カニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]

はてなブックマークに追加
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LATE REGISTRATION
  • ジャンル:
    ラップ/ヒップホップ(海外)
  • レーベル:
    ロッカフェラ
  • 規格品番:
    UICD-9014
  • 価格:
    1,886 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    カニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]をAmazon.co.jpで購入するカニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]を@TOWER.JPで購入するカニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]をHMV.co.jpで購入するカニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]を楽天ブックスで購入するカニエ・ウェスト / レイト・レジストレーション [デジパック仕様] [限定][廃盤]をTSUTAYAで購入する
ガイドコメント
マルチ・プラチナに輝き、グラミー賞で8部門ノミネートという快挙を達成した傑作デビュー・アルバム『ザ・カレッジ・ドロップアウト』から約1年半ぶりとなるカニエ・ウェストの2ndアルバム。
ニュース
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    6位 (2005/8/22)  ⇒  5位 (8/29)  ⇒  5位 (9/5)  ⇒  7位 (9/12)  ⇒  14位 (9/19)  ⇒  17位 (9/26)  ⇒  26位 (10/3)  ⇒  32位 (10/10)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    5位 (2005/8/22)  ⇒  6位 (8/29)  ⇒  10位 (9/5)  ⇒  12位 (9/12)  ⇒  20位 (9/19)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    2位 (2005/8/22)  ⇒  3位 (8/29)  ⇒  5位 (9/5)  ⇒  4位 (9/12)  ⇒  10位 (9/19)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2005/8/22)  ⇒  2位 (8/29)  ⇒  8位 (9/12)  ⇒  10位 (9/19)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2005/8/22)  ⇒  3位 (8/29)  ⇒  4位 (9/5)  ⇒  7位 (9/12)  ⇒  9位 (9/19)  ⇒  7位 (9/26)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2005/8/22)  ⇒  6位 (8/29)  ⇒  10位 (9/5)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    2位 (2005/8/22)  ⇒  3位 (8/29)  ⇒  2位 (9/5)  ⇒  3位 (9/12)  ⇒  3位 (9/19)  ⇒  8位 (9/26)
収録曲
01WAKE UP MR.WEST
前作『COLLEGE DROPOUT』(=大学中退)から引き継がれている『LATE REGISTRATION』(=履修登録遅延)に収録のインタールード。実際に大学を中退したカニエ・ウェストの実話に基づいているようで、“起きないと遅れるぞ”とミスター・ウェストに忠告しているよう。
02HEARD 'EM SAY
美しいピアノのフレーズは、ナタリー・コールのヒット曲「思い出の中に」からのもの。「確かなものなどない、それを受け入れることが唯一の道」と諦念の中にも光を捜そうとする内容が秀逸。マルーン5のアダム・レヴィーンの存在感あるヴォーカルには脱帽。
03TOUCH THE SKY
カーティス・メイフィールドのフレーズが強力に響く。鼻歌のようになぞるあたり、カニエ・ウェストはよほどこの曲が好きなのだろう。後半でルぺ・フィアスコが出てくるタイミングも絶妙で、リスナーを飽きさせない隠し味が効いているナンバー。
04GOLD DIGGER
レイ・チャールズになりすましたジェイミー・フォックスの器用さが光る。韓国のヒュンダイまで登場するカニエ・ウェストのアイロニーにあふれた詞がひたすら楽しい。ヴォーカル・フレーズはレイの「アイ・ガット・ア・ウーマン」から。
