アヴリル・ラヴィーン / ヘッド・アバーヴ・ウォーター [Blu-spec CD2]

はてなブックマークに追加
アヴリル・ラヴィーン / ヘッド・アバーヴ・ウォーター [Blu-spec CD2]
Blu-spec CD
ミニ・レビュー
通算5枚目となるセルフ・タイトル作をリリース以降、ライム病により一時は寝たきりの生活を送っていたというアヴリルが、まさに奇跡の復活を遂げた5年ぶりのアルバム。元夫チャド(ニッケルバック)らの全面的なサポートによる本作は、ポップで力強い彼女らしさ全開の内容だ。
ガイドコメント
前作『アヴリル・ラヴィーン』から約5年ぶりとなる、2019年2月15日リリースの6thアルバム。自身の闘病中の思いや祈りを綴った、パワフルでエモーショナルなアルバムタイトル曲や配信シングル「テル・ミー・イッツ・オーヴァー」などを収録。
チャート
収録曲
01HEAD ABOVE WATER
02BIRDIE
03I FELL IN LOVE WITH THE DEVIL
04TELL ME IT'S OVER
05DUMB BLONDE
06IT WAS IN ME
07SOUVENIR
08CRUSH
09GODDESS
10BIGGER WOW
11LOVE ME IN SANE
12WARRIOR
13HEAD ABOVE WATER
(13)ボーナストラック
仕様
Blu-spec CD 2
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • アヴリル・ラヴィーン
    1984年9月27日生まれ、カナダ・オンタリオ州ベルヴィルの出身のシンガー・ソングライター。出生名はアヴリル・ラモーナ・ラヴィーン。2002年に『レット・ゴー』でアルバム・デビュー。「コンプリケイテッド」「スケーター・ボーイ」などのヒットで……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015