Jazztronik / Horizon

はてなブックマークに追加
Jazztronik / Horizon
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    HORIZON
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジャパン
  • 規格品番:
    TKCA-72558
  • 価格:
    2,096 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Jazztronik / HorizonをAmazon.co.jpで購入するJazztronik / Horizonを@TOWER.JPで購入するJazztronik / HorizonをHMV.co.jpで購入するJazztronik / Horizonを楽天ブックスで購入するJazztronik / HorizonをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
野崎良太=Jazztronikのメジャー第1弾はミニ・アルバム。ボサ・ノヴァ、サンバ、ハウス……の肉感とクールネスが入り混じるグルーヴは、心と頭に気持ちよさを呼ぶ。またムーディなインスト曲ではチルアウトを演出するなど、アルバム全体のバランスも絶妙だ。
ガイドコメント
葉加瀬太郎、MONDO GROSSO、bird、m−floらをはじめとする豊富なプロデュース経験の持ち主、野崎良太がついにメジャー進出。海外でも注目を集める新たな才能を聴き逃すな!
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    17位 (2003/6/23)  ⇒  17位 (6/30)  ⇒  17位 (7/7)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2003/6/23)  ⇒  6位 (6/30)  ⇒  8位 (7/7)  ⇒  16位 (7/14)  ⇒  13位 (7/21)
収録曲
01intro
抑制の効いたサンバのリズムが鼓動のように打ち続く、アルバム『Horizon』のイントロダクション。闇の中からモワモワと湧き上がるようにトーン・アップするリズムが、耳の中でこだまする。シンプルだが、心を揺らす不思議な世界を構築している。
02アオイアサガオ
グルーヴ感が心地よい、夏のムードが漂うナンバー。静かで叙情的なピアノに始まると、曲調は一転し、軽快なビートが入り込む。程よいピアノやパーカッションをバックに従えた女性ヴォーカルが印象深い。フルート・ソロが涼しさを演出。
03RITA
ブラジリアン・テイストのラテン・ハウス・ジャズ。熱を帯びたサンバのリズムを背景に、強烈な印象を持って反復するピアノの旋律と心を波立たせる情熱的なフルートが美しく響きわたる。野崎良太のピアノの魅力を凝縮したといえるナンバー。
04Interlude
アルバム『Horizon』に収録の、1分30秒の心地良い安らぎのインストゥルメンタル。熱帯のムードを含むラテンのリズムと、波のような揺らぎを持つアコースティックなメロディが、一体となって流れていく。涼しく不思議な音の世界が堪能できる。
05Dance with me
初夏を思わせる爽快でダイナミックなダンス・チューン。ブラジリアン・フュージョン全開の軽快なサンバのリズムに、メランコリックな風情を持つ女性ヴォーカルが踊る。躍動感あふれる鮮やかな演奏に、野崎の職人技が光る1曲。
06Horizon
ギターとピアノによって優しく切なく奏でられるスロー・バラード。穏やかで壮大な音の流れが、ムーディなクールネスを漂わせている。ストリングスやフルートなどの生音に重心を置いた、心に染みわたる音として構築したアルバム・タイトル曲。
07Estar Com Voce- ESTAR COM VOCハ -
アダルトで洒落たムードのラテン・フュージョン・ジャズ・ナンバー。個性光る巧みな音変化と高度な演奏で聴かせて、ラストは女性ヴォーカルでダンサブルに盛り上げている。丁寧に演奏されたピアノのアクセントが絶妙。
08Estar Com Voce (Samba ver.)- ESTAR COM VOCハ -
派手に鳴り響くリズムと熱いパーカッションに彩られた、ブラジリアン一色のサンバ・ヴァージョン。アピートなどのブラジル楽器がこれでもかと盛り上げている。後半には華やかな女性コーラスも入り込み、元気いっぱいの夏を演出している。
アーティスト
  • Jazztronik
    1976年3月16日生まれ、東京都出身のミュージシャン、野崎良太の音楽プロジェクト。メンバーを固定せずに自由なスタイルでクラブ系ジャズを展開。99年にインディで1stアルバム『numero uno』を発表。そのブラジリアン・テイストをまぶし……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015