東京事変 / 群青日和

はてなブックマークに追加
東京事変 / 群青日和
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    IDEAL DAYS FOR ULTRAMARINE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ヴァージン
  • 規格品番:
    TOCT-4884
  • 価格:
    1,143 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    東京事変 / 群青日和をAmazon.co.jpで購入する東京事変 / 群青日和をHMV.co.jpで購入する東京事変 / 群青日和を楽天ブックスで購入する東京事変 / 群青日和を@TOWER.JPで購入する
    東京事変 / 群青日和を山野楽器で購入する東京事変 / 群青日和をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
椎名林檎が“自作自演歌手”としてのキャリアに区切りをつけ、2004年から新たにスタートさせた5人組ロック・バンドのデビュー・シングル。ソロ時代以上に奔放に暴れまくるヴォーカルからは、信頼できるメンバーと音楽を作ることができる喜びが感じられる。
椎名林檎を中心に亀田誠治らを強力メンバーを含む5人組バンド、東京事変のデビュー・シングル。カップリングにカヴァー曲「その淑女(をんな)ふしだらにつき」、「顔 faces」を含む全3曲。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    1位 (2004/9/6)  ⇒  2位 (9/13)  ⇒  3位 (9/20)  ⇒  4位 (9/27)  ⇒  12位 (10/4)  ⇒  14位 (10/11)
トラックリスト
01群青日和
02その淑女 (をんな)ふしだらにつき
ミュージカル作品で知られるリチャード・ロジャースが作曲した楽曲のカヴァー。茶目っ気のある鍵盤とともにじんわりと歌いだし、ジャジィに炸裂していく。サーフっぽいギターと転がるような鍵盤、せわしないドラムとベースが痛快。表情がコロコロ変わるヴォーカルも印象的。あっという間に終わる演奏が爽快。
03
六弦担当の晝海幹音作曲による、男女デュエット曲。作詞は椎名林檎。厳かなピアノのイントロから、ざっくりとしたアコギの音色とともにムーディに展開していく。晝海幹音による男性ヴォーカルと椎名林檎による女性ヴォーカルが織りなす、気だるく艶やかなコーラスが大人っぽい。不穏な空気を感じさせるサウンドも効果的。
タイアップ
  • 「群青日和」 - SANYO/au by KDDI「W21SA」
封入特典
  • 三部作インデックス仕様(初回のみ)
  • 東京事変
    椎名林檎を中心に結成された5人組のロック・バンド。2004年9月にシングル「群青日和」でデビュー。その後、椎名林檎がソロでは体現できないバンド・サウンドを追求しながら、アルバム『教育』(2004年)、『大人(アダルト)(2006年)』、『娯……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015