ブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴ

はてなブックマークに追加
ブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LET'S CALL IT LOVE
  • ジャンル:
    ヴォーカル・ジャズ
  • レーベル:
    fab.
  • 規格品番:
    MZCF-1331
  • 価格:
    2,400 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴをAmazon.co.jpで購入するブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴを@TOWER.JPで購入するブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴをHMV.co.jpで購入するブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴを楽天ブックスで購入するブリジット・ミッチェル / レッツ・コール・イット・ラヴをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
南アフリカ出身で香港を拠点とするシンガーが2014年にLAとリオ・デ・ジャネイロで録音。リオは全曲A.C.ジョビン作品で、起伏の大きいメロディを軽やかに歌う「トリステ」など、確かな技巧を示す。LAはスタンダード中心。持ち味であるキュートな声にラッセル・フェランテほかの名手によるメロウな音が合う。
チャート
  • TOWER RECORDS ジャズ アルバム
    17位 (2016/3/28)
収録曲
01LAMENTO
02THROW IT AWAY
03LOST IN THE MEMORY
04MEDITATION
05THEY ALL LAUGHED
06CORCOVADO
07PEEL ME A GRAPE
08TRISTE
09MOONLIGHT
10ONCE I LOVED
演奏
ブリジット・ミッチェル(VO) (2)(3)(5)〜(7)(9)ラッセル・フェランテ(P) ディーン・パークス(G) エドウィン・リビングストン(B) ジェフ・ハミルトン(DS) (1)(4)(8)(10)アムレット・スタマート(P) レオナルド・アムエド(G) ネイ・コンセイソン(B) エリヴェルトン・シルヴァ(DS) (1)(8)(10)カルロス・マルタ(FL,B-FL) (3)ボブ・シェパード(SS) (6)アルトゥーロ・サンドヴァル(TP)
録音
(2)(3)(5)〜(7)(9)2014.6 (1)(4)(8)(10)2014.9
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015