ラトーヤ / ラトーヤ

はてなブックマークに追加
ラトーヤ / ラトーヤ
CD
ガイドコメント
2ndまでデスティニーズ・チャイルドに在籍していたラトーヤの1stソロ・アルバム。シングル曲「Torn」など、天才的な歌唱力を最大限に生かした王道的R&Bが満載。ジャーメイン・デュプリら大物プロデューサーが参加。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    32位 (2006/7/17)  ⇒  28位 (7/24)  ⇒  39位 (7/31)
収録曲
01INTRO
ラトーヤと同姓のG.ラケットなる人物とB.Pitreが共作した、ソロ1stアルバムの1分弱のイントロダクション。コーラス・フレーズのサンプリングのループをバックに“T・O・Y・A……”と自身の名をスムースに告げ、ソウルフルな歌唱を披露している。
02U GOT WHAT I NEED
アルバムに先駆けシングル・カットされたソロ・デビュー曲。ヒップホップ・プロデューサー、ジャスト・ブレイズによるラヴ・アンリミテッド「恋の雨音」の早回しネタ使いをバックに、“ずっとそばにいて”と明朗快活に歌うソウルフルなミディアム・チューン。
03SO SPECIAL
テディ・ビショップのプロデュースによる、波がせり立つようなピアノ・ループとクラップ・ビートがリードするミディアムR&B。“いい男が側にいるなら、彼はスペシャルだって言うべき”と、自由奔放に充実感あふれる伸びやかなヴォーカルを披露している。
04TORN
スタイリスティックスの名曲「ユー・アー・エヴリシング」を大胆にサンプリングしたアルバム・リード・シングル曲。彼との関係を続けるかどうか思い悩む女性を、ラヴリーなヴォーカルで披露するスローR&Bバラード。テディ・ビショップ制作。
05WHAT LOVE CAN DO
アトランタのプロデュース・チーム、コーナー・ボーイズ制作のミディアム・ヒップホップ・ソウル。緊張感漂う“メアリー・J”風のトラックと美しくなめらかなヴォーカルの対比が絶妙。恋人に依存しすぎて、このままか離れるかと困惑する女性の気持ちを歌っている。
06SHE DON'T
スピナーズ「ウィ・ビロング・トゥゲザー」を使った、ウォルター・ミルサップ制作のソウルフルなミッド。なめらかな歌唱で元彼に“必要なのは今の女より私”と詰め寄る内容で、それに戸惑う男を、制作集団“The Clutch”のキャンディス・ネルソンが好演。
07TEAR DA CLUB UP
ジャジー・フェイが手掛けた原曲を、ワイン・Oがヒューストン・タウン・スタイルにリミックスしたクラブ・チューン。“オーライ、オーライ”のループや威勢のいいバン・Bのラップが享楽的な雰囲気を醸し出すクラバー賛歌だが、ラトーヤはあくまでもたおやか。
08ALL EYES ON ME
リアーナ作品でも知られるジョナサン“J.R.”ローテムによるエキゾティックなパーティ・チューン。“みんな私が欲しいんでしょ?”とクラブの男どもの視線を独り占めする心境を歌う。共演のポール・ウォールのクールで妖しいラップは、ゾクゾクするほどだ。
09HEY FELLA
愛らしいコーラスで“私の男になれる器量がある?”と挑発しつつ“あなたを知りたいわ”と誘惑する、メランコリックなミディアムR&B。ラトーヤを口説きに入るスリム・サグのラップと絡むバランスもグッド。シアラ作品で知られるフラッシュ・テクノロジー制作曲。
10GANGSTA GRILLZ
ラトーヤや制作のテリー・アレン、共演ラッパーのマイク・ジョーンズとキラー・カイリオンという同郷出身によるヒューストン賛歌。“歯に金や宝石を埋める”意のタイトルどおり、ギラギラしたギャングスタ調の“スクリュード・アップ”を巧みにR&Bに組み込んだ意欲作。
11OBVIOUS
ブライアン・マイケル・コックスのプロデュースによるソウルフルなメロウ・バラード。“恋愛中はわかりきったことも見逃すわ”と恋人とのすれ違いを嘆く内容を、ほどよいアダルトな芳香のヴォーカルで表現している。
12I'M GOOD
ビヨンセ「ベイビー・ボーイ」で注目を浴びた、スコット・ストーチのプロデュース作。シンセを中心としたアッパー・チューンで、もてあそんだ男に“もうアンタなんて気にしてないわ”と言い放つ、芯の強いヴォーカルが痛快。
13THIS SONG
ジャーメイン・デュプリとブライアン・マイケル・コックスの共同制作曲。詞にR.ケリーやディアンジェロの曲名を採り入れながら、“メイク・ラヴするためだけに書いた曲”について歌っている。ロマンティックでセクシーなミディアム・スローR&Bだ。
14OUTRO
アルバム『ラトーヤ』のアウトロ・トラック。「イントロ」同様、ラトーヤと同姓のG.ラケットなる人物とB.Pitreの共作曲。ヨランダ・アダムス「ジャスト・ア・プレイヤー・アウェイ」をサンプリングし、それに合わせて口ずさむラトーヤが何ともキュート。
15TORN
アルバム『ラトーヤ』のボーナス・トラックで、ジャーメイン・デュプリによるリミックス。「ギャングスタ・グリルズ」で共演のマイク・ジョーンズとデフ・ジャムの新星、リック・ロスをラッパーに迎え、原曲よりもアーバンでキレのあるテイストに仕上げている。
(15)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • ラトーヤ(ラトーヤ・ラケット)
    1981年3月11日生まれ、米・テキサス州ヒューストン出身のシンガー・ソングライター/女優。本名はラトーヤ・ニコル・ラケット。幼少期に地元の教会の聖歌隊で歌い、大人顔負けの歌唱力で注目を浴びる。8歳でビヨンセらとデスティニーズ・チャイルドを……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015