05SKIT 1
これまた学生生活の一コマだろうか? サークル「一文無しクラブ」の決起集会の模様を再現したインタールード。学生の時はお金がない方が楽しいこともある、とうなずいてしまうようなお茶目な内容。
06DRIVE SLOW
カスタム・ジュエリー・ラッパー、ポール・ウォールの遅れて音符に入り込むようなスタイルは、ハンク・クロフォードのサックスによる気だるい雰囲気を支配する曲調にぴったり。ゆっくりドライヴがナンパ成功の秘訣、と教えてくれるナンバー。
07MY WAY HOME
天才コモンが「人生は苦しみに満ちた闘いだ」とするラップや、2分に満たない曲の短さが説得力を持つ。サンプリング・ネタは黒いボブ・ディランと称されたギル・スコット・ヘロンの「ホーム・イズ・ホエア・ザ・ヘイトリッド・イズ」。
08CRACK MUSIC
総勢15名のゴスペル・グループ、ニューヨーク・コミュニティ・クワイアのコーラスに乗って、ドラッグに犯された世界が映し出される。ゲームのフレーズが力強く、ジェイ・Zを希望の光と扱っているところが印象的。
09ROSES
ビル・ウィザースの「ロージー」をうまく使った物語調の曲で、実話ともとれる内容は圧巻。採り上げる内容が多岐にわたるのもカニエ・ウェストの特徴が活かされた曲の一つで、節回しがあまりない古いスタイルのラップが功を奏している。
10BRING ME DOWN
「気が滅入る」「うっとおしい」と意味するフレーズは、スターダムにのし上がったカニエ・ウェストの苦悩だろうか? フル・オーケストラが奏でるストリングスが重厚感を生み出し、大人になったブランディーの歌唱力が鬼気迫るナンバー。
11ADDICTION
時折入る「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のフレーズの主は多くのアーティストに愛されるエタ・ジェイムス。カニエ・ウェストが猥雑なことを語っても下品さが際立たない、エミネムには書けない詞に、彼の才能が垣間見える。
12SKIT 2
大学生サークル「一文無しクラブ」の活動風景のインタールード。ステップを踏んで貧乏をネタにする学生たちが口にするのは、「お金なんか使わない」というフレーズ。一文無しという意味の“BROKE”が連発されるスキット。
13DIAMONDS FROM SIERRA LEONE
14WE MAJOR
あふれ出るピアノは黒人が抱える憤まんか? どんなに人口が増えてもマイノリティとして扱われる黒人が感じる、概念が実態に追いついていない不条理。多少ふてくされている感もあるが、そんな状況を吹っ飛ばすように「おれたちはメジャーだ」と宣言している。
15SKIT 3
さわやかサークル「一文無しクラブ」の活動風景パート3。サークルの部長だろうか? 彼らを統率する思想家か? 学生たちに向かって熱く語りかけている。かなり笑える内容に、カニエ・ウェストのユーモアのセンスを感じるインタールード・スキット。
16HEY MAMA
ドナル・リースの「TODAY WON'T COME AGAIN」をネタにした温かみのあるトラックは、“ママ・ソング”にはぴったり。カニエ・ウェストのママへの視線は優しい。ジョン・レジェンドのヴォーカルも良い味を出している。
17CELEBRATION
カニエ・ウェスト自身のオリジナル・ナンバー。やぼったいシンセのフレーズが新鮮なザップのようなアレンジだ。内容はあくまでも下世話だが、子供の誕生にセレブレーション! くれぐれも子供の前で、妻のことを“ビッチ”呼ばわりしないように。
18SKIT 4
学生のドロップ・アウトを防ごうとする彼の強烈なメッセージが込められているインタールードのパート4。コミカルではあるが、学生支援財団を設立するほどの彼にとっては、シリアスな問題提起となっている。
19GONE
オーティス・レディングの「イッツ・トゥー・レイト」のフレーズが楽しげな雰囲気で使われているナンバー。“昔の人生とはおさらばしなきゃ”というラップと後半のカニエ・ウェストのパートが印象に残る。
20DIAMONDS FROM SIERRA LEONE
21BACK TO BASICS
22WE CAN MAKE IT BETTER
(20)(21)(22)ボーナストラック
仕様
デジパック仕様
封入特典
  • ポスター/解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • カニエ・ウェスト
    1977年6月8日生まれ、米・イリノイ州シカゴ出身のヒップホップMC/プロデューサー。シカゴの美大を1年で退学後、トラックメイキングに専念。2000年にジェイ・Z楽曲のプロデュースで脚光を浴び、2004年に『ザ・カレッジ・ドロップアウト』で……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015