「シェルブールの雨傘」オリジナル・サウンドトラック / ミシェル・ルグラン [2CD] [SHM-CD]

はてなブックマークに追加
「シェルブールの雨傘」オリジナル・サウンドトラック / ミシェル・ルグラン [2CD] [SHM-CD]
SHM-CD
ミニ・レビュー
若い男女が叶わぬ恋の末、別々の幸せを選ぶ甘酸っぱいフランス産ミュージカル映画『シェルブールの雨傘』のOST。ミッシェル・ルグランの出世作となった本作をCD2枚組に第1部から3部、エピローグまで完全収録。ルグランがマスタリングに立ち会い監修したヴァージョンの音源を使用している。
ガイドコメント
ミシェル・ルグランが映画音楽作曲家としての地位を確立させた、1964年製作のミュージカル映画のサントラ。洒落ていて斬新なアレンジも魅力だが、街の行き交う人々や郵便配達人のセリフまでをも音楽にした緻密さも見事。
収録曲
[Disc 1]〈第1部 出発 1957年11月〉
01クレジット (インストゥルメンタル)
02ガレージのシーン
03店の前で
04伯母エリーズの家で
05通りで
06ダンスホールで
07桟橋で
08傘屋の中で
09デュブール宝石商の店で
10店の中で
11ガレージの前で
12エリーズの家で
13アパートで
14エリーズへの別れ
15駅 (ギイの出発)
[Disc 2]〈第2部 不在 1958年1月〉
01店の中で
02ディナー
03カサールのプロポーズ
04ギイの手紙
〈第2部 不在 1958年3月〉
05カーニヴァル
06結婚式 (インストゥルメンタル)
〈第3部 帰還 1959年3月〉
07ギイの帰還 (インストゥルメンタル)
08エリーズの家で
09ガレージ (言い争い)
10カフェのギイ
11マドロスダンスホール
12ギイとマドレーヌの二重唱
〈第3部 帰還 1959年6月〉
13カフェのテラスで
〈第3部 帰還 1963年12月〉
14ガソリンスタンドで
15フィナーレ
仕様
SHM-CD
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ミシェル・ルグラン
    1932年2月24日生まれ、仏・パリ出身のピアニスト/作曲家。本名はミシェル・ジャン・ルグラン。指揮者/作曲家のレイモン・ルグランを父にもつ音楽一家で育つ。歌手のクリスチャンヌ・ルグランは姉、バンジャマン・ルグランは次男。パリ音楽院でブーラ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015