浜崎あゆみ / GUILTY

はてなブックマークに追加
浜崎あゆみ / GUILTY
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    GUILTY
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    avex trax
  • 規格品番:
    AVCD-23504
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    浜崎あゆみ / GUILTYをAmazon.co.jpで購入する浜崎あゆみ / GUILTYをHMV.co.jpで購入する浜崎あゆみ / GUILTYを楽天ブックスで購入する浜崎あゆみ / GUILTYを@TOWER.JPで購入する
    浜崎あゆみ / GUILTYを山野楽器で購入する浜崎あゆみ / GUILTYをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
日本のポップ・フィールドを代表する女性シンガーによる9枚目のアルバム。タイトルも意味深げでさまざまに思いを巡らせるが、力強い歌声と重厚なサウンドがその印象をさらに強める。ダークな空気感を昇華させた作風が自身の存在感をさらに際立たせている。
デビュー10周年を迎える2008年の元旦に発表となる、通算9枚目のアルバム。「glitter」「fated」「talkin' 2 myself」などのヒット曲を中心に、時にタイトに、時に伸びやかな歌声を届けてくれる。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/12/31)  ⇒  6位 (2008/1/7)  ⇒  28位 (1/14)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2007/12/31)  ⇒  5位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    4位 (2007/12/31)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2007/12/31)  ⇒  5位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2007/12/31)  ⇒  4位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2007/12/31)  ⇒  5位 (2008/1/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/12/31)  ⇒  5位 (2008/1/7)  ⇒  15位 (1/14)
トラックリスト
01Mirror
リズミカルなドラムと鉄琴の音が怪しげに響くクール・ロック。掴みきれない自身の心に戸惑い、いら立ち迷う様子が、焦燥感をかき立てるメロディと激しい歌声に込められている。ノスタルジックなダークネスに彩られた2分間の歌物語。
02 (don't)Leave me alone
重低音を響かせるトランス風のサウンドと鋭く煌く電子音が危ういクール・ロック・チューン。プログラミングを駆使した攻撃的な音と儚さと強さを秘めた歌声が、耳に突き刺さる。彼女が自身を追い詰めていく辛い詞が印象的だ。
03talkin' 2 myself
04decision
05GUILTY
彼女が“自分に対して付けたタイトル”と語るロック・ナンバー。教会の鐘のような音に始まり、ループするピアノ音、霊妙なバスの音が切なく響いてくる。曲がまとうメランコリーには“生きていかなきゃ”という彼女の思いがこもっている。
06fated
07Together When...
静かなピアノの演奏がしっとりと美しい、叙情的なバラード。恋人たちが互いに傷つくことを恐れ、相手の存在を少しずつ遠ざけていく様子を描いている。ストリングスの流麗な音色と甘く透明感のある歌声が、心地よく溶け合っている。
08Marionette-prelude-
低いオルゴールの音色が響くインストゥルメンタル。ねじを巻くギリギリという音や、振り子時計が時を告げる音が随所に差し込まれ、幻想的な不気味さを作り出している。古い城に迷い込んだような、不思議な恐怖感が漂うナンバー。
09Marionette
しなやかなストリングスの音と攻撃的なギターの音で、ジワジワと聴き手を締め付けるミディアム・ロック。“仮面を剥ぎ取るんだ”という激しい詞に、彼女の固い決意が見える。背後に流れる甘いオルゴールの音が美しくも恐ろしい。
10The Judgement Day
元電気グルーヴのメンバー、CMJK作曲のテクノ風ナンバー。浜崎の甘く朗らかなスキャットと徐々にスピード感を増していくテクノ・サウンドが気持ちいい。暗闇から明るい一筋の光りを見つけ、進んでいく様子を表わしているそう。
11glitter
12MY ALL
明るく温かい雰囲気のこのポップ・ソングは、彼女がリスナーやファンに向けて書いたもの。90年代のB'zを思わせるようなギター・リフも、どこか懐かしく胸に響いてくる。自分のことよりも相手の幸せを願う詞に、心が温まる。
13reBiRTH
ヴァイオリンの美麗な音色とプログラミングによって生まれる柔らかな音の流れが、神秘的なインストゥルメンタル。浮遊感に満ちた演奏が、心地良い音の風景を作っている。希望や勇気を音に変えたメロディに、明るく綺麗なムードが漂う。
14untitled〜for her〜
荘厳なストリングスの音で幕を開ける、雄大な音世界を抱くミディアム・バラード。“些細な事で別れを選んだあの日、願いが叶うなら君に会いたい”と綴る詞が、悲しくも不思議と温かい。彼女の心がこもった詞が胸に染み入るよう。
タイアップ
  • 「(don't) Leave Me Alone」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「(don't) Leave Me Alone」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「decision」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「fated」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「fated」 - 松竹「怪談」主題歌
  • 「glitter」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「glitter」 - ゼスプリ「ゴールドキウイ」TV-CMソング
  • 「guilty」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「talkin' 2 myself」 - パナソニック「LUMIX FX33」TV-CMソング
  • 「talkin’2 myself」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 「Together When...」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Together When…」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Together When…」 - avex trax「ミュゥモ」TV-CMソング
  • 浜崎あゆみ
    1978年10月2日生まれ、福岡県出身のシンガー・ソングライター。愛称は“あゆ”。98年にシングル「Poker face」で歌手デビュー。共感を呼ぶ歌詞に加え、ファッションリーダーとしても注目され、若者のカリスマ的存在となる。その後、日本レ……
  • 浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]
    AVCD-23503〜B   3,800円+税   2008/01/01 発売
    浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]をamazon.co.jpで購入する浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]をHMV.co.jpで購入する浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]を楽天ブックスで購入する浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]を山野楽器で購入する浜崎あゆみ / GUILTY [CD+DVD]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    デビュー10周年を迎える2008年の元旦に発表となる、通算9枚目のアルバム。「glitter」「fated」「talkin' 2 myself」などのヒット曲を中心に、時にタイトに、時に伸びやかな歌声……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015