エルヴィス・プレスリー / 至上の愛 [再発]

はてなブックマークに追加
エルヴィス・プレスリー / 至上の愛 [再発]
CD
再発
ミニ・レビュー
辣腕マネージャー、パーカー大佐の反対をも押し切って音源化したゴスペル・アルバムの3作目。72年発表というだけあって、南部的だった前2作に比べ、いかにもニュー・クリスチャン・ミュージック的な編曲が聴かれるが、本人の歌声は虚心。ゴスペルを歌うエルヴィス・プレスリーは“深い”。
ガイドコメント
1967年『偉大なるかな神』に続く、1972年リリースのエルヴィス・プレスリーのゴスペル・アルバム3作目。前作に続き再びグラミー賞を受賞。エルヴィスの偉大さを語る上で欠かすことのできない作品だ。
収録曲
01HE TOUCHED ME
02I'VE GOT CONFIDENCE
03AMAZING GRACE
04SEEING IS BELIEVING
05HE IS MY EVERYTHING
06BOSOM OF ABRAHAM
07AN EVENING PRAYER
08LEAD ME, GUIDE ME
09THERE IS NO GOD BUT GOD
10A THING CALLED LOVE
11I, JOHN
12REACH OUT TO JESUS
13ONLY BELIEVE
14PUT YOUR HAND IN THE HAND
15I GOT A FEELIN' IN MY BODY
16HELP ME
(13)(14)(15)(16)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • エルヴィス・プレスリー
    1935年米国ミシシッピ生まれ。54年にサン・レコードからデビュー。RCA移籍後の56年に「ハートブレイク・ホテル」の大ヒットを放ち、センセーションを巻き起こす。その後も「ハウンド・ドッグ」「監獄ロック」などのヒットで、ロカビリー/ロックン……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015