ザ・ホワイト・ストライプス / イッキー・サンプ

はてなブックマークに追加
ザ・ホワイト・ストライプス / イッキー・サンプ
CD
ミニ・レビュー
これまでに比べじっくり時間をかけて作った(とはいえ3週間)通算6作目は、デビュー10周年を飾るにふさわしい快作だ。マリアッチ・トランペットやバグパイプなどで音に彩りを加えつつ、芯のガレージ・ブルース・ロック魂はまったく揺るがず。骨太ロックに感電必至!
ガイドコメント
ジャック・ホワイトとメグ・ホワイトによるデュオ、ザ・ホワイト・ストライプスの6thアルバム。彼らのルーツであるアメリカン・フォークを基盤に、厚くモダンなロック・サウンドが展開されている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  4位 (6/25)  ⇒  6位 (7/2)  ⇒  11位 (7/9)  ⇒  26位 (7/16)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  4位 (6/25)  ⇒  6位 (7/2)  ⇒  14位 (7/9)  ⇒  16位 (7/16)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  7位 (6/25)  ⇒  10位 (7/2)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  8位 (6/25)  ⇒  8位 (7/2)  ⇒  10位 (7/9)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  4位 (6/25)  ⇒  4位 (7/2)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2007/6/18)  ⇒  7位 (6/25)  ⇒  10位 (7/2)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/6/18)  ⇒  1位 (6/25)  ⇒  2位 (7/2)  ⇒  5位 (7/9)  ⇒  10位 (7/16)  ⇒  11位 (7/23)
収録曲
01ICKY THUMP
アメリカ政府が行なっているメキシコ移民への不当な扱いに対する強い皮肉が込められた、パワフルでヘヴィなロック・チューン。タイトルは英国北部の人間がよく使う、「ワォ!」「マジかよ!」という意味のスラングから。
02YOU DON'T KNOW WHAT LOVE IS (YOU JUST DO AS YOU'RE TOLD)
ギターとドラムスだけという最小限のバンド・アンサンブルに、キーボードを加えることによって音の厚みを増したポップなラヴ・ソング。ふしだらで無知な女に対して“本当の愛”を説く歌詞は、伝統的なブルース・スタイルだ。
03300 M.P.H. TORRENTIAL OUTPOUR BLUES
扇情的なタイトルに反して、サウンドは地味で渋めなアコースティック・ブルース……と思いきや、サビでは爆音のエレクトリック・ギターが一気に炸裂する。ホワイト・ストライプの多面的な個性が存分に発揮されたロック・ナンバーだ。
04CONQUEST
“ワルツの女王”ことパティ・ペイジのヒット曲としても知られる、コーキー・ロビンズの名曲のカヴァー。オリジナルに忠実なサウンド・アレンジからは、ジャック・ホワイトのルーツ・ミュージックに対する強い敬意が感じられる。
05BONE BROKE
ギターとドラムスのガチンコ勝負が繰り広げられる、ホワイト・ストライプスの王道ともいえるパワフルなガレージ・ロック・ナンバー。シンプルなサウンドながらも、細かいリズム・チェンジによって、楽曲に巧みな変化を付けている。
06PRICKLY THORN, BUT SWEETLY WORN
バグパイプとマンドリンがフィーチャーされたサウンドに親しみ易いメロディが乗る、ホワイト・ストライプス流トラディショナル・フォークといった趣のロック・チューン。アメリカの伝統音楽の息吹きが見事に現代に継承されている。
07ST. ANDREW (THIS BATTLE IS IN THE AIR)
メグ・ホワイトの語りによって綴られる、キリストの十二使徒“アンデレ”に由来する名前が冠された反戦ソング。バグパイプが響きわたるスコティッシュ・トラッド調のサウンドながら、フリーキーなエレキ・ギターが暴走していくあたりの味付けが現代的だ。
08LITTLE CREAM SODA
レッド・ツェッペリンの「移民の歌」を彷彿とさせる、ヘヴィかつグルーヴィなリズムが印象的なハード・ロック・チューン。生きることに対しての諦観とタフな意志が同時に感じられる、深みにあふれたアンビヴァレンツな歌詞が秀逸だ。
09RAG AND BONE
“ガラクタ屋”の気ままで痛快な全国行脚の旅が描かれたカントリー・パンク・ソング。ジャックとメグの息の合ったデュエットからは、L.A.パンクの名バンド“X”からの影響が顕著に現れている。
10I'M SLOWLY TURNING INTO YOU
“俺はゆっくりとおまえになっていく”。そんな倒錯的なフレーズが執拗に繰り返される、“憧れ”の暴走を描いた妖しくてセクシーなラヴ・ソング。ハモンド・オルガンが大フィーチャーされたサウンドは、70年代のサザン・ロック風だ。
11A MARTYR FOR MY LOVE FOR YOU
自分に自信を持てない男が一目惚れした女性に対して抱き続けている、叶うことのない“愛”を切々と吐露するバラード。ハモンド・オルガンのコード弾きから生まれるドローン効果によって、サウンドに奥行きが与えられている。
12CATCH HELL BLUES
ジャック・ホワイトの超絶ギター・テクニックが堪能できる、まさにタイトルどおりのヘヴィ・ブルース・チューン。アヴァンギャルドでフリーキー極まりないギター・フレーズには、キャプテン・ビーフ・ハートの影響もうかがえる。
13EFFECT AND CAUSE
「結果を原因にはできない」……つまり、世界とは原因と結果の相関関係で成り立っている。だから自分の人生は自分で切り開いていかなくちゃ。そんな前向きな意志が刻まれた、アルバム『イッキー・サンプ』の締め括りにふさわしいフォーク・ロック・ナンバー。
14BABY BROTHER
王道のブルース進行で構成されたストレートなロックンロール・チューン。オールドスクールなロカビリー調のサウンドだが、ベースの不在によってグルーヴよりもパンク的なスピード感を際立たせているのがホワイト・ストライプス流儀だ。
(14)ボーナストラック
タイアップ
  • 「Icky Thump」 - テレビ神奈川「Billboard Top 40」オープニングテーマ
  • 「Icky Thump」 - テレビ東京「SHOWBIZ COUNTDOWN」エンディングテーマ
  • 「イッキー・サンプ」 - ワーナー・ブラザーズ「ジャスティス・リーグ」TV-CMソング
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ホワイト・ストライプス
    米国デトロイト出身のジャック・ホワイト(vo、g)とメグ・ホワイト(ds)が1997年に結成したユニット。1999年デビュー。2000年、2作目『デ・ステイル』、2001年にはメンフィス録音の3作目『ホワイト・ブラッド・セルズ』を発表。2人……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム
[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場!
[インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表
[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー!
[インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作
[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015