デュー・センテッド / イカルス

はてなブックマークに追加
デュー・センテッド / イカルス
CD
ドイツのベテラン・ヘヴィ・メタル・バンドの通算9作目。大幅なメンバー・チェンジを経ての2012年作は、新メンバーでの充実ぶりを反映してか、驚くほどの重量感とスピード感が見事に同居している。マシンガンのように繰り出されるリフの応酬も痛快そのもの。スラッシュ・メタルの王道がここに。
ヨーロッパを代表するデス/スラッシュ・メタル・バンドの重鎮、デュー・センテッドの通算9枚目となるオリジナル・アルバム。ラインナップを一新、強烈な布陣となった彼らが放つサウンドは王者の風格が漂う貫禄の仕上がりだ。
トラックリスト
01HUBRIS
02SWORN TO OBEY
03THROWN TO THE LIONS
04STORM WITHIN
05GLEAMING LIKE SILVER
06BY MY OWN HAND
07THE FALL OF MAN
08REAWAKENING
09DESTINED TO COLLAPSE
10A FINAL PROCESSION
11PERPETUATED
12IN DYING MODE
13GOOD DAY FOR A HANGING
14THE STORM
(12)(13)(14)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
  • デュー・センテッド
    ドイツ出身の4人組バンド。1998年に『Immortelle』でアルバム・デビュー。2003年にリリースした5thアルバム『インパクト』が地元メディアのみならず、世界各国で高い評価を得た。獰猛とも思える過激なサウンドは超デス・スラッシュ呼ぶ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 形に残すことの大事さ 輪入道×N0uTY[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場
[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015