ハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナ

はてなブックマークに追加
ハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナ
CD
  • 原題:
    HAYDN: SYMPHONIES NOS. 94 & 101
  • ジャンル:
    クラシック 〜 交響曲
  • レーベル:
    avex-CLASSICS
  • 規格品番:
    AVCL-25606
  • 価格:
    476 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナをAmazon.co.jpで購入するハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナをHMV.co.jpで購入するハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナを楽天ブックスで購入するハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナを@TOWER.JPで購入する
    ハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナを山野楽器で購入するハイドン:交響曲第94番「驚愕」・第101番「時計」 ワーズワース / カペラ・イストロポリターナをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
“交響曲の父”と言われるハイドンの最も有名な作品2曲をカップリング。居眠りする聴衆の目を覚ますために突然のフォルティッシモで驚かす「驚愕」と、時計の振り子のリズムを思わせる「時計」が楽しめる。
トラックリスト
●ハイドン:
01交響曲第94番ト長調「驚愕」
02交響曲第101番ニ長調「時計」
演奏
バリー・ワーズワース指揮 カペラ・イストロポリターナ
録音
88.9
  • バリー・ワーズワース
    1949年、イギリス生まれの指揮者、ハープシコード奏者。英国王立音楽大学卒。指揮法をエードリアン・ボールトに、ハープシコードをアムステルダムでグスタフ・レオンハルトに師事する。一級のハープシコード奏者として認められ、演奏活動を開始する。19……
  • フランツ・ヨーゼフ・ハイドン
    1732年生まれ。1809年没。オーストリア出身。ウィーン古典派音楽を確立した最重要作曲家。ナポリ楽派のポルポラに師事。エステルハージ侯爵家で25年間楽長の地位にあった。作品はあらゆるジャンルにわたり大量にあるが、特に交響曲と弦楽四重奏曲が……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015