Dragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]

はてなブックマークに追加
Dragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    INDEPENDIENTE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    MOB SQUAD
  • 規格品番:
    VICL-62298
  • 価格:
    3,190 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Dragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]をAmazon.co.jpで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]を@TOWER.JPで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]をHMV.co.jpで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]を楽天ブックスで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTE [限定]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
今度はラテン!? ダンサーのタップ音をビートに組み込むなど、斬新なアプローチでロックの新境地を開拓する彼らのアルバムは、複雑に絡み合うラテン・ミュージック的ビートを軸に据えた意欲作。2007年でちょうどデビュー10周年だが、変化をやめるつもりはないようだ。
ガイドコメント
シングル「夢で逢えたら」「few lights till night」「Ivory」を収録した、Dragon Ashのオリジナル・アルバム。さまざまな音楽ジャンルを貪欲に採り込んで成長してきた彼らの、ひとつの到達点といえる作品だ。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    2位 (2007/2/19)  ⇒  10位 (2/26)  ⇒  36位 (3/5)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    2位 (2007/2/19)  ⇒  8位 (2/26)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2007/2/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    2位 (2007/2/19)  ⇒  5位 (2/26)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    3位 (2007/2/19)  ⇒  9位 (2/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    2位 (2007/2/19)  ⇒  8位 (2/26)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    2位 (2007/2/19)  ⇒  9位 (2/26)  ⇒  20位 (3/5)
収録曲
01Independiente (Intro)
活動10周年記念日にリリースされたアルバム・タイトル曲。アルバムの幕開けにふさわしく、全編にラテン・フレイヴァーを効かせた華やかなナンバーで、高速で打ち鳴らされる民族的な打楽器の響きと爪弾かれるアコギの音色が印象的だ。
02Develop the music
アルバム『INDEPENDIENTE』のイントロの流れを引き継いで速いBPMで展開する、ラテン・テイストのミクスチャー・ロック。全編英詞で歌われるヴォーカルは情熱的なメロディをなぞり、ホイッスルやマラカスを採り入れたトラックが乾いたエモーションを演出する。
03stir
彼らの得意技ともいえる、メランコリックで情熱的なサウンドが響く、17thシングル「few lights till night」カップリング曲。スパニッシュ風ギターが駆け抜けるラテン色を全編にまぶしたアッパー・チューン。
04Fly
悲しげなアコースティック・ギターのアルペジオと繊細なスクラッチとの相性が意外にも良好。ヴォーカルのコーラス・ワークやメロディ・ラインのアイディアはラテン音楽そのもの。どこか物悲しい雰囲気をたたえたミクスチャー・ミュージックだ。
05Ivory
06Libertad de fiesta
ハンドクラップとアコースティック・ギターのみで展開する導入部や、歪んだギターの絡むサビでできた緩急のある構成が特色。隙間の多いトラックにヴォーカルの美しいメロディ・ラインが際立つ、心地良い清涼感を持ったラテン・ロックだ。
07El Alma (feat.SHINJI TAKEDA)
強いストロークでかき鳴らされるアコギのカッティングと力強いドラミングがグルーヴ感を演出し、武田真冶のサックスが奔放に響く。スペイン語で「魂」を意味するタイトルのように、情熱的な曲調だ。NTTドコモCMタイアップ・ソング。
08Rainy
09Step show (Interlude)
ラテン調のコードで爪弾かれるアコギのアルペジオに、タップ・ダンス風の乾いた音が跳ねるように絡むインスト・ナンバー。後半部は打楽器によるサンバのリズムが絡み、アルバム『INDEPENDIENTE』後半へのイントロダクションにもなっている。
10Samba'n'bass
タイトルどおり「サンバ調ドラムンベース」とでもいうべき楽曲。同じラテン・フレイヴァーのナンバーでも、ビート感を前面に押し出すことによって、より肉体的な高揚感を持ったサウンドへと仕上げている。シンガロングしやすいサビのフックも健在だ。
11Luz del sol (feat.大蔵 from ケツメイシ)
ケツメイシの大蔵がラップで参加した、歪んだギターと鋭いスクラッチがヘヴィなグルーヴを演出するミクスチャー・サウンド。Kjの優しく語りかけるようなヴォーカルに加え、跳ねるようなラテン・テイストのビート感も印象的だ。
12few lights till night
やりきれなさと希望をクロスさせたリリックを深く浸透させていくKjのヴォーカルが、叙情的で優しく澄んでいる。音数の少ないサウンドや美しいギターのアルペジオが、その情景をリアルに映し出すミディアム・ナンバー。
13Beautiful
寂しげな響きを持ったか細いアコースティック・ギターに、乾いた打楽器の音と繊細なスクラッチ。英詞と日本語詞、メロディとラップを縦横無尽に行き来するKjのヴォーカル・ワークなど音楽的な成熟を感じさせる、テクニカルで完成度の高い一曲。
14夢で逢えたら
繰り返される口笛が静謐な冬の情景を映し出す。シングルとしては初となるラブ・ソングで、Kjの柔らかいヴォーカルが心に沁みるウィンター・チューン。淡々としながらも中盤で押し寄せる熱いビートの波、深みのあるサウンドは聴き逃せない。
仕様
CDエクストラ内容:Ivory (VIDEO CLIP)〜few lights till night (VIDEO CLIP)〜夢で逢えたら (VIDEO CLIP)
タイアップ
  • 「El Alma」 - NTTドコモ「FOMA 703i」TV-CMソング
  • 「El Alma」 - NHK「サラリーマンNEO」番組使用曲
  • 「few lights till night」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「few lights till night」 - dwango「いろメロミックスDX」TV-CMソング
  • 「FLY」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「Ivory」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • Dragon Ash
    日本のミクスチャー・ロック・バンド。メンバーはKj(vo,g)、桜井誠(ds)、BOTS(DJ)、HIROKI(g)、DRI-V(DANCE)、ATSUSHI(DANCE)。1997年に降谷建志(Kj)、馬場育三(IKUZONE/b)、桜井……
  • 同時発売作品
    Dragon Ash / INDEPENDIENTE
    VICL-62299   3,190円(税込)   2007/02/21 発売
    Dragon Ash / INDEPENDIENTEをamazon.co.jpで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTEをTOWER RECORDS ONLINEで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTEをHMV.co.jpで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTEを楽天ブックスで購入するDragon Ash / INDEPENDIENTEをTSUTAYAで購入する
    シングル「夢で逢えたら」「few lights till night」「Ivory」を収録した、Dragon Ashのオリジナル・アルバム。さまざまな音楽ジャンルを貪欲に採り込んで成長してきた彼らの、……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015