サザンオールスターズ / キラーストリート [2CD]

はてなブックマークに追加
サザンオールスターズ / キラーストリート [2CD]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    KILLER STREET
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    タイシタ
  • 規格品番:
    VICL-62001〜2
  • 価格:
    4,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    サザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] をAmazon.co.jpで購入するサザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] をHMV.co.jpで購入するサザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] を楽天ブックスで購入するサザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] を@TOWER.JPで購入する
    サザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] を山野楽器で購入するサザンオールスターズ / キラーストリート [2CD] をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
前作より7年ぶりとなるオリジナル・アルバムは2枚組の超大作。2年以上にわたるレコーディングを経て完成した本作はバラエティに富みつつも、サザンらしさが凝縮された濃厚な仕上がりになっている。
トラックリスト
[Disc 1]
01からっぽのブルース
大作『キラーストリート』のオープニングを飾るミディアム・ロック。重めのギター・リフとシンプルな旋律が印象的で、こういう楽曲を冒頭に持って来るあたりが実にサザンらしい。コード進行的にはブルースではない。
02セイシェル〜海の聖者〜
チープなシンセ音で始まるサザンらしい哀愁ポップ・チューン。聴き手の想像力をかき立てる神秘的な歌詞は極めて完成度が高く、またバランス感覚に優れたベースとドラムを中心とするバンド全体のタイトな演奏も見事。
03彩〜Aja〜
サザンには珍しい“春”をテーマにしたミディアム・ナンバー。眩しい新緑の季節を背景に、前に進もうとしてもなお、愛の思い出に振り返ってしまうといった、普遍的な青春のとまどいがまっすぐに歌われている。
04JUMP
ノイズがかったシンセ音が印象的なファンク・ナンバー。桑田のパワフルなヴォーカルや痛快なまでに奔放なギター・ソロなど、聴きどころ満載。一歩を踏み出すのに躊躇している人々の背中を押す、サザン流応援ソング。
05夢と魔法の国
重いギター・フレーズで始まる8ビートのロック・ナンバー。モラル違反する者への静かなる怒りを泣きのメロディに乗せて訴える、真面目にユーモラスなナンバー。タイトルは舞浜のアミューズメント・パークのことか?
06神の島遥か国
シングルとしてもリリースされたオキナワン・ポップ・ソング。湘南出身の彼らだが、琉球サウンドでもその魅力を見事に発揮。特に言葉遊び的語呂合わせの巧みな歌詞は見事。BEGINの島袋優が三線などで参加。
07涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜
ギタリストの脱退によって5人組となった新生サザンとしての初シングル。ゴージャスなストリングスをバックに、一夏の恋の余韻を切なく綴った、サザンの宝刀ともいうべきアフター・サマー・ポップス。
08山はありし日のまま
原由子がヴォーカルを担当するワルツ基調の穏やかなナンバー。歌詞は登山家がかつて山で亡くした友人を想い返す実に悲しい内容だが、原の鼻にかかった歌声と温もりあるサウンドがそれを美しい想い出に昇華している。
09ロックンロール・スーパーマン〜Rock'n Roll Superman〜
桑田佳祐らしい美しいメロディが魅力の良質ポップス。分厚いコーラスや滑らかなグリスが印象的なストリングスなど、サウンドも極めて華麗。タイトルは曲調ではなく、自分を勇気づける“おまじない”のフレーズを表わす。
10BOHBO No.5
歌謡曲調の旋律やユーモラスな言葉遊びなど、「勝手にシンドバッド」から脈々と続く“これぞサザン”といった趣きのハイ・テンション・ナンバー。タイトルは九州地方のスラングと「マンボNo.5」をかけているようだ。
11殺しの接吻 (キッス)〜Kiss Me Good-Bye〜
フィクショナルな歌詞とブルージィなサウンドが特徴的なジャズ風チューン。桑田の味わい深いしわがれ声と女性口調の歌詞が絶妙に絡んで、物語の怪しい雰囲気と主人公の切ない愛を演出。2時間ドラマを見ているようだ。
12LONELY WOMAN
晩秋の季節にぴったりなセンチメンタルなラヴ・ソング。恋人に去られた女性に、桑田佳祐が優しく語りかけて慰めるような内容で、彼氏がいない大人の女性にとっては胸キュン間違いなし。
13キラーストリート
約1分15秒のアルバム・タイトル曲。「美しい砂のテーマ」や「9月の風」に続くサザンには珍しいインスト曲で、物悲しい旋律をガット・ギターの柔らかいサウンドが奏でる。東京は青山の“キラー通り”がモチーフ。
14夢に消えたジュリア
ギラギラした夏を謳歌する、サザン街道まっしぐらな直球メロディにテンションを上げずにはいられないアッパー・チューン。このゴージャスなサウンドを聴けば、無理してでも夏の思い出を作りたくなってしまう。
15限りなき永遠 (とわ)の愛
アルバム『キラーストリート』の1枚目を締めくくる、直球ど真ん中のラブ・バラード。ピアノだけのイントロから次第に盛り上がっていく曲展開や易しい言葉を用いた奥の深い歌詞など、サザンの本領が発揮されている。
[Disc 2]
01ごめんよ僕が馬鹿だった
『キラーストリート』のDISC2の冒頭を飾る王道的ロックンロール・ナンバー。アルバム制作時にわざわざ狭いスタジオに入った彼らが最初に演奏した楽曲で、本作のテーマでもある“バンドらしさ”が強く感じられる。
02八月の詩 (セレナード)
