凛として時雨 / i'mperfect

はてなブックマークに追加
凛として時雨 / i'mperfect
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    I'MPERFECT
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Sony Music Associated Records
  • 規格品番:
    AICL-2526
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    凛として時雨 / i凛として時雨 / i凛として時雨 / i凛として時雨 / i
    凛として時雨 / i凛として時雨 / i該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ガイドコメント
約2年半ぶりとなる、2013年4月10日リリースのアルバム。フジテレビ“ノイタミナ”アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』オープニング・テーマ「abnormalize」ほか、予測不能な曲展開が魅力のナンバーを多数収録。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  6位 (4/15)  ⇒  22位 (4/22)  ⇒  24位 (4/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  6位 (4/15)  ⇒  17位 (4/22)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  4位 (4/15)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  6位 (4/15)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  10位 (4/15)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2013/4/8)  ⇒  5位 (4/15)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2013/4/8)  ⇒  4位 (4/15)  ⇒  10位 (4/22)  ⇒  6位 (4/29)  ⇒  13位 (5/6)  ⇒  19位 (5/13)
収録曲
01Beautiful Circus
イントロのカオティックなリフから暴れまわるドラム、そしてTKと345のヴォーカルの掛け合いと“時雨節”全開のアップ・チューン。“サーカス”という象徴的な言葉を印象的に響かせつつ、“Telecastic”などTKならではの言い回しも健在。
02abnormalize
アルペジオと歌による幕開けから、変態的なリフをきっかけに高速BPMと驚異的なテンションで圧倒するアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の主題歌。構成は(彼らにとっては)比較的シンプルだが、いたるところにギミックを施したキラー・チューンだ。
03Metamorphose
タイトルのとおりドラムのビートや曲調が次々と変化していくトリッキーなナンバー。破綻寸前の張り詰めた空気で突き進み、サビではまさかのシャッフルへと展開する遊び心に惹きつけられる。ギター・ソロから3人のユニゾンで迫るブリッジは圧巻。
04Filmsick Mystery
音像が見えなくなるほどまでに歪ませたベースと金属的なギターの対比が美しいミディアム・アップ。前半はどこか無機質なテイストで進むが、中盤からは一気にドラマティックに加速していく。345の伸びやかな歌唱が映えるソリッドなサウンドが魅力だ。
05Sitai miss me
奥行きのあるギターのアルペジオと和音を駆使しつつうねるベース、極限までタイトなドラミングとそれぞれ異なる役割で豊かなアンサンブルを奏でるナンバー。壮大なドラマを描いた末に、さらに大サビへと変化するラストのインパクトは強烈。
06make up syndrome (album mix)
ドリーミーな響きを持たせた345のコーラスと交錯するような、TKのエモーショナルな叫びが刺さる。やや抑え目なテンポゆえ、凝りに凝った細部のディテールがくっきりと浮かび上がる。夢からはたと醒めたような中盤からの展開が見事。
07MONSTER
インストとしても成立するようなイントロの導入がクールなナンバー。縦ノリのビートの上で345とTKの掛け合いが展開するサビのメロはキャッチーだが、全体を覆うのはセンチメンタルなテイストだ。全編にわたるギター・カッティングがアクセント。
08キミトオク
幻想的なアルペジオを中心とした穏やかな幕開けが、どこかTKのソロ作を思わせるドラマティックなナンバー。ベース&ドラムも序盤は的確に隙間を作りながら支えるが、徐々に熱を帯びていくアレンジが絶妙。サビでの絶叫は迫力満点。
09Missing ling
ひとりごちるようなギターの弾き語りではじまる7分近くに及ぶ大作。長尺にまかせて大きなクレッシェンドを描くのではなく何度も静と動を繰り返す練りあげられたアレンジは、文学性の高いTKとの言葉も相まって、まるで映画を観ているかのよう。
タイアップ
  • 「abnormalize」 - フジテレビ「PSYCHO-PASS サイコパス」オープニング・テーマ
アーティスト
  • 凛として時雨
    2002年に埼玉で結成された3ピース・ロック・バンド。2005年11月に自身のレーベル〈中野Records〉を立ち上げ、1stアルバム『#4』を発表。男女のハイトーン・ツイン・ヴォーカルを軸に、切迫感あふれる爆音サウンドや独特の詞世界で注目……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015