クーラ・シェイカー / ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー [CD+DVD] [限定]

はてなブックマークに追加
クーラ・シェイカー / ザ・ベスト・オブ・クーラ・シェイカー [CD+DVD] [限定]
CD
ミニ・レビュー
90年後半にサイケで抹香な香りとともに現れ、優れた2枚のアルバムの残し解散したバンドのベスト。諸事情からお蔵入りしていたボブ・ディランのカヴァー(14)や、さりげなく新ヴァージョンな(1)(13)など、マニア向けの音源も用意。さらに最後の最後にも謎の音源が……。
ガイドコメント
99年に惜しまれつつ解散したUKロック・バンド、クーラ・シェイカーのベスト盤。日本盤の限定仕様のみ、彼らの全ビデオ・クリップを収録したスペシャルDVD付きなので、ファンは要チェックだ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    14位 (2003/3/3)  ⇒  22位 (3/9)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    13位 (2003/3/3)  ⇒  18位 (3/9)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    3位 (2003/3/3)  ⇒  8位 (3/9)
収録曲
[Disc 1]〈CD〉
01サウンド・オブ・ドラムス
02イントゥ・ザ・ディープ
1960年代ロック原理主義的な楽曲が多いデビュー作『K』の中で、1970年代ロック、それもプログレッシヴ・ロック的なエッセンスを感じさせてくれるのがこの曲。ゆるめのグルーヴに乗せ、精神の解放をうながす詞が紡がれる。
03グレイトフル・ホエン・ユーアー・デッド/ジェリー・ワズ・ゼア
04108バトルス (オフ・ザ・マインド)
05スタート・オール・オーヴァー
異国情緒が色濃く漂う彼らの他の曲と比べると個性の点では弱いが、メロディの魅力では引けを取らない。彼らにしては珍しいくらいに正面から失恋が歌われているうえ、ブルージィな曲調も新鮮に感じられる。
06ヘイ・デュード
1960年代ロックの旨味をベースにしたサウンドに、ぷんぷんと漂うインドの芳香。彼らのイギリス、日本での成功を決定づけた問答無用のグルーヴ突出ナンバー。呪文のような歌詞の一節は、ガンジーの言葉がヒントになった。
07ドロップ・イン・ザ・シー
グルーヴィなサウンドで突き進む一方で、アコースティック・サウンド主体のフォーキーな楽曲も得意だったりする彼ら。サイモン&ガーファンクルを思わせるムードの穏やかなこの曲で、彼らのそんな魅力が浮き彫りに。
08シャワー・ユア・ラヴ
09ハッシュ
ディープ・パープルのカヴァーで知られるジョー・サウス作の名曲。ドラッグを女性に見たてて欲する歌詞の偽装ラブ・ソングを、彼らはジミ・ヘンドリックス風味を加えたグルーヴィなアート・ロックへと無邪気に改装した。
10タットヴァ
11303
ひたすら車(設定がベンツであるところにクーラらしさが!?)を走らせる歌詞そのままの疾走ナンバー。コーラス・ワークやワウを効かせたギターなど、1960〜70年代ロックのエッセンスを無邪気に消化した小技の連続攻撃が光る。
12ライト・オブ・ザ・デイ
男クリスピアン、あるいはロック・スターの嘆きか、弱々しい独白が綴られた歌詞同様に、曲調ももの悲しく痛ましげなアコースティック・ナンバー。が、歌詞に光が射し始める後半には、楽曲にも力強さがみなぎっていく。
13ミスティカル・マシン・ガン
14やせっぽちのバラッド
15ダンス・イン・ユア・シャドウ
ベスト盤に収録されたことで多少なりとも再評価されるようになった陰の名曲。アコースティック・サウンドを軸に、ベースやオルガンで太めのグルーヴ感を加え、インド的な空気をたっぷりと注入した彼らお得意の曲調だ。
16ゴヴィンダ
[Disc 2]〈DVD〉
01グレイトフル・ホエン・ユーアー・デッド
02タットヴァ
03ヘイ・デュード
1960年代ロックの旨味をベースにしたサウンドに、ぷんぷんと漂うインドの芳香。彼らのイギリス、日本での成功を決定づけた問答無用のグルーヴ突出ナンバー。呪文のような歌詞の一節は、ガンジーの言葉がヒントになった。
04ギヴィンダ
05ハッシュ
ディープ・パープルのカヴァーで知られるジョー・サウス作の名曲。ドラッグを女性に見たてて欲する歌詞の偽装ラブ・ソングを、彼らはジミ・ヘンドリックス風味を加えたグルーヴィなアート・ロックへと無邪気に改装した。
06ミスティカル・マシン・ガン
07シャワー・ユア・ラヴ
アーティスト
  • クーラ・シェイカー
    英・ロンドン出身のロック・バンド。メンバーはクリスピアン・ミルズ(vo,g)、アロンザ・ベヴァン(b)、ポール・ウィンターハート(ds)、ハリー・ブロードベント(key)の4名で構成。バンド名は9世紀インド皇帝の名に由来し、インド音楽をブレ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015