ウンサン / アイ・ラブ・ユー

はてなブックマークに追加
ウンサン / アイ・ラブ・ユー
CD
ウンサンは韓国を代表するジャズ・シンガーといっていい。その彼女がオリジナルに、ジェームス・テイラーやボブ・ディランなどの曲も加えて吹き込んだ7作目。日韓を代表するミュージシャンが参加したこの作品では、ジャズの枠を超えた魂の歌声が聴ける。
韓国人ジャズ・ヴォーカリスト、ウンサンのアルバム。ライヴで好評を博しているオリジナル曲のほか、ボブ・ディランやサンタナなどのカヴァーも収録。ウィスパーからダイナミックな表現まで、多彩な歌声を堪能できる。
トラックリスト
01I LOVE YOU
02MR.BLUES
03SMOOTH
04I WANNA DANCE
05アシ・ケ
06STEAMROLLER BLUES
07SAVANNAH WOMAN
08MI TANGO TRISTE
09UNCHAIN MY HEART
10UNA FURTIVA LAGRIMA
11I CAN'T TELL YOU WHY
12KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOOR
13YESTERDAY
演奏
ウンサン(VO) 大槻“KALTA”英宣(DS) 若井優也,チョウ・ユンソン(P,KEY) 安ヵ川大樹,大塚義将(B) チャーリー・ジョン,パク・ユンウ,吉田次郎(G) キム・ジョンギュン(PERC) 鈴木央紹(SAX) 結城貴弘(VC)
録音
2013.8
  • ウンサン(Singer / Jazz)
    韓国の女性ジャズ・ヴォーカリスト/コンポーザー。学者の父の元、17歳から寺院修行に入るという特異な経歴を持つ。Woong San(雄山)という名はその時に授かった法名。ビリー・ホリデイに影響を受け歌手を志し、1996年にデビュー。国内でめき……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015