伊藤由奈 / Let it Go

はてなブックマークに追加
伊藤由奈 / Let it Go
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LET IT GO
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    STUDIOSEVEN
  • 規格品番:
    SRCL-7160
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    伊藤由奈 / Let it GoをAmazon.co.jpで購入する伊藤由奈 / Let it GoをHMV.co.jpで購入する伊藤由奈 / Let it Goを楽天ブックスで購入する伊藤由奈 / Let it Goを@TOWER.JPで購入する
    伊藤由奈 / Let it Goを山野楽器で購入する伊藤由奈 / Let it GoをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
映画『天使の恋』の主題歌に起用された「Let it Go」は、作曲とアレンジを元Superflyの多保孝一が担当した渋めのロック・ナンバー。彼女にとっての新境地といってもよい70年代のクラシカル・ロックをモチーフにしたサウンドと、まさに多保節なキャッチーなサビが強く印象に残る楽曲だ。
元superflyの多保幸一とのコラボ・ナンバーとなった本作は、70年代のクラシック・ロックのエッセンスを反映させたサウンドが魅力。また映画『天使の恋』主題歌にもなっており、映画の世界観にも見事マッチした内容に。
トラックリスト
01Let it Go
映画『天使の恋』主題歌の14thシングル。軽快に刻まれるギターが特徴的な、70年代洋楽ロック風の哀愁漂う一曲。運命的な出会いから別れをたどる映画の内容を反映した悲恋的内容だが、離れ離れでも消えない愛を信じる純粋な想いに満ちている。
02Happy Days
リズミカルなトラックにアコギが爽やかなアクセントを加えるミディアム・ナンバー。自分のペースで頑張ろうと前向きな気持ちを歌った応援歌で、力の抜けた軽やかな歌唱が心地良い。ABCマート「ホーキンススポーツ」CMソング。
03Let it Go (instrumental)
04Happy Days (instrumental)
タイアップ
  • 「Happy Days」 - ABCマート「ホーキンスレディース」TV-CMソング
  • 「Let it Go」 - ギャガ・コミュニケーションズ「天使の恋」主題歌
  • 伊藤由奈
    1983年9月20日、ハワイ生まれ。女性ヴォーカリスト。2004年、人気コミック『NANA』の映画化に際して行なわれたオーディションで“レイラ”役に抜擢。同時に、ハワイを離れ本格的に日本での活動を開始。05年9月、映画『NANA』の劇中歌「……
  • シングル SRCL-7158〜9   1,500円+税   2009/11/11 発売
    伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]をamazon.co.jpで購入する伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]をHMV.co.jpで購入する伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]を楽天ブックスで購入する伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]を山野楽器で購入する伊藤由奈 / Let it Go [CD+DVD] [限定]をTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをAppleMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
    元superflyの多保幸一とのコラボ・ナンバーとなった本作は、70年代のクラシック・ロックのエッセンスを反映させたサウンドが魅力。また映画『天使の恋』主題歌にもなっており、映画の世界観にも見事マッチ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015