ブライアン・ブレイド&ザ・フェロウシップ・バンド / ランドマークス [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
ブライアン・ブレイド&ザ・フェロウシップ・バンド / ランドマークス [SHM-CD]
SHM-CD
ミニ・レビュー
21世紀最重要ドラマーと賞賛されるB.ブレイド6年ぶりの作品。しかも名門ブルーノートへの復帰は実に14年ぶりでもある。それでも中核となるメンバーは結成当初から変わらない。この作品では、静寂そして躍動……実にメリハリのきいたドラミングを聴かせてくれる。完成度が高い上々の傑作と言いたい。★
ガイドコメント
ボブ・ディランやジョニ・ミッチェル、チック・コリアら数多くの鬼才から引っぱりだこの天才ドラマー、ブライアン・ブレイドの2014年発表のアルバム。自身のザ・フェロウシップ・バンドを率いての録音で、しなやかな演奏を聴かせている。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    11位 (2014/4/21)  ⇒  9位 (4/28)  ⇒  20位 (5/12)
収録曲
01DOWN RIVER
02LANDMARKS
03STATE LINES
04ARK. LA. TEX
05SHENANDOAH
06HE DIED FIGHTING
07FRIENDS CALL HER DOT
08FAREWELL BLUEBIRD
09BONNIE BE GOOD
10EMBERS
仕様
SHM-CD
演奏
ブライアン・ブレイド(DS) ジョン・カウハード(P) マイロン・ウォルデン(AS,BS-CL) メルヴィン・バトラー(SS,TS) クリス・トーマス(B) マーヴィン・シーウェル,ジェフ・パーカー(G)
録音
(2)〜(6)(8)(9)2012.2 (7)(9)2010.11
封入特典
  • 解説
アーティスト
  • ブライアン・ブレイド
    1970年7月25日生まれの米ジャズ・ドラマー。幼い頃にスティーヴィー・ワンダーやアル・グリーンらを通じてゴスペル音楽に触れる。打楽器やヴァイオリンの腕を磨くも、兄の影響でドラムを演奏。18歳の時にニューオーリンズに移住し、ロヨラ大学に通う……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015