Japanese Katana Soundtrack

はてなブックマークに追加
CD
  • 原題:
    JAPANESE KATANA SOUNDTRACK
  • ジャンル:
    パンク(国内)
  • レーベル:
    ピザ・オブ・デス
  • 規格品番:
    PZCA-70
  • 価格:
    2,444 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Japanese Katana SoundtrackをAmazon.co.jpで購入するJapanese Katana Soundtrackを@TOWER.JPで購入するJapanese Katana SoundtrackをHMV.co.jpで購入するJapanese Katana Soundtrackを楽天ブックスで購入するJapanese Katana SoundtrackをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
BBQ CHICKENSが中心となり、任侠映画の雰囲気を漂わせた架空の映画のサウンドトラックを制作。インディ・シーンの第一線で活躍するバンドにセリフや楽曲(すべて新曲)の提供を依頼。斬新でユニークかつキレ味抜群の一枚に仕上がっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    21位 (2014/11/24)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    17位 (2014/11/24)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス インディーズ
    8位 (2014/11/24)
※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。
収録曲
01DJ SABOのシネマちんコ (FTCRADIO385MHz)
02Japanese Katana (BBQ CHICKENS)
03HYSTERIC (しけもくロッカーズ)
04Get nuts (SAND feat.BOXER KID from MIGHTY JAM ROCK)
05シーン1
06マッキン&来来キョンシーズのテーマ (マッキン&来来キョンシーズ)
07Lord Of Chinatown (ジャッキー9)
08TOKYO PROXY WAR (MEANING)
09シーン2
10SHIKEMOKU ROCKERS GO!! (しけもくロッカーズ)
11Milk And Cookie (ジャッキー9)
12DO.SU.TO.RA.I.KU (マッキン&来来キョンシーズ)
13まるでだめおは、まるでだめ (FTCRADIO385MHz)
14Pon-Chu Man (BBQ CHICKENS)
15LET'S GO CHICKEN!! (マッキン&来来キョンシーズ)
16TITAN (しけもくロッカーズ)
17シーン3
18Don't Step Into The Street (ジャッキー9)
19DENY YOU EVERYTHING (しけもくロッカーズ)
20マル暴・松原の日常「取り調べ」 (松原裕)
21In For The Kill (BBQ CHICKENS)
22For Money (ジャッキー9)
23アナールモンコーさん (FTCRADIO385MHz)
24ZOMBIE SPIRAL (マッキン&来来キョンシーズ)
25GHOST WRITER (しけもくロッカーズ)
26シーン4
27Smile (SAND)
28GET IN THE WAY (マッキン&来来キョンシーズ)
29ROTTEN TOMATO (しけもくロッカーズ)
30シーン5
31JUST A MAN'S SONG (locofrank)
32FTCRADIOセンター (FTCRADIO385MHz)
33Jackie9 (ジャッキー9)
34Jackie11 (ジャッキー9)
35マル暴・松原の日常「ガサ入れ」 (松原裕)
36K.E.N (マッキン&来来キョンシーズ)
37Really?Am I? (BBQ CHICKENS)
38シーン6
39M-AD WAR (SLANG)
40Jingi Nai (BBQ CHICKENS)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015