エルヴィス・プレスリー / 至上の愛 [再発]

はてなブックマークに追加
エルヴィス・プレスリー / 至上の愛 [再発]
CD
再発
ミニ・レビュー
辣腕マネージャー、パーカー大佐の反対をも押し切って音源化したゴスペル・アルバムの3作目。72年発表というだけあって、南部的だった前2作に比べ、いかにもニュー・クリスチャン・ミュージック的な編曲が聴かれるが、本人の歌声は虚心。ゴスペルを歌うエルヴィス・プレスリーは“深い”。
ガイドコメント
1967年『偉大なるかな神』に続く、1972年リリースのエルヴィス・プレスリーのゴスペル・アルバム3作目。前作に続き再びグラミー賞を受賞。エルヴィスの偉大さを語る上で欠かすことのできない作品だ。
収録曲
01HE TOUCHED ME
02I'VE GOT CONFIDENCE
03AMAZING GRACE
04SEEING IS BELIEVING
05HE IS MY EVERYTHING
06BOSOM OF ABRAHAM
07AN EVENING PRAYER
08LEAD ME, GUIDE ME
09THERE IS NO GOD BUT GOD
10A THING CALLED LOVE
11I, JOHN
12REACH OUT TO JESUS
13ONLY BELIEVE
14PUT YOUR HAND IN THE HAND
15I GOT A FEELIN' IN MY BODY
16HELP ME
(13)(14)(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • エルヴィス・プレスリー
    1935年米国ミシシッピ生まれ。54年にサン・レコードからデビュー。RCA移籍後の56年に「ハートブレイク・ホテル」の大ヒットを放ち、センセーションを巻き起こす。その後も「ハウンド・ドッグ」「監獄ロック」などのヒットで、ロカビリー/ロックン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015