BUMP OF CHICKEN / jupiter

はてなブックマークに追加
BUMP OF CHICKEN / jupiter
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    JUPITER
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    トイズファクトリー
  • 規格品番:
    TFCC-86101
  • 価格:
    3,142 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    BUMP OF CHICKEN / jupiterをAmazon.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / jupiterを@TOWER.JPで購入するBUMP OF CHICKEN / jupiterをHMV.co.jpで購入するBUMP OF CHICKEN / jupiterを楽天ブックスで購入するBUMP OF CHICKEN / jupiterをTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
ヒット・シングル「ダイヤモンド」「天体観測」ほか全10曲を収録した、2002年発表の3rdアルバム。ポジティヴで力強いメッセージと胸に響くメロディ、バンドの一体感が存分に堪能できる。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    10位 (2014/3/31)
収録曲
01Stage of the ground
アルバム『jupiter』のイントロを飾るリード曲。高らかに鳴り響くアルペジオで幕を開け、一音一音に集約されたダイナミズムで360度に展開するサウンド・スケープ。壮大なバンプ叙事詩の始まりを予感させる。
02天体観測
BUMP OF CHICKENの名が世に広く知られるきっかけとなった曲。ひとつひとつていねいに切り取られた言葉の断片が、頭のなかにさまざまな情景を描き出す。ドキドキとともに襲ってくる果てしない切なさは、お祭りが終わったあとの気分に似ている。
03Title of mine
孤独をさらけ出した藤原の内省的な言葉を直情的なメロディにのせた、タイトルどおりの俺様ナンバー。長い影を背負いながらも、秘められていたがゆえの熱を帯びた情熱的なバラードで魅了する。
04キャッチボール
増川が弾いたギター・リフから生まれた甘いミディアム・ナンバー。増川と藤原の言葉のキャッチボールで綴られた歌詞が、センチにキラメキながら緩やかな弧を描いてリスナーのハートに飛び込んでくる。
05ハルジオン
都会のコンクリートの道端でよく見かける“ハルジオン”を“信念”に喩えて、自分のなかで決して枯れることのない夢や希望などの強い想いを詞に描く。疾走感あふれるリズムに、淡々と言葉をつむぐ藤原(vo&g)の声がほどよくマッチしていて、耳に心地よい。
06ベンチとコーヒー
藤原が実際に過ごしたある一日の様子を淡々と追いながら、ベースの直井にエールを贈ったドキュメンタリー・バラード。直井は珍しく動かず、寡黙にルートを這い和音を支える入魂のベース・ラインで応えている。
07メロディーフラッグ
オーヴァーダブと跳躍するベースでドライブ感たっぷりに展開するドラマティック・ナンバー。目まぐるしい時の流れに押し流されないよう、胸の真ん中に突き立てられるこの旗は、メロディメイカーの彼らにこそふさわしい。
08ベル
アコギ&エレキのラフなカッティングでレイドバックするなか、8ビートで本音を囁くミドル・ナンバー。シンプルなコードとハーモニーでさり気なくまとめたワン・シーン。この優しさにほっとする。
09ダイヤモンド
重いベースとタム回しでグルーヴを練り、コード・ストロークはぶっきらぼう。そんな無駄のない無骨なサウンドに、沸き起こるエモーショナルを注ぎ込んだヴォーカルが映えるメジャー・デビュー曲。
10ダンデライオン
陽気なカントリー風ギター・フレーズとブライト・トーンの軽快なコード・ストロークで雰囲気満点な、バンプ流トラッド・ナンバー。わきあいあいな4人の空気を一発録りでパッケージした。
タイアップ
  • 「天体観測」 - NTTドコモ「dヒッツ」TV-CMソング
アーティスト
  • BUMP OF CHICKEN
    日本のロック・バンド。藤原基央(vo,g)、増川弘明(g)、直井由文(b)、升秀夫(ds)という千葉県佐倉市出身の1979年生まれの幼なじみ4名で構成。愛称は“バンプ”など。94年に始動し、96年2月に現編成での初ステージを踏む。2000年……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015