赤西仁 / Hey What's Up?

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    HEY WHAT'S UP?
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ワーナーミュージック・ジャパン
  • 規格品番:
    WPCL-11596
  • 価格:
    1,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What
ミニ・レビュー
2012年3月に全米デビュー・アルバム『JAPONICANA』をリリース以降、活動を休止していた赤西仁が再始動してシングルをリリース。タイトル曲は、本人が作詞作曲した爽快なサマー・チューン。ヴォコーダーを取り入れたコーラス&ヴォーカルが爽快感をさらにアップさせている。
ガイドコメント
シングルとしては「Seasons」以来、リリースとしてはアルバム『JAPONICANA』以来約1年5ヵ月ぶりとなる、2013年8月7日リリースのシングル。再始動後初となる表題曲は、梅雨空を吹き飛ばすかのようなアッパー・サマー・チューンだ。
  • チャート
    • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
      4位 (2013/8/5)  ⇒  17位 (8/12)
    収録曲
    01HEY WHAT'S UP?
    赤西仁名義では3枚目となるシングル。クリス・ブラウン「イェー!イェー!イェー!」路線の爽快なアッパー・ダンス・チューンで、夏らしい開放感が魅力。軽快なクラップとノリのいいビートに任せてストレス吹き飛ばせという、赤西流のエール・ソングだ。
    02KEY TO YOUR HEART〜君のココロの鍵〜
    夏っぽい清涼感に包まれたアッパー・エレクトロ・チューン。ハスキーで艶っぽいヴォーカルによるセクシーなラヴ・ソングだが、“人が常識だと言う時代に理想求め思索をしすぎて”の一節などは自身のことを言及しているようで意味深。
    03SUMMER LOVING
    軽やかに駆け抜けるグルーヴィなギターが印象的。音楽があって、ドリンクがあって、好きな子がいて……パーティにもってこいのシチュエーションを描いたダンサブルなナンバーだ。つべこべ言うヤツは放っておいて、夏の愛を楽しもうと高らかに叫ぶ赤西もいきいき。
    04HEY WHAT'S UP? (Instrumental)
    05KEY TO YOUR HEART〜君のココロの鍵〜 (Instrumental)
    06SUMMER LOVING (Instrumental)
    アーティスト
    • 赤西仁(JIN AKANISHI)
      1984年7月4日生まれ、東京都出身の歌手/俳優。2006年3月にKAT-TUNとしてデビュー。2010年の初主演映画『BANDAGE バンデイジ』の劇中バンドLANDSとしてのシングル「BANDAGE」、アルバム 『Olympos』共に初……
    • 同時発売作品
      シングル WPZL-30704〜5   1,524円+税   2013/08/07 発売
      赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What
      シングルとしては「Seasons」以来、リリースとしてはアルバム『JAPONICANA』以来約1年5ヵ月ぶりとなる、2013年8月7日リリースのシングル。再始動後初となる表題曲は、梅雨空を吹き飛ばすか……
      シングル WPZL-30706〜7   1,429円+税   2013/08/07 発売
      赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What
      シングルとしては「Seasons」以来、リリースとしてはアルバム『JAPONICANA』以来約1年5ヵ月ぶりとなる、2013年8月7日リリースのシングル。再始動後初となる表題曲は、梅雨空を吹き飛ばすか……
      シングル WPCL-11595   1,238円+税   2013/08/07 発売
      赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What赤西仁 / Hey What
      シングルとしては「Seasons」以来、リリースとしてはアルバム『JAPONICANA』以来約1年5ヵ月ぶりとなる、2013年8月7日リリースのシングル。再始動後初となる表題曲は、梅雨空を吹き飛ばすか……
    ※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
    └ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
    ※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
    └ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
       詳しくはこちらをご覧ください。
    [インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
    [インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
    [インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
    [インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
    [インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
    [インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
    https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
    https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
    e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
    Kaede 深夜のつぶやき
    弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
    JASRAC許諾番号:9009376005Y31015