ⇒  6位 (4/18)  ⇒  12位 (4/25)  ⇒  10位 (5/2)  ⇒  35位 (5/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2005/3/14)  ⇒  4位 (3/21)  ⇒  1位 (3/28)  ⇒  3位 (4/4)  ⇒  4位 (4/11)  ⇒  6位 (4/18)  ⇒  10位 (4/25)  ⇒  8位 (5/2)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2005/3/14)  ⇒  5位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  4位 (4/4)  ⇒  9位 (4/18)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2005/3/14)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  3位 (4/4)  ⇒  7位 (4/18)  ⇒  8位 (4/25)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2005/3/14)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  2位 (4/4)  ⇒  3位 (4/11)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2005/3/14)  ⇒  5位 (3/21)  ⇒  2位 (3/28)  ⇒  3位 (4/4)  ⇒  8位 (4/11)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2005/3/14)  ⇒  2位 (3/21)  ⇒  1位 (3/28)  ⇒  1位 (4/4)  ⇒  2位 (4/11)  ⇒  2位 (4/18)  ⇒  5位 (4/25)  ⇒  7位 (5/2)
収録曲
01E-PRO
冒頭から重厚なギター・リフとローファイなドラムが響きわたる、ヒップホップの要素を採り入れたファンキーなロック・チューン。感情を抑えたベックの低い歌声と「ナナナ」と歌うコーラスが効果的に反復する。
02キュー・オンダ・グエロ- QUノ ONDA GUERO -
「グエロ」とはスペイン語のスラングで「白人の男の子」という意味で、ベックが幼少期に住んでいたスパニッシュ街の風景を描いたヒップホップ・チューンだ。スペイン語の叫び声のサンプリングなど、奇抜なアレンジが光る。
03GIRL
ゲーム・サウンド的なサンプリングが個性を放つイントロ、明朗で軽快なアコースティック・ギターの旋律が印象的。歪んだ恋愛観を茶目っ気たっぷりに歌う、ベックの陽気なヴォーカルが駆け抜けるポップ・チューン。
04MISSING
ボサ・ノヴァ・タッチの流麗なギター・カッティングが柔らかい打ち込みビートに重なり、荘厳なストリングスが効果的に施されたベック流ボサ・ノヴァ・ナンバー。ベックの艶やかな歌声が強い存在感を放っている。
05BLACK TAMBOURINE
疾走する野太いベース・ラインをサウンドの軸にした、アーシーなテイストが漂うナンバー。タンバリンのジングルが刻む軽快なビートに、抑揚の少ないベックのクールなヴォーカルと女性コーラスがシンクロしていく。
06EARTHQUAKE WEATHER
冒頭ではハンド・クラップをアクセントにしたゆるいビートに、不穏なムードが漂うギターの旋律と妖しいヴォーカルが絡む。しかしサビで一転、80's調のキャッチーで美麗なメロディが広がる壮大な展開を持つナンバーだ。
07HELL YES
アグレッシヴなドラム・ブレイク、グルーヴィなベース・ライン、扇情的なシンセ音やスクラッチが入り乱れる変化に富んだトラック、軽快なラップ、女性のヴォイス・サンプル……。多彩な要素が見事に絡み合ったダンス・チューンだ。
08BROKEN DRUM
ダウン・テンポなビートに豪快なチェレスタ音、甘美なピアノとギターのバッキングが重なり、メロウなベックの歌声と美麗な女声コーラスが溶け合っていくバラード。効果的なリヴァーブ処理による残響感が実に美しい。
09SCARECROW
R&Bの要素を採り入れたベックのソウルフルなヴォーカルとしなやかなギター・カッティングで紡ぎだす、荒涼とした心象風景を描いたナンバー。鳥の鳴き声のようなサンプリングなど、フックが効いたアレンジも光る。
10GO IT ALONE
ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが弾くリズミカルなベース・ラインを軸にした、ルーツ色の濃いブルージィな楽曲。クールで淡々としたベックの歌声と、ソウルフルな女性コーラスとのハーモニーが見事だ。
11FAREWELL RIDE
ハンド・クラップがゆるくビートを打ち、重苦しいムードのスライド・ギターの旋律と大胆なブルース・ハープ音が響きわたるトラック。そこに祈りを捧げるようなベックの荘厳な歌声が重ねられた、スピリチュアルなナンバーだ。
12RENTAL CAR
軽快なハンド・クラップに、唸るディストーション・ギターとカラフルなオルガンの旋律が入り乱れる、遊び心にあふれた躍動的なロック・チューン。元ザット・ドッグ、ペトラ・ヘイデンのキュートなヴォーカルが魅力的だ。
13EMERGENCY EXIT
柔らかなタッチのスライド・ギター、ゆるくビートを刻むハンド・クラップと鈴の音色、涼しげなベックの歌声と女声コーラスで紡ぎだす、アメリカン・ルーツ・ロックの要素を盛り込んだ、カントリー風味のロック・チューン。
14SEND A MESSAGE TO HER
日本盤のみに収録されたボーナス・トラック。60年代のロック・テイストに彩られた、力強いビートとサイケデリックなベースやメロディアスな歌声が出色で、サビの掛け合うようなコーラス・ワークに胸が躍る。
15CHAIN REACTION
日本盤のみに収録されたボーナス・トラック。重厚なノイズ・ギターと金属的な電子ノイズが生む不協和音が分厚いビートに絡みつき、たたみかけるような攻撃的なラップが炸裂するファンキーなミクスチャー・チューン。
16CLAP HANDS
ガムラン調の打楽器がはずんだビートを刻み、その上をハンド・クラップや重厚なスクラッチ音が飛び交う。そこにエキゾティックなムードのヴォーカルを重ねたエスニックな作品だ。日本盤のみ収録のボーナス・トラック。
(14)(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ベック
    1970年7月8日生まれ、米・ロサンゼルス出身のシンガー・ソングライター。本名はベック・デヴィッド・キャンベル。高校中退後、ニューヨークで音楽活動を開始。93年の12インチ・シングル「ルーザー」が脚光を浴び、94年に『メロウ・ゴールド』でメ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015