クリス・ハート / Heart Song

はてなブックマークに追加
クリス・ハート / Heart Song
CD
ガイドコメント
日本テレビ系『のどじまんザ!ワールド』で優勝したソウル・シンガー、クリス・ハートのカヴァー・アルバム。木山裕策の「home」をはじめ、日本の歌のすばらしさを天性の美声で伝えてくれる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    24位 (2013/7/8)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    6位 (2013/7/8)  ⇒  9位 (8/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    9位 (2013/6/3)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    17位 (2013/6/3)  ⇒  10位 (7/8)
収録曲
01ありがとう
84年にサンフランシスコで生まれ、日本をこよなく愛する男性歌手、クリス・ハートの1stアルバム『Heart Song』の冒頭曲。ハートフルに歌い上げた、いきものがかりの名曲カヴァーで、流暢な日本語を発する麗しいヴォーカルに驚かされる。
02LOVE LOVE LOVE
サンフランシスコの大学に在学中からファンだったというDREAMS COME TRUEの95年リリースの名曲カヴァー。伸びやかなヴォーカルの美しさが際立つ、切なさは控えめのハートウォーミングな仕上がりとなっている。
03家族になろうよ
友達の結婚式ではいつも歌っているという、福山雅治のヒット曲のカヴァー。アメリカ人であるクリスが日本語詞の家族愛をテーマにした歌を歌っているのを聴くと、不思議な気分であると同時に温かな気持ちになる。R&Bテイストのシャウトが心地よい。
04home
デビューのきっかけとなった日本テレビ系『のどじまん ザ!ワールド』で披露した木山裕策のヒット曲のカヴァー。畳み掛けるようなセンチメンタルな旋律を情熱的に歌うヴォーカルは、ハートフルかつ爽やかで、感動的だ。
05たしかなこと
オフコースの楽曲も好きだというクリスがデビューのきっかけとなった日本テレビ系『のどじまん ザ!ワールド』でも披露した、小田和正の名曲のカヴァー。出だしの歌い方も本人のそれと似ている。優しく伸びやかな歌声が存分に生かされたナンバーだ。
06僕が一番欲しかったもの
槇原敬之が2003年にイギリスの男性グループ、ブルーに提供した楽曲「ギフト」のセルフ・カヴァーを、クリスがさらにカヴァー。本人によるバック・コーラスがグルーヴィで心地よいR&Bナンバーに仕上がっている。
07未来へ
本人が12歳のときに初めてテレビで観て以来好きだという、Kiroroのヒット曲をカヴァー。柔らかく伸びやかなヴォーカルとキャッチーでストレートなメロディの相性はバッチリ。どこまでも心地よく聴ける一曲に仕上がっている。
08旅立つ日
4人組ピアノ&コーラス・グループ、JULEPSの2007年のヒット曲のカヴァー。秋元康が作詞した切ない物語仕立ての歌詞とすべてを包み込むような伸びやかなヴォーカルが、絶妙にマッチしたバラード・ナンバーだ。
09奇跡を望むなら...
JUJUが2006年にリリースしたヒット曲のカヴァー。ドラマティックな展開のサウンドと壮大なテーマの詞世界を、包容力のある流麗かつピュアなヴォーカルで、みごとに歌い上げている。力が沸いてくる感動のバラードだ。
10瞳をとじて
2004年にリリースされた平井堅のヒット・シングルのカヴァー。ドラマティックなサビは流麗なヴォーカルとマッチしないはずはなく、シンプルなサウンドなのにゴージャスな仕上がりに。本人がヴォーカルの上に重ねたコーラスがさらに楽曲を盛り上げている。
11
本人がすべてのアルバムを持っているというスピッツの、中でも一番好きだという98年発表のヒット曲をカヴァー。原曲は爽快なロック・チューンだが、クリスの伸びやかなヴォーカルに合わせたR&Bテイストのアレンジになっている。
12涙そうそう
森山良子作詞、BEGIN作曲、夏川りみがカヴァーしたことでも知られる沖縄音楽を取り入れた楽曲のカヴァー。ハートウォーミングな歌詞を紡ぐピュアで真っ直ぐなヴォーカルに胸を打たれる。爽快感のあるバラード仕立ての楽曲だ。
13さくら (独唱)
2003年発表の森山直太朗のヒット曲のカヴァー。ピアノのみのシンプルな演奏をバックに伸び伸びと歌唱している。柔らかな表情がありありと浮かぶ、優しく凛とした歌声に惚れ惚れすること間違いなし。彼の歌声の魅力を存分に味わえる一曲だ。
アーティスト
  • クリス・ハート(歌手 / JPN)
    1984年8月25日生まれ、米・サンフランシスコ・ベイエリア出身の歌手。中学より日本に興味を持ち、J-POPから多大な影響を受けると、その後日本へ移住、J-POPカヴァーなどの投稿動画が注目され、2012年に出演したTV番組『のどじまん ザ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015