ジョン・バトラー・トリオ / ホーム [紙ジャケット仕様]

はてなブックマークに追加
ジョン・バトラー・トリオ / ホーム [紙ジャケット仕様]
CD
ミニ・レビュー
世界的な存在として活動する、豪州のアーシーなロック・バンドの4年半ぶりのアルバム。本国でじっくり録られた表現は、渋くも威風堂々。実は曲によってはプログラム音も使っているが、それも有機的な広がりを出す。制作は前作同様、プログラムもしているヤン・スクビシェフスキ。
ガイドコメント
前作『フレッシュ&ブラッド』から4年半ぶりとなる、トリオ名義としては通算6枚目のアルバム。タイトルどおり、郷愁を感じさせるメロディとギター・プレイで構成された楽曲を収録している。
収録曲
01TAHITIAN BLUE
02WADE IN THE WATER
03JUST CALL
04RUNNING AWAY
05HOME
06MISS YOUR LOVE
07FAITH
08COFFEE, METHADONE & CIGARETTES
09TELL ME WHY
10BROWN EYED BIRD
11YOU DON'T HAVE TO BE ANGRY ANYMORE
12WE WANT MORE
仕様
紙ジャケット仕様
封入特典
  • 歌詞・対訳/セルフ・ライナーノーツ和訳
アーティスト
  • ジョン・バトラー・トリオ
    1995年結成、ジョン・バトラーを中心としたオーストラリアの3ピース・バンド。98年のデビュー・アルバム『ジョン・バトラー』が本国でヒット、一躍注目のアーティストとなる。ファンクやブルース、フォーク、ヒップホップなどを絶妙にミックスしたロッ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015