Hey!Say!JUMP / JUMPing CAR

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    JUMPING CAR
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ジェイ・ストーム
  • 規格品番:
    JACA-5471
  • 価格:
    3,080 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Hey!Say!JUMP / JUMPing CARをAmazon.co.jpで購入するHey!Say!JUMP / JUMPing CARを@TOWER.JPで購入するHey!Say!JUMP / JUMPing CARをHMV.co.jpで購入するHey!Say!JUMP / JUMPing CARを楽天ブックスで購入するHey!Say!JUMP / JUMPing CARをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
アイドル歌謡ど真ん中の「キラキラ光れ」が、なにしろ秀逸。アルバムとして聴いても、ティム・バートン映画みたいなインストで始まり、メンバーからのメッセージで終わる構成(通常盤)といい、ファンタジックな世界を過不足なく提供して、至れり尽くせり。EDMよりアイドル歌謡が似合ってるのもイイ〓
ガイドコメント
Hey!Say!JUMPの通算4枚目となるオリジナル・アルバム。ヒット・シングル曲「ウィークエンダー」「明日へのYELL」ほか、バラエティに富んだ一枚に仕上がっている。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)  ⇒  12位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)  ⇒  6位 (6/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    1位 (2015/6/22)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2015/6/22)  ⇒  4位 (6/29)
収録曲
01Fantasist
アルバム『JUMPing CAR』の冒頭を飾る2分弱のインストゥルメンタル。海外ドラマのオープニング・テーマのような、ゴージャスかつドラマテイックな展開だ。作曲編曲は映画『アップルシード アルファ』などを手がける高橋哲也が担当。
02JUMPing CAR
アルバム・タイトル曲は、車のエンジン音とともにスタートするタイトルどおりのゴキゲンなポップ・チューン。“キミ”とドライブをして海へ行くというデートの様子を、トロピカルな音を織り交ぜながら描いている。
03Walk
メロディは切なく物憂げながらリズムはタイトというギャップがクセになるポップ・チューン。しかしながら、これぞジャニーズ王道のダンス・サウンド。何気ない日々の積み重ねが大事であることを綴った、しみじみと心が温かくなる内容だ。
04SHen SHera SHen
エフェクトをかけた無機質なコーラスではじまるエレクトロなダンス・チューン。呪文のようにも思えるサビでのタイトルの連呼が妙にクセになる。途中に挟み込まれるクールなラップも繰り返し聴きたくなる。
05ウィークエンダー
土曜日の夜というデートにもっともうってつけの日のワクワク感を閉じ込めた、アゲアゲのポップ・チューン。ファンキーなストリングス、R&Bテイストの女性コーラスがアッパーに盛り上げる、遊園地のようなダイナミックかつファンタジックな一曲だ。
06キラキラ光れ
夢を抱きにくい時代だからこそ希望を失わない、というメッセージを感じるポップ・チューン。ジャニーズJr.として切磋琢磨してきた彼らだからこその説得力のある言葉をちりばめている。本人出演のハウス「バーモントカレー」CMソング。
07愛よ、僕を導いてゆけ
好きな人の気持ちがわからないという、切ない想いを綴ったシリアスかつ哀愁漂う雰囲気のダンス・チューン。畳み掛けるようなメロディが、情熱的なヴォーカルをよりいっそうホットに昇華させている。思いつめたような歌い方も◎。
08Fever
エモーショナルなホーンでスタートするアップ・チューン。豊満な女性ヴォーカルをちりばめたR&B要素あり、祭囃子テイストのメロディありと、にぎやかな展開の楽曲だ。“出来ないことなどないぜ”と綴る強気で勝気な歌詞も粋。
09Boys Don't Stop
アゲアゲのEDMとエフェクトをかけまくったヴォーカル&ラップがマッチしたダンス・チューン。気だるい歌い方と快活な歌い方を使い分けた、メリハリのあるヴォーカルがユーモラスだ。前向きな歌詞に勇気付けられる。
10Dangerous
タイトルどおりの“危険”な薫りが漂うセクシーな歌詞が際立つ、ハイテンポのダンス・チューン。マイナー・コードのオペラ調のエモーショナルなサウンドがドラマティックだ。半分以上が英語詞で、滑らかなヴォーカルも心地よい。
11Chau♯
恋人と“甘フワ”な時間を過ごす喜びを綴った、弾むようなメロディのキャッチーなパーティ・チューン。とびっきり元気いっぱいに繰り返す、アゲアゲの掛け声&コーラスはハイテンションMAX。夢心地になれる一曲だ。
12ヨワムシ★シューター
“テケテケ”と鳴るギターなどグループ・サウンズの要素を取り入れた、爽やかなロック・チューン。海を連想させる歌詞&サウンドのゴキゲンな一曲で、伸びやかなホーンの音色がアクセントとなってサウンドに奥行きを与えている。
13明日へのYELL
全員でのユニゾンが心地よい、合唱のような側面も感じさせる“ハイテンポのバラード”といった趣のポップ・チューン。前向きな姿勢をみせるポジティヴな歌詞とキャッチーかつ温もりあふれるメロディが心地よい一曲だ。
14Farewell
歪んだヴォーカルとマイナー・コードのメロディが緊張感を与えるが、進むにしたがって“光”が見えてくるエレクトロなダンス・チューン。“限界より先へ”“はじけよう”“走れ”といった言葉をちりばめた歌詞は、疾走感あふれるサウンドにぴったりだ。
15Very Very Happy
ピアノとストリングスの高貴かつロマンティックなサウンドに柔らかく優しい歌声を乗せた、美しいバラード。タイトルと同じ歌詞をユニゾンで歌うサビは、特に思わず体を揺らしたり口ずさみたくなるはず。砂糖のように甘い世界観に浸りたい一曲。
16Viva!9's SOUL
韻を踏んだ言葉遊びのような歌詞を紡ぐ歌声&ラップ&掛け声が楽しい、ユーモアたっぷりの楽曲。メンバーそれぞれの個性に合わせたサウンドで特徴を紹介する、テンポが途中で変わりまくる自己紹介ソングだ。アルバム『Viva!9's SOUL』のボートラ。
17Puppy Boo
ホーンを大胆に使ったミュージカル調のゴージャスなジャズ・ナンバー。相手の女の子を“Puppy Boo”と呼ぶ余裕のある(背伸び!?)男性目線の歌詞がお茶目。アルバム『Viva!9's SOUL』のボーナス・トラック。
(16)(17)ボーナストラック
タイアップ
  • 「キラキラ光れ」 - ハウス食品「バーモントカレー」TV-CMソング
アーティスト
  • Hey! Say! JUMP
    日本の男性アイドル・グループ。名前は“Hey! Say! Johnny's Ultra Music Power”の略で“平成の時代をジャンプしていく”という意。2007年9月に結成し、11月に「Ultra Music Power」でCDデビ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015