中ノ森BAND / i Need Love

はてなブックマークに追加
中ノ森BAND / i Need Love
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    I NEED LOVE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    インペリアル
  • 規格品番:
    TECI-102
  • 価格:
    1,100 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    中ノ森BAND / i Need LoveをAmazon.co.jpで購入する中ノ森BAND / i Need Loveを@TOWER.JPで購入する中ノ森BAND / i Need LoveをHMV.co.jpで購入する中ノ森BAND / i Need Loveを楽天ブックスで購入する中ノ森BAND / i Need LoveをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
4枚目のシングルは、キャッチーなサビから入るインパクトの強いロック・ナンバー。ヴォーカルが感情の揺れそのままにテンポ・フリーっぽく突っ走り、ギターとベースは気ままにダンシング。パワフルなドラムが、この自由奔放なプレイを裏からキッチリまとめている。
ガイドコメント
中ノ森BANDの第4弾シングルは、ガールズ・バンドらしさ爆発のアッパーなポップ・チューン。等身大の叫びと、静と動を縦横無尽に行き来するバック・トラックというバンドの魅力が炸裂した会心作だ。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    3位 (2006/5/29)
収録曲
01i Need Love
サビから入るキャッチーな曲で、ギターが自由奔放に跳ね回り、ベースは小粋にダンシング。ヴォーカルはフリー・テンポ的に感情を表わし、ドラムがキッチリまとめている、素敵なポップ・ロック・ナンバー。
02サヨナラボンバー
恋人との別れを嘆いたり強がったり……と、複雑な女心を描いたさよならソング。力強いビートとヴォリーム感たっぷりのハードなロック・サウンドが、気持ちを吹っ切るように圧倒的なパワーで押し寄せる。
03remember me...
愛し合った幸せな日々、永遠を誓ったのにサヨナラ。それでも私を忘れないでね、と歌いかけるスロー・テンポのラブ・バラード。激しく奏でられるギターの響きが、乱れる心を表わしているようだ。
04i Need Love (Instrumental)
05サヨナラボンバー (Instrumental)
06remember me... (Instrumental)
仕様
エンハンストCD内容:i Need Love (ビデオクリップ) (初回のみ)
タイアップ
  • 「i Need Love」 - テレビ朝日「アドレな!ガレッジ」エンディングテーマ
アーティスト
  • 中ノ森BAND
    中ノ森文子(AYAKO:vo,g)を中心とするガールズ・バンド。2005年2月、シングル「ラズベリーパイ」でデビュー。シングル曲が立て続けにタイアップ曲となり、注目度を高めた。等身大の歌詞をキャッチーなメロディと軽快なロック・サウンドに乗せ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015