宇多田ヒカル / HEART STATION

はてなブックマークに追加
宇多田ヒカル / HEART STATION
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    HEART STATION
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-26600
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    宇多田ヒカル / HEART STATIONをAmazon.co.jpで購入する宇多田ヒカル / HEART STATIONをHMV.co.jpで購入する宇多田ヒカル / HEART STATIONを楽天ブックスで購入する宇多田ヒカル / HEART STATIONを@TOWER.JPで購入する
    宇多田ヒカル / HEART STATIONを山野楽器で購入する宇多田ヒカル / HEART STATIONをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
全曲自作なだけでなく編曲もしていて、生理的に薄口なデジタル系サウンドも基本自分で作っている5作目。まずは健気さや情熱と涼しげな情緒を併せ持つ楽曲があり、それを自然体で歌いたいという意思がある。歌詞が楽しい「ぼくはくま」は彼女版童謡といった感じの曲。
5枚目となるオリジナル・アルバム。「Flavor Of Life」「Beautiful World」「Kiss&Cry」などのヒット・シングルをはじめ、親しみやすいメロディと胸を突く鋭い詞作が冴えわたった一枚だ。
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  6位 (3/31)  ⇒  8位 (4/7)  ⇒  16位 (4/14)  ⇒  22位 (4/21)  ⇒  15位 (4/28)  ⇒  15位 (5/5)  ⇒  15位 (5/12)  ⇒  20位 (5/19)  ⇒  23位 (5/26)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  5位 (3/31)  ⇒  7位 (4/7)  ⇒  10位 (4/14)  ⇒  13位 (4/21)  ⇒  10位 (4/28)  ⇒  9位 (5/5)  ⇒  15位 (5/12)  ⇒  16位 (5/19)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  3位 (3/24)  ⇒  10位 (3/31)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  7位 (3/31)  ⇒  6位 (4/7)  ⇒  7位 (5/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  6位 (3/31)  ⇒  7位 (4/7)  ⇒  7位 (4/14)  ⇒  8位 (4/21)  ⇒  7位 (4/28)  ⇒  5位 (5/5)  ⇒  6位 (5/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  6位 (3/31)  ⇒  2位 (4/7)  ⇒  8位 (4/14)  ⇒  10位 (4/21)  ⇒  10位 (4/28)  ⇒  5位 (5/5)  ⇒  6位 (5/12)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2008/3/17)  ⇒  2位 (3/24)  ⇒  6位 (3/31)  ⇒  5位 (4/7)  ⇒  10位 (4/14)  ⇒  10位 (4/21)  ⇒  6位 (4/28)  ⇒  3位 (5/5)  ⇒  5位 (5/12)  ⇒  9位 (5/19)  ⇒  7位 (5/26)  ⇒  11位 (6/2)  ⇒  13位 (6/9)  ⇒  18位 (6/16)
トラックリスト
01Fight The Blues
02HEART STATION
以心伝心を願う恋慕をラジオ局の電波にたとえたミディアム・ラヴ・ソング。そっと手を差し伸べるようなソフトタッチの“心の電波 届いてますか?”のフレーズが琴線に触れる。優しく浮遊感のあるバック・コーラス&サウンドも甘酸っぱく切ない情感を演出。
03Beautiful World
映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』テーマ曲の19thシングル。悩ましげな“It's only love”の歌唱が印象的なミッドで、映画の世界観を意識しながら、君の側こそが美しき世界とシンプルに綴る。平凡な日常の視点から皮肉を挟み込むセンスも抜群。
04Flavor Of Life (Ballad Version)
TBSドラマ『花より男子2』イメージ・ソングとなった18thシングルのバラード版。原曲よりもストリングスを強調し、いっそう哀愁が漂うドラマティックなアレンジに。年を重ねるにつれ色気ある切ない描写に磨きがかかった、宇多田の真骨頂だ。
05Stay Gold
花王「アジエンス」CMソング起用の20thシングル。キラキラとした水面を跳ねるような高純度の鍵盤の上で、いつまでも無邪気に笑って輝いていてと愛する人へ願う。普遍的な世界を一気に具体化する“就職も決まって〜”の一行が、見事に心をわしづかみにする。
06Kiss&Cry
大団円的なホーンと太いボトムをアクセントにしたヒップホップ的手法のミッド。タイトルはフィギュアスケートの採点待ちエリアのことで、喜びも悲しみも時の運との意味を込めたもの。タイアップの「カップヌードル」をさりげなく登場させるのも、彼女らしいアイディア。
07Gentle Beast Interlude
08Celebrate
09Prisoner Of Love
ほの暗い鍵盤から幕を開ける、強固な愛の絆の独白。哀惜漂うメロディを振り払おうとするばかりの、もがきすがるような愛への執着が感じられる歌唱に耳を奪われる。フジテレビ系ドラマ『ラスト・フレンズ』主題歌となった21thシングル。
10テイク5
11ぼくはくま
NHK『みんなのうた』2006年起用の17thシングル。自身のマスコット的な“くま”をフィーチャーしたシンプルな鍵盤による童謡だが、フランス語によるブリッジや言葉遊びなど、そこかしこに“お楽しみ”が散りばめられている。印象以上に完成度の高い作品。
12虹色バス
13Flavor Of Life
TBSドラマ『花より男子2』イメージ・ソングとなった18thシングルのバラード版。原曲よりもストリングスを強調し、いっそう哀愁が漂うドラマティックなアレンジに。年を重ねるにつれ色気ある切ない描写に磨きがかかった、宇多田の真骨頂だ。
(13)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Beautiful World」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Beautiful World」 - クロックワークス「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」テーマソング
  • 「Fight The Blues」 - EMIミュージック・ジャパン「モバえみ」TV-CMソング
  • 「Fight The Blues」 - TBS「報道特集NEXT」テーマソング
  • 「Flavor Of Life」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Flavor Of Life」 - TBS「花より男子2」イメージソング
  • 「HEART STATION」 - EMIミュージック・ジャパン「モバえみ」TV-CMソング
  • 「HEART STATION」 - レーベルモバイル「レコード会社直営♪サウンド」TV-CMソング
  • 「Kiss&Cry」 - 日清食品「カップヌードル」TV-CMソング
  • 「Prisoner Of Love」 - エムティーアイ「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Prisoner Of Love」 - フジテレビ「ラスト・フレンズ」主題歌
  • 「Stay Gold」 - 花王「ASIENCE」TV-CMソング
  • 「ぼくはくま」 - NHK教育「みんなのうた」使用曲
  • 宇多田ヒカル
    1983年1月19日生まれ、米・ニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。愛称は“ヒッキー”。母は藤圭子。10歳頃から活動を始め、ファミリー・ユニット“Cubic U”名義で楽曲を発表。98年に本人名義でデビューするとたちまちシーンを席巻……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015