クリスタル・マイヤーズ / クリスタル・マイヤーズ〜絶対自分主義! [限定]

はてなブックマークに追加
クリスタル・マイヤーズ / クリスタル・マイヤーズ〜絶対自分主義! [限定]
CD
ミニ・レビュー
タイトル曲のストレートな歌詞は、17歳の若さだから言い切れるのだろうし共感を誘うのだろう。作曲は10歳の頃から続けていたという。これはそんなポスト・アヴリル・ラヴィーン世代に位置する彼女のデビュー作。若さゆえの衝動がパンキッシュな音で表われている。
ガイドコメント
米国出身の17歳のガールズ・ロッカー、クリスタル・マイヤーズのデビュー・アルバム。1stシングル「絶対自分主義! 〜アンチ・コンフォーミティ」をはじめ、力強いメッセージを持ったパンキッシュでメロディアスな楽曲群が楽しめる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    33位 (2006/5/22)  ⇒  16位 (5/29)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    10位 (2006/5/29)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    10位 (2006/5/29)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    12位 (2006/5/22)  ⇒  7位 (5/29)
収録曲
01THE WAY TO BEGIN
静かな感じで幕を開けるが、サビの部分で一気に爆発するという混沌とした展開が印象的。まるで10代の女の子ならではの不安定な感情をストレートに表現しているかのようだ。アルバムのオープニングに相応しい、ワクワク感たっぷりのナンバー。
02ANTICONFORMITY
ゴキゲンなパンク・ロック・ナンバーで、クリスタル・マイヤーズの運命を切り開いた重要曲でもある。この曲は、なんと、ハイスクール在籍時に組んでいたバンド用に書かれたものだそうで、ロックの原初的な魅力にあふれている。
03MY SAVIOR
「わたしの救世主、あなたと一緒にいられるのなら、なんだってするわ」と歌われるナンバー。エモ・パンクをベースとした強烈なサウンドに仕上がっていて、特にサビのフレーズがカッコイイ。
04FIRE
「あなたがいるから、わたしは燃えているの」という内容の、歌詞も曲調もストレートなナンバー。若くてデビュー間もないクリスタル・マイヤーズには、この曲のような率直で情熱にあふれたものが、ことさらよく似合う。
05FALL TO PIECES
若さゆえの苦しみや葛藤からようやく抜け出し、やっと正しい道を見つけたときの心情が歌われている。“ウソ”や“妥協”や“失望”……。若い頃には誰でも悩まされる問題から力強く前進した時、ひとりの人間として成長するのだと、この曲は教えてくれる。
06REFLECTIONS OF YOU
「あなたの愛のために、私は生きる」という一節が印象的な、とても素直な心情を綴ったラブ・ソング。サウンドは少し抑え目で、ヴォーカルがより際立って聴こえてくる。
07LOVELY TRACES
「絶対自分主義!〜アンチ・コンフォーミティ」などとともに、初めてバンドを組んだ学生時代に書かれたというナンバー。この曲は、特に歌詞における表現力が素晴らしく、10代の女の子の不安定な感情が揺れ動くさまが巧みに描かれている。
08RESCUE
タイトルそのままに、“救い”を求めているナンバー。打ちのめされ、窮地に立たされた私を救えるのは、あなただけ……。そんな心情をクリスタル・マイヤーズらしくシャウトしている。
09SING FOR ME
「絶対自分主義!〜アンチ・コンフォーミティ」同様、初めてバンドを組んだ学生時代に書かれたナンバー。いかにもティーンエイジャーの普通の女の子らしく、恋する胸の内を素直に表現したラブ・ソングだ。
10CAN'T STAY
オルタナティヴ・ロック・テイストのタフなナンバー。サビの部分の疾走感がたまらなくカッコイイ。サウンドも、ギターとドラムのコンビネーションが楽曲全体をグイグイと引っ張っているのが印象的だ。
11ANTICONFORMITY
(11)ボーナストラック
仕様
エンハンストCD内容:アルバム・リリース・トレイラー絶対十分主義!〜アンチ・コンフォーミティ (ビデオ)フォト・ギャラリー
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • クリスタル・マイヤーズ
    米国カリフォルニア生まれの女性シンガー。10歳から曲を書きはじめ、高校時代に作曲した「Anticonformity」をきっかけに契約を獲得する。2005年、16歳の時に『Krystal Meyers』でデビュー。アヴリル・ラヴィーンなどを手……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015