RYUKYUDISKO / INSULARHYTHM

はてなブックマークに追加
RYUKYUDISKO / INSULARHYTHM
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    INSULARHYTHM
  • ジャンル:
    エレクトロ/ダンス(国内)
  • レーベル:
    Ki / oon
  • 規格品番:
    KSCL-1165
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    RYUKYUDISKO / INSULARHYTHMをAmazon.co.jpで購入するRYUKYUDISKO / INSULARHYTHMをHMV.co.jpで購入するRYUKYUDISKO / INSULARHYTHMを楽天ブックスで購入するRYUKYUDISKO / INSULARHYTHMを@TOWER.JPで購入する
    RYUKYUDISKO / INSULARHYTHMを山野楽器で購入するRYUKYUDISKO / INSULARHYTHMをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
沖縄のテクノ・ツインズ、3ヵ月連続リリースの最後は、アルバムとしては1年ぶりとなる3作目。タイトルはINSULARISMとRHYTHMを合体させた造語で、意味は“島国根性”だそう。沖縄で育った彼らのルーツを明るく揶揄したのだろう。
ガイドコメント
RYUKYUDISKOの3rdフル・アルバム。テクノを基盤にロックや沖縄民謡を取り入れた鋭敏なサウンドが展開されており、「ナサキ」をはじめ3ヵ月連続で発表されたシングル曲などが収録されている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2007/8/27)  ⇒  28位 (9/3)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2007/8/27)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    3位 (2007/8/27)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    10位 (2007/8/27)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2007/8/27)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    3位 (2007/8/27)  ⇒  12位 (9/3)
収録曲
01NICE DAY (feat.BEAT CRUSADERS)
日本語/英語/琉球弁をチャンプルーした歌モノのロッキン・ダンス・チューン。BEAT CRUSADERSのパワフルなビートとシンセの響きに三線の音色と掛け声が加わり、“ハイサイ”テクノを作り上げている。
02ナサキ (feat.MONGOL800)
同郷のミュージシャン、モンゴル800をフィーチャーしたロック・チューンで、RYUKYUDISKO初の日本語詞の楽曲。キヨサクの声にはヴォコーダーが通され、ビートも極太のドラムンベース仕様だが、あくまで歌のメロディが前面に押し出されたポップな仕上がり。
03パラダイス (feat.仲村奈月)
シンプルな沖縄音階の歌と上モノが、エレクトリックなドラムとエフェクトによってRYUKYUDISKO調に生まれ変わっている。以前からライヴでは演奏されていたという、ファンにはなじみの楽曲。チルアウトに適したピースルフルなサウンドだ。
04Super Spin Spam
ド派手なビート感が前面に押し出された力強い楽曲。粗い4つ打ちのボトムに乗るターンテーブルのスクラッチやところどころで垣間見える蛇味線サウンド、キュートな高音スクラッチなど、彼ららしいユーモアにあふれている。
05TAIKO DISKO
タイトルが示すとおり、“タイコ=ドラム”をメインに据えた楽曲。いかにもRYUKYUDISKOらしい沖縄風味のディスコ・トラックに仕上がっていて、途中のブレイクから高速ドラムンベースへの転調など、フロアを盛り上げる遊び心に満ちている。
06Cats&Dogs
BPM175で疾走する超高速テクノ・トラック。ディストーションが施されたサイバーなヴォーカルが耳に残る。ガバを彷彿とさせるハードコアな仕上がりだが、それでも上モノにはあくまで沖縄音階が用いられ、彼らの作風が保たれている。
07Sem Parar (Okinawa Sanshin Session) (feat.KALEIDO)
ブラジルのユニット、カレイドをフィーチャーした、女性ヴォーカルによるラヴ・ソング。ポルトガル語で歌われるハッピーなメロディとアッパーなテクノ・トラックが好相性。南国出身のアーティスト同士が生んだ、湿度0パーセントの爽快な楽曲だ。
08bibiBEACH (feat.lichard.)
地元のパーティ仲間であるlichardと作ったという楽曲。彼らの曲には珍しく、アコースティック・ギターのカッティングがメインで用いられている。夕暮れのビーチで聴きたくなるような、清涼感のある作風に仕上がっている。
09ELEKIデKANADERU★MINYOヲUTAU (feat.仲村奈月)
オウテカなどを思わせる、RYUKYUDISKO初のノンビート・トラック。三線、エレキ・ギター、沖縄音階のヴォーカルなどが、切っては貼られ、現れては消えていく。実験的なニュアンスが感じ取れる、アクの強いサウンドだ。
10dies ist Symphonie (season off)
彼らの曲の中では比較的シリアスで幻想的なトラック。トーンを落としたビート感や流麗なシンセのサウンドが、ピーカンの青空よりはむしろ輝く星空を連想させる。真夜中の野外レイヴで聴きたくなるような、ポップで神秘的な楽曲だ。
11夢のFUTURE (feat.KOTOMI)
大阪の女子高生ミュージシャン、KOTOMIをフィーチャーしたシングル・トラック。彼女のピュアネスに満ちた声とメロディが、RYUKYUDISKOの持つ清涼感と見事にシンクロしている。聴くだけで優しい気分になれるポップ・チューン。
12Ami Nu Ku Tuu (feat.SHINICHI OSAWA)
大沢伸一との共作で生まれた、“琉琴”と呼ばれる沖縄特有の楽器が用いられたスローなチルアウト・トラック。曲の抑揚を抑えながらも、メロディが存在感を放っている。アルバム『INSULARHYTHM』のラストにふさわしい、落ち着いた楽曲だ。
アーティスト
  • RYUKYUDISKO
    沖縄出身の双子、兄のRKD1、弟のRKD2によるテクノ・バンド。琉球音階や三線など“沖縄の音”にこだわり、沖縄音楽とテクノを融合させたスタイルで話題を呼ぶ。2004年6月に石野卓球が主宰するレーベル“Platik”よりミニ・アルバム『LEQ……
  • 同時発売作品
    RYUKYUDISKO / R3
    Plat-14   2,457円+税   2007/08/29 発売
    RYUKYUDISKO / R3をamazon.co.jpで購入するRYUKYUDISKO / R3をHMV.co.jpで購入するRYUKYUDISKO / R3を楽天ブックスで購入するRYUKYUDISKO / R3をTOWER RECORDS ONLINEで購入するRYUKYUDISKO / R3を山野楽器で購入するRYUKYUDISKO / R3をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    沖縄出身のテクノ・ユニットのリミックス曲や未発表曲でまとめたCD。民謡のメロディをはじめ彼の地の民俗音楽の要素も取り入れているが、単なるトッピングで残念ながらイージーに思えた。この値段でこのインナーは……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015