オリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]

はてなブックマークに追加
オリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    KINGSROAD
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ROCKER ROOM
  • 規格品番:
    PCCA-02218
  • 価格:
    3,000 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    オリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]をAmazon.co.jpで購入するオリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]をHMV.co.jpで購入するオリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]を楽天ブックスで購入するオリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]を@TOWER.JPで購入する
    オリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]を山野楽器で購入するオリジナル・ラヴ / キングスロード [廃盤]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
“キングスロード”即ち、田島貴男にとっての“王道”ソングをカヴァーしたアルバム。(6)はペトラ・クラーク、(7)はレオン・ラッセル、(9)はフォーク・クルセダーズと、これが実に渋い選曲。ふるったアレンジはもちろんだが、独自の解釈による日本語詞がいい感じ。
ガイドコメント
ORIGINAL LOVEにとって初のカヴァー・アルバムは、1960年代の洋楽ポップス/ロックを中心に選曲され、田島貴男自ら日本語詞をつけた意欲作。東京スカパラダイスオーケストラ、森俊之、塩谷哲、kyonらがゲスト参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    30位 (2006/1/16)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2006/1/16)
収録曲
01ヒット曲がきこえる
往年のヒット・チューンに対する憧憬と、それを2000年代のポップスとして蘇らせようとする意志。アルバムのコンセプトが見事に集約されたオープニング・ナンバー。原曲はフォー・トップスの「セイム・オールド・ソング」(1965年)。モータウン特有の軽快なビートとポップなリフが気持ちいい。
02恋の片道切符
オールディーズを象徴するシンガー、ニール・セダカのヒット曲を東京スカパラダイスオーケストラとともにスカ・アレンジでカヴァー。恋に破れ、片道切符を持って旅に出る……そんなシチュエーションを持つ歌詞を、田島は男の色気と情念をたっぷりと含んだ声でガッツリと歌い上げている。間奏のトランペットにグッとくる。
03タッチ・ミー
1969年に発表されたドアーズの4枚目のアルバム『ソフト・パレード』に収録されたヒット曲。ブラス・セクションを大胆に導入したアレンジは、原曲の雰囲気をダイレクトに伝えながら、さらなる混沌とサイケデリアを表現。「触ってさあ、ベイビー」という大胆というか、あまりに直訳な歌詞が素晴らしい。
04きみのとりこ
東京スカパラダイスオーケストラを再びフィーチャーした、ゆったりとねちっこいスカ・サウンドによって奏でられるのは、スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのヒット曲。“別れたいのに、やめられない”というどうしようもない恋の歌なのだが、タメの効いたビートと田島のエモーショナルなヴォーカルが、楽曲全体に圧倒的な説得力を与えている。
05さよなら、ルビー・チューズデイ
原曲はいわずと知れた、ローリング・ストーンズの1967年のヒット曲(全米1位を記録)。余計な解釈を加えることなく、きっぱりとシンプルなアレンジを施すことでメロディ・ラインの良さが伝わってくる。「さよなら、ルビーチューズデイ」というタイトルからもわかるように、思い切り直訳な歌詞も最高。
06ダウンタウン
1960年代を中心に活躍した女性シンガー、ペトゥラ・クラークの最大のヒット曲「恋のダウンタウン」のカヴァー。「街に繰り出して楽しい時間をすごせば、悲しいことなんか吹き飛ぶよ」という楽天的なリリックがすんなりと入ってくるのは、やはり田島貴男のヴォーカルゆえ。
07青い鳥
原曲は60〜70年代ロック・シーンで活躍した天才ソングライター、レオン・ラッセルのナンバー。軽快なギター・カッティング、しなやかにグルーヴしていくビート。ソウル・ミュージックのエッセンスを感じさせるバンド・サウンドは、ORIGINAL LOVE本来の音楽性に近く、その相性は抜群。シンプルな言葉で人生の深遠を捉えた歌詞も魅力的。
08Be My Baby
女性コーラス・グループ、ザ・ロネッツの1963年のヒット曲をカヴァー。日本でも多くの歌手が採り上げている有名なナンバーだが、このヴァージョンには(原曲における)フィル・スペクターによる魔法のように美しいサウンド・メイクへのリスペクトがしっかり感じられる。厚みのあるコーラス・ワークにどっぷり浸ることができる。
09青年は荒野をめざす
フォーク・クルセダーズの1968年発表のナンバー(作詞を手がけているのは五木寛之)。原曲はマカロニ・ウェスタン調なのだが、ORIGINAL LOVEのヴァージョンは洗練されたホーン・アレンジを導入した、きわめて現代的なロックとなっている。強靭な思想性を感じさせる歌詞も刺激的。
10エミリーはプレイガール
シド・バレット在籍時のピンク・フロイドのサイケデリックな曲をカヴァー。この曲でも田島はダイレクトなバンド・サウンドを採用、原曲のメロディの良さをバランスよく表現している。田島のいつになく攻撃的なヴォーカルもかっこいい。
アーティスト
  • ORIGINAL LOVE
    日本の音楽ユニット。1985年に田島貴男を中心として結成したレッドカーテンが前身。87年より“オリジナル・ラヴ”として活動を開始。ロック、ブルース、パンク、ジャズ、ワールド・ミュージックなど幅広い音楽性を吸収したソウルフルなポップ・ソングを……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015