Micro of Def Tech / Laid Back

はてなブックマークに追加
Micro of Def Tech / Laid Back
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LAID BACK
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    PRIMARY COLOR RECORDZ / FAR EASTERN TRIBE RECORDS
  • 規格品番:
    UMCF-1004
  • 価格:
    2,619 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    Micro of Def Tech / Laid BackをAmazon.co.jpで購入するMicro of Def Tech / Laid Backを@TOWER.JPで購入するMicro of Def Tech / Laid BackをHMV.co.jpで購入するMicro of Def Tech / Laid Backを楽天ブックスで購入するMicro of Def Tech / Laid BackをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
Def TechのMicroにとって初のソロ・アルバム。SPECIAL OTHERS、Yoshiki of 姫神、伊藤由奈などの幅広い人脈との共演もある作品は、ナチュラルな姿勢を湛えたオーガニック・サウンドをカラフルに発色させながら、コンセプトである小宇宙を作り上げている。
ガイドコメント
Micro(Def Tech)の2007年8月発表のアルバム。名取香りや光永亮太ら豪華なゲストを迎え、幅広い音楽性を披露している。飾らないスタイルを貫きながらも、ポップで親しみやすいサウンドが満載だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2007/8/6)  ⇒  29位 (8/13)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    10位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    8位 (2007/8/6)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    5位 (2007/8/6)  ⇒  8位 (8/13)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2007/8/6)  ⇒  13位 (8/13)  ⇒  16位 (8/20)
収録曲
01Cruzin'
ファンキーなベース・ラインとエレピのリフがたくましく響くトラック。清涼感のあるMicroのヴォーカルで歌われるポジティヴなメッセージが胸に刺さる佳曲。アコギも取り入れられているが、不思議と硬質なヒップホップ・サウンドの方が印象に残る。
02Cuz (feat.Lafa Taylor)
アフリカンなパーカッションのボトムが前面に押し出された肉感のあるトラックに、Lafa Taylorによるワイルドなラップが絡む情熱的な楽曲。英語と日本語のリリックがスムースに交錯するヴォーカル・パートは、Def Tech時代からの彼の得意とするところ。
03“HANA唄”
数本のアコースティック・ギターが流麗なリフを構成する、涼しく悲しげなトラックが白眉。悲しみを経た上でのポジティヴさが垣間見える、深みのある歌詞が祈るように歌われる。間奏で取り入れられる口笛の音など、オーガニックなサウンドが印象的だ。
04夏の花 (feat.SPECIAL OTHERS)
SPECIAL OTHERSをゲストに迎えたサマー・チューン。ギターが単弦で奏でる優しげなリフ、控えめなドラミングなど、トラック全体が柔らかなエネルギーに満ちている。幼い頃からの成長が歌われる、Microのリリックとの相性も抜群だ。
05Dub Song of 16 Bars (feat.PJ)
タイトルどおり、トラック全体にダブ処理が施されたダウナーなレゲエ・チューン。社会性のあるリリックとの相性も良い。PJ(Dubsensemania)によるパートでは本格的なレゲエのフロウが取り入れられ、Microのアーティストとしての懐の深さを改めて感じることができる。
06Why not? (feat.名取香り)
寂しさをたたえたアコースティック・ギターが爪弾かれ、アップ・テンポなドラミングに艶を添える。名取香りによるセクシーなR&BテイストのフロウとMicroの素朴なヴォーカルが意外にも好相性な、官能的な真夏のデュエット。
07NOENA (feat.Yoshiki of 姫神)
神秘的なサウンドスケープが全編を支配する、壮大なインスト・トラック。姫神のYoshiki(星吉紀)の幻想的なシンセサイザーが大胆にフィーチャーされ、Microの新たな世界観を創り上げている。
08Eddie would go
音数を抑えたノンビートに近いドラム、アコースティック・ギター、美しいシンセのフレーズが、小波の立つ静かな海のような表情を見せる佳曲。そのトラック上でMicroが自由奔放にポエトリー・リーディングをするという、オーガニックなサーフィン賛歌だ。
09Mic Doesn't Lie (feat.Tarantula (Spontania))
Microのヒップホップ・サイドが露わになったラップ・チューン。アコースティック・ギターとドラム・マシンとの組み合わせは、もはや彼の真骨頂と呼べるかもしれない。Tarantulaとの激しいマイクリレーは、ポジティヴで力強いメッセージを放っている。
10Apple Pie (feat.L-VOKAL)
ジャジィなピアノを大胆に取り入れた、セクシーなトラックが耳に残る。ダウナーな韻を踏むゲストのL-VOKALと儚げなMicroのフックが形作るラヴ・ソング。メッセージ性のあるリリックが、シンプルな楽曲にひねりを加えている。
11Discoteque '80s
ファンキーなホーンとカッティング・ギター、ゴージャスな女性コーラスと、文字どおり80年代ディスコ・サウンドのディテールを踏襲したトラックが印象的。Microのヴォーカルは一抹の知性をたたえ、不思議な落ち着きのあるダンス・ナンバーに仕上がっている。
12Heal (feat.伊藤由奈、WISE、PJ、BIGGA RAIJI and Primary Color Allstars)
伊藤由奈、WISE、PJ、BIGGA RAIJI and Primary Color Allstarsと豪華過ぎるゲスト陣を迎えた大胆な歌モノ。トラックはアコギとドラム・マシンのシンプルなものだが、その上を高揚感のあるマイクリレーとユニゾンが彩る。
13After the Laughter (feat.光永亮太 and 光永泰一朗)
光永亮太と光永奏一朗をゲストに迎えたアルバム『Laid Back』のラスト・トラック。伸びやかな男性ヴォーカルによるデュエットが、オーガニックでナチュラルな表情を形作る。アルバムの最後を飾るにふさわしい、希望に満ちあふれた優しい楽曲だ。
タイアップ
  • 「“HANA唄”」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
アーティスト
  • Micro(Def Tech)
    1980年8月28日生まれ、東京都大田区出身のミュージシャン。本名は西宮佑騎(にしみやゆうき)。法政大学卒。ジャワイアン・レゲエ・ユニット“Def Tech”のメンバー。2001年、ハワイ出身のShenとともにDef Techを結成。200……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015