木村カエラ / HOCUS POCUS

はてなブックマークに追加
木村カエラ / HOCUS POCUS
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    HOCUS POCUS
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    コロムビア
  • 規格品番:
    COCP-35635
  • 価格:
    2,800 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    木村カエラ / HOCUS POCUSをAmazon.co.jpで購入する木村カエラ / HOCUS POCUSをHMV.co.jpで購入する木村カエラ / HOCUS POCUSを楽天ブックスで購入する木村カエラ / HOCUS POCUSを@TOWER.JPで購入する
    木村カエラ / HOCUS POCUSを山野楽器で購入する木村カエラ / HOCUS POCUSをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
2009年にデビュー5周年を迎えた木村カエラによる5thアルバム。キュートでポップなロック・ナンバーから、ノリの良いアッパー・チューンまで、ヴァラエティに富んだ内容だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2009/6/22)  ⇒  5位 (6/29)  ⇒  15位 (7/6)  ⇒  19位 (7/13)  ⇒  38位 (7/20)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2009/6/22)  ⇒  5位 (6/29)  ⇒  11位 (7/6)  ⇒  19位 (7/13)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2009/6/22)  ⇒  5位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2009/6/22)  ⇒  3位 (6/29)  ⇒  9位 (7/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2009/6/22)  ⇒  6位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2009/6/22)  ⇒  5位 (6/29)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2009/6/22)  ⇒  4位 (6/29)  ⇒  6位 (7/6)  ⇒  11位 (7/13)  ⇒  14位 (7/20)  ⇒  20位 (7/27)
収録曲
01Dear Jazzmaster '84
BRAZILIANSIZEの4106がプロデュースした元気いっぱいのアップ・ナンバー。カエラの明るくクリアな歌声とリズミカルなサウンドで沈んでいた気持ちも晴れやかになる。夢に突っ走る“ボク”の勢いと希望を綴った詞が爽やかだ。
02マスタッシュ (album ver.)
マンダム『LUCIDO-L』CMソングに起用の12thシングルのアルバム・ヴァージョン。歌詞の内容とは関係なく“響きがよかったから”との理由で付けられたタイトル名は“口ひげ”という意味。恋する女の子の気持ちをポップに可愛らしく歌う。
03Phone
ポッカ「キレートレモン」のCMソングに起用された、リズミカルで爽やかなナンバー。軽快なアコギとピアノ、弾むカエラの歌声が清々しさを感じさせる。照れや不安はあるが、二人は電話で通じ合うことができると綴った歌詞が歯がゆい。
04乙女echo
MO'SOME TONEBENDERの藤田勇がプロデュースした、陽気なメロディとユニークな歌詞が魅力のミディアム・ナンバー。掛け声や手拍子がポップで、間奏では浮遊感のある不思議なサウンドがよりきわだっている。
05Butterfly
リクルート「ゼクシィ」CMソングに起用された心地よい喜びの曲。教会を思わせるパイプオルガンのようなキーボードや鐘の音をバックに、穏やかに歌うカエラの声が優しい。プロデュースはSUEMITSU & THE SUEMITH。
06どこ
13枚目で初のバラード・シングルで、作詞・作曲ともにASPARAGUSの渡邊忍。失った恋や世間の厳しさを切なく歌うも、笑顔のほうがいいよというメッセージも送っている。“悲しいのなら泣いてもいいんだよ”という詞に温かさを感じる。
07HOCUS POCUS
MBS系ドラマ『子育てプレイ』テーマ・ソングとなった、5thアルバムのタイトル曲。愉快な詞ではあるが、“人はいくらでも自分自身の力で生まれ変われる”というメッセージが込められている。プロデュースはクラムボンのミト。
08Another world
ポップ感のあるサウンドとリズミカルなテンポにゆったりと歌うカエラの声が響く一曲。光や希望にあふれた“もう1つの世界”を望み、どうして自分のいる世界は愛する人が苦しむのかを問う。プロデュースは會田茂一。
09season
リリカルで優しい詞と温もりのあるカエラの歌声が沁みるナンバー。“移りゆく季節”とともに歩んでいく二人の情景と心情を綴りながら、未来への希望を与えてくれる。クリアに奏でられるメロディのなかにほのかにノスタルジーを感じる。
10キミニアイタイ
COMEBACK MY DAUGHTERSの高本和英プロデュースによるダンサブルなナンバー。別れてしまった“君”を想い、“会いたい 君に会いたい”と直球に綴った詞が切ない。感情を込めて歌い上げるカエラの歌声が耳に残る。
11Jeepney
マンダム「LUCIDO-L」CMソングで、STAnの西井鏡悟プロデュースによるポップ・ナンバー。今までの自分を変えるために旅に出る前向きな詞に、カエラの弾む歌声が乗る。快晴を思わせるクリアでリズミカルなサウンドが明るい気分にさせてくれる。
12BANZAI (album ver.)
TBSテレビ系『S☆1』テーマ・ソングに起用された14thシングルのアルバム・ヴァージョン。ダンサブルなリズムに“踊りだせ BANZAI”というノリノリな歌詞でテンション上がるディスコ・ナンバーに仕上がっている。
13Super girl
蔦谷好位置プロデュースによる疾走感あふれるポップ・ナンバー。“ちからをくれる”魅力的な“Super girl”に興味を持つ“僕”の想いを爽やかに描く。未来へ駆け出していくような勢いのある、クリアで躍動するサウンドが気持ちよい。
タイアップ
  • 「Butterfly」 - リクルート「ゼクシィ」TV-CMソング
  • 「HOCUS POCUS」 - 毎日放送「子育てプレイ」テーマソング
  • 「Jeepney」 - マンダム「LUCIDO-L」TV-CMソング
  • 「Phone」 - ポッカ「キレートレモン」TV-CMソング
アーティスト
  • 木村カエラ
    1984年10月24日生まれ、東京都出身の女性歌手/モデル。2003年に音楽情報番組『saku saku』のMCで注目され、翌年6月にシングル「Level 42」でメジャー・デビュー。以降、音楽活動を中心に幅広く活動を展開。2006年には再……
  • 同時発売作品
    木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]
    COZP-373〜4   3,300円+税   2009/06/24 発売
    木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入する木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入する木村カエラ / HOCUS POCUS [デジパック仕様] [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    CDデビュー5年目に放つ約1年3ヵ月ぶりの5作目。渡邊忍やAxSxAらに加えて末光篤などの新しい人と組み、前進しながらポップ・アプローチを強めている。何気に磨きをかけた彼女の声にヤられるのだ。貴重な「……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015