彼らの地元である茅ヶ崎の浜辺の美しい情景とかつての恋人への想いを重ね合わせた、切なくも美しいラブ・ソング。大胆なアレンジや仕掛けはないが、こういった落ち着いた楽曲にこそサザンのオリジナリティが垣間見られる。
03DOLL
アルバム用収録曲らしい斬新な打ち込みトラックをフィーチャーしたナンバー。自由度の高いA〜Bメロと桑田のセクシーな声が際立つ美しいサビ部分のギャップが聴きどころ。彼らの懐の深い音楽性が感じられる1曲。
04別離 (わかれ)
バックのストリングスとグルーヴィなバンド演奏が実に爽やかなミディアム・アップ・チューン。この上なくポップなサウンドと究極なまでに悲しい歌詞のギャップが魅力。桑田には珍しい語り口調のセリフにも注目。
05愛と欲望の日々
記念すべき50枚目のシングルで、時代劇『大奥 第一章』の主題歌という、彼らには珍しいタイアップだったが、妖艶なメロディが見事に時代劇とマッチした。振り付けも秀逸。
06Mr.ブラック・ジャック〜裸の王様〜
国民を顧みない政府や官僚を批判したブルース調のナンバー。ほとんど音が割れてしまっているドラムなど、各自奔放なプレイを繰り広げるバンドらしい演奏が魅力。「〜っちゅうの」という言葉遣いに強い憤りが感じられる。
07君こそスターだ
イントロもAメロもサビもブリッジも、すべてが有名という、まさにサザン節としか形容できない、やたらと風通しのいいサマー・チューン。ついつい砂浜に走り出したくなる青春賛歌。
08リボンの騎士
アルバム『キラーストリート』中2曲ある原由子リード・ヴォーカル曲のひとつ。比較的露骨な表現もあるイヤらしい歌詞だが、主題はその奥にある男を癒す女性の包容力。ジャジィなトランペットを吹くのは人気No.1プレイヤーの原朋直。
09愛と死の輪舞 (ロンド)
クラリネットやバンジョーのサウンドが特徴的なシャッフル・ナンバー。さまざまな楽器が参加した演奏も、語感の良い歌詞も実に楽しげで、サザンのチャーミングな一面がよく出た仕上がりに。松田弘の息子も参加している。
10恋人は南風
2003年7月発表のシングル「涙の海で抱かれたい〜」のカップリング曲。タイトル通り、夏のそよ風のような爽やかな曲調で、バンド主体のタイトな演奏を聴かせる。収録曲のなかではあまり目立たないが、安定した好楽曲だ。
11恋するレスポール
ロックらしいシンプルなギター・フレーズで始まるミディアム・ナンバー。明解なリズム・パターンやグリスを多用したオルガンなど、60〜70年代ロック的なストレートさが魅力。勢いあふれる歌詞も実にロック的。
12雨上がりにもう一度キスをして
JALのCMに使用された曲で、同CMでは桑田佳祐のコスプレ七変化が話題を集めた。涼しげなメロディと、胸がキュンとなる歌詞など、サザン初期の作風に近い直球の歌謡曲だ。
13The Track for the Japanese Typical Foods called“Karaage”&“Soba”〜キラーストリート (Reprise)
往年のアナログ・シンセ音で始まる打ち込みナンバー。玉手箱のような曲展開やひたすら語感の良い歌詞など、遊び心が満載。後半はDISC1収録のタイトル曲に70年代フォーク・ソング風男性ヴォーカルを加えたもの。
14FRIENDS
本田美奈子がミュージカルの劇中歌として歌ったことでも知られる名曲。儚くも切ないバラード調から壮大なクライマックスへと展開する8分超の大作で、桑田佳祐の圧倒的な表現力と歌唱力の高さに改めて感心させられる。
15ひき潮〜Ebb Tide〜
2枚組大作『キラーストリート』のラストを飾るナンバー。ムード音楽のような華麗なストリングスとポジティヴな別れを綴る歌詞が魅力。3拍子のゆったりとしたリズムが聴き終わった後まで余韻となって耳に残る。
仕様
CDエクストラ内容:期間限定“SPECIAL HOMEPAGE”
タイアップ
  • 「BOHBO No.5」 - Honda「MORE THAN BEST」
  • 「BOHBO No.5」 - Honda「MORE THAN BEST」TV-CMソング
  • 「LONELY WOMAN」 - TOYOTA「MORE THAN BEST キャンペーン」
  • 「ロックンロール・スーパーマン 〜Rock'n Roll Superman〜」 - TOYOTA「MORE THAN BEST」イメージソング
  • 「愛と欲望の日々」 - フジテレビ「大奥 第一章」主題歌
  • 「雨上がりにもう一度キスをして」 - JAL「FLY!JAL!海のむこうへ!」
  • 「君こそスターだ」 - au by KDDI「LISMO」TV-CMソング
  • 「君こそスターだ」 - TOYOTA「MORE THAN BEST キャンペーン」
  • 「君こそスターだ」 - TOYOTA「MORE THAN BESTキャンペーン」
  • 「彩〜Aja〜」 - JAL「FLY!JAL!」
  • 「神の島遥か国」 - TOYOTA「MORE THAN BEST」キャンペーンソング
  • 「夢に消えたジュリア」 - JAL「FLY!JAL!」
  • 「夢に消えたジュリア」 - JAL「JAL バースデー悟空」
  • 「涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜」 - フジテレビ「僕だけのマドンナ...and I love Her.」主題歌
封入特典
  • 歌詞
  • サザンオールスターズ
    日本のロック・バンド。“サザン”の愛称で親しまれる。青山学院大学の学生で結成され、1978年に「勝手にシンドバッド」でデビュー。シャレた詞と独特のヴォーカル、軽快なサウンドで脚光を浴びる。翌年の「いとしのエリー」の大ヒット以降、日本を代表す……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] シンガー・ソングライターとしての側面にスポットをあてたTOKU『ORIGINAL SONGBOOK』[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』
[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る
[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』
[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015