ジェイソン・コレット / ヒアズ・トゥ・ビーイング・ヒア [廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
ガイドコメント
ブロークン・ソーシャル・シーンでも活躍するジェイソン・コレットの4thアルバム。アコースティック・ギターを中心にした、フォーキーで内省的なサウンドを展開。 “これが自分がここに在るということ”というタイトルには、熱いメッセージが感じられる。
収録曲
01ROLL ON OBLIVION
02SORRY LORI
03OUT OF TIME
04PAPERCUT HEARTS
05HENRY'S SONG
06CHARLYN, ANGEL OF KENSINGTON
07NO REDEMPTION SONG
08THROUGH THE NIGHT THESE DAYS
09NOTHING TO LOSE
10NOT OVER YOU
11SOMEHOW
12WAITING FOR THE WORLD
13GABRIELLE
仕様
CDエクストラ
アーティスト
  • ジェイソン・コレット
    カナダはトロント出身、ブロークン・ソーシャル・シーンのギタリストとしても活動しているシンガー・ソングライター/ギタリスト。80年代終わりからミュージシャンとして始動、育児に専念するため一時活動を休止、99年にカムバックし2001年と2003……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015