ザ・ストロークス / イズ・ディス・イット [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
ザ・ストロークス / イズ・ディス・イット [CD+DVD] [限定]
CD
ガイドコメント
“ストロークス以降”なんて表現が当たり前になってしまうほど、強烈だったデビュー・アルバムに、ライヴ、PVを収録したDVDを加えた限定盤。ファンならば、買い直してでも観るべし。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    40位 (2003/8/4)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    15位 (2003/8/4)
収録曲
[Disc 1]
01IS THIS IT
淡々と8ビートを刻むドラムスに、エレクトリック・ギターのアルペジオやメロディアスなベース・ラインが絡んでいき、徐々に熱を帯びてくる演奏がクール。穏やかながらも確信に満ちた、“始まり”を予感させるナンバーだ。
02THE MODERN AGE
ひたすらにコードを掻き鳴らす右チャンネルのギターと、裏打ちでリズムを刻む左チャンネルのギターのアンサンブルが印象的。明日への真っ直ぐな視線で貫かれた歌詞は、まさに“モダン・エイジ”のマニフェスト。
03SOMA
テレヴィジョンを彷彿とさせるフリーキーなギター・リフが楽曲全体を引っ張っていく、わずか2分半のロックンロール・チューン。時折シャウトを織り交ぜるジュリアン・カサブランカスのヴォーカルは、色気たっぷり。
04BARELY LEGAL
直線的で疾走感あふれるヴァースから、ブレイクを経てメロディアスなサビに突入する楽曲の展開と、どうしようもなくもどかしい想いが綴られた歌詞が見事にマッチ。彼らが持っている世界観の確かさに痺れること請け合い。
05SOMEDAY
ストロークス流モータウン・ビートが楽しめるリズミカルなポップ・ソング。ただし、黒人音楽的な“熱さ”を感じさせずに、あくまでも換骨奪胎した冷めたグルーヴで引っ張っていくあたりがニューヨーク流儀。
06ALONE, TOGETHER
どっしりと構えたベース・ラインが特徴的なミディアム・テンポのロック・チューン。タメてタメてサビで爆発! という構成はグランジからの影響も感じられる。終盤になって右チャンネルから鋭角的に切り込んでくるギターが刺激的。
07LAST NITE
アルバム『イズ・ディス・イット』から生まれた最大のヒット曲。サウンドは「サムデイ」のヴァリエーションといえるもので、弾けるようなリズムと、人懐っこいメロディ・ラインの絡みが耳に残る。ギターの鋭いコード・カッティングが肝だ。
08HARD TO EXPLAIN
ザ・フーの「アイ・キャント・エクスプレイン」から脈々と続く、“説明できない気持ち”を歌ったモラトリアム全開なポップ・チューン。打ち込みと生演奏のドラムスの使い分けが絶妙な、ロック系クラブの定番曲だ。
09NEW YORK CITY COPS
彼らの地元であるニューヨークの市警への皮肉が込められた歌詞は、アメリカ同時多発テロ事件が起こる直前だからこそ書けた内容といえるだろう。そういう意味でも非常に生々しい感触を残すシニカルなナンバーだ。
10TRYING YOUR LUCK
氷点下のニューヨークを思わせる哀愁あふれる曲調が、不器用な男の孤独な世界を憎らしいほどスタイリッシュに表現している。ジュリアン・カサブランカスのシャウトと柔らかなギターの音色が、相乗効果で切なさを倍増させる。
11TAKE IT OR LEAVE IT
穏やかなイントロから一転、ハード・エッジなロックンロールになだれ込む。激しさは次第に増していき、タイトルを連呼するサビと、さらに続く大サビで頂点に! ライヴでは大盛り上がり必至のキラー・チューンだ。
[Disc 2]〈DVD〉
01ラスト・ナイト
02ハード・トゥ・エクスプレイン (Uncensored Video Clip-Dirty Version)
03サムデイ
04ニューヨーク・シティ・コップス (from the FRONT 'red/white' stage、MTV2 Special)
05ザ・モダン・エイジ (from the BACK 'red strokes sign' stage、MTV2 Special)
アーティスト
  • 1999年、米ニューヨークで結成したロック・バンド。メンバーはファブリジオ・モレッティ(ds)、ニック・ヴァレンシ(g)、ニコライ・フレイチュア(b)、アルバート・ハモンドJr.(g)、ジュリアン・カサブランカス(vo)の5名。“ネクスト・……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015