スネオヘアー / カナシミ

はてなブックマークに追加
スネオヘアー / カナシミ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    KANASHIMI
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    EPIC
  • 規格品番:
    ESCL-2744
  • 価格:
    2,913 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    スネオヘアー / カナシミをAmazon.co.jpで購入するスネオヘアー / カナシミをHMV.co.jpで購入するスネオヘアー / カナシミを楽天ブックスで購入するスネオヘアー / カナシミを@TOWER.JPで購入する
    スネオヘアー / カナシミを山野楽器で購入するスネオヘアー / カナシミをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
SBDの池田貴史やwyolicaのazumiらとのコラボやお笑い芸人ユニットのプロデュースなど、新たな活躍を見せるスネオヘアーのアルバム。タイトルしかり、彼にはせつなさや悔しさを織り交ぜた悲哀がよく似合う。アーティスト本人の力量を存分に発揮した会心作。
ガイドコメント
通算4枚目のフル・アルバムは、6曲で実力派のサウンド・プロデューサーとコラボレートし、卓越したメロディ・ラインの魅力をより引き出している。スネオヘアーならではの男気満載の傑作アルバム。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2005/12/4)  ⇒  15位 (12/12)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    4位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    9位 (2005/12/4)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    4位 (2005/12/4)  ⇒  7位 (12/12)  ⇒  15位 (12/19)  ⇒  18位 (2006/1/2)
収録曲
01no trick
滑らかなギター・サウンドが主軸のダイナミックなロック・チューン。エンディング部分では重厚なギターの音色が高揚感を醸し出しているのが印象的。光り輝く1日のはじまりを感じさせるのにふさわしい説得力あるサウンドだ。
02ワルツ
恋人と出会った経緯から今の関係を「ワルツ」にたとえて幸せな気持ちを歌っている。「パステル模様の未来」「とぼけた現実も原色で塗り替えてしまえ」など、色にまつわるフレーズやキーボードによる音色の変化も、そんな歌を引き立てている。
03悲しみロックフェスティバル (album version)
軽快なギター・リフとキラキラしたサウンドに寄り添う「悲しみ」というフレーズを多用した詞が印象的。さらにスネオヘアーを応援するかのような歓声や拍手などの効果音を挿入し、曲をいっそう奥深いものとしている。
04フューチャー
繊細なフレーズが生かされたドラム、キーボードや荒々しいギターのフレーズによる間奏など、砂浜に打ち寄せる波のように押し引きの巧みなアレンジが際立つ。緻密な構成ではあるが、曲調はストレートなポップ・チューン。
05空も忙しい
ゆりかごに揺られるイメージが沸くバラード。エレクトロニカ風の凝ったサウンド・メイクと鮮やかなコーラスの挿入や厳粛なオルガンの音色などが、ふくよかな歌の世界を作りだす。体の芯からリラックスできる。
06ランドマーク
過去、現在を飛び越えて目的地へ突き進むような、ダイナミックな演奏が光る。厳粛ですらあるコーラスや重厚なギター・サウンドなどが弾けあうさまは、バラード調でありながら疾走感が十分にみなぎっている。
07peaky
マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのような技巧的なギター・サウンドへの意識が前面に出た楽曲。そんなサウンドと「ロックスター歌ってくれ/悲しみはもう終わりと」という意味深なフレーズとの組み合わせが、楽曲にダイナミズムを生んでいる。
08moon face
ハンド・クラップや巧みなカッティングを見せるギター・リフ、滑らかなベース・ライン。その上を凛々しいヴォーカルが疾走するナンバー。アダルトな雰囲気からメロディックなパートへと流れる、2部構成のような展開がにくい。
09Merry Christmas to me
シンプルなギター・サウンドと鮮やかなエレクロニクスによる構成は、複雑さを避けたすっきりした味わい。クリスマスを一人で過ごす心情を描く歌詞は寂しいくもあるが、ハートウォームなサウンドで包み込むのがスネオヘアーらしい。
10happy end (feat.azumi)
azumi(wyolica)とのデュエットによる、冬の景色を背景にした男女の心情を歌うラブ・ソング。クールなイメージが色濃いスネオヘアーの凝ったサウンドに重なる、情熱的なハーモニーが感動的だ。
11クーペ
力みのない歌い方と爽やかな多重コーラスや緩やかなキーボードなどによって、重みを抜いた軽やかなサウンドを構築。その軽やかさとセンチメンタルな歌世界とが上手く溶け込んだ、淡いギター・ポップ風のナンバー。
12NO.1
口ずさみたくなるメロディと伸びやかなギター・サウンドの疾走感、無邪気な絶叫を挿入するにより、「一番になりたいんだ」という情熱的なメッセージがより強く伝わってくる。親しみやすい曲調の中に深みを秘めるポップ・チューン。
(12)ボーナストラック
タイアップ
  • 「ワルツ」 - フジテレビ「ハチミツとクローバー」エンディングテーマ
封入特典
  • ステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • スネオヘアー
    1971年5月6日生まれ、新潟県長岡市出身のミュージシャン、渡辺健二によるプロジェクト。2002年に「アイボリー」でメジャー・デビュー後、コンスタントに作品を発表しながらYUKI、新垣結衣らへの楽曲提供やサウンドプロデュース、サントラ/CM……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015