TRICERATOPS / LEVEL32

はてなブックマークに追加
TRICERATOPS / LEVEL32
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LEVEL32
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    ビクター
  • 規格品番:
    VICL-62144
  • 価格:
    3,190 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    TRICERATOPS / LEVEL32をAmazon.co.jpで購入するTRICERATOPS / LEVEL32を@TOWER.JPで購入するTRICERATOPS / LEVEL32をHMV.co.jpで購入するTRICERATOPS / LEVEL32を楽天ブックスで購入するTRICERATOPS / LEVEL32をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
1年8ヵ月ぶり8枚目のアルバム。2006年に発表した3枚のシングル曲を、カップリング曲も含めてすべて収録。彼ららしいラブリーなロック作に仕上がった。タイトルの“32”は“ミー・トゥ”の意味で“俺もだよ”と言える経験値に達したいという和田唱の思いが込められた。
ガイドコメント
2006年にデビュー10周年を迎えたTRICERATOPSが放つ、節目的なアルバム。“一緒に踊ろう”をテーマに掲げてきた彼らの、2006年の活動の集大成的な仕上がりとなっている。楽曲にみなぎるポジティヴなパワーがなんとも痛快だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    8位 (2006/10/30)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2006/10/30)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    6位 (2006/10/30)  ⇒  18位 (11/6)
収録曲
01トランスフォーマー
特徴的なイントロから、低音のリフを中心に勢い良く疾走していくロック・ナンバー。周りを変えるにはまずは自分からと言い聞かせ、“前にひたすら進んでいこう”と歌う姿勢を、骨太なグルーヴが後押ししている。
02Scar
シンプルに削ぎ落とされたアレンジに、中期ビートルズを彷彿とさせるギターが絡むナンバー。テーブルの傷を見ながら、心が傷つくことは悪いことじゃないと気づく詞が、甘いメロディとは対照的にクールな印象を残していく。
03Warp
ファンキーなリフが支配しながら、サビでは流れるようなコーラスを聴かせている。力強いバンド・サウンドにR&B色の濃いメロディが溶け合うナンバーで、“Warp!”という言葉とともに、未知の世界へ飛び込んでいきたくなる。
04Walk In The Park
優しいメロディに乗せて、恋人への別れを歌ったミディアム・ナンバー。一定に保ったリズムに寄り添うギターが柔らかな旋律を繰り返し、ノスタルジックな気持ちにさせるメロトロンの音色に耳が引かれていく。
05Vine
要所でかき鳴らされるギター・リフ以外は淡々と進んでいくバンド演奏が、メロディと歌詞をくっきりと際立たせていく。後半の言葉をゆっくりと追ってくるコーラスが印象的な、愛し抜いてこそ知れる喜びがあることを歌った曲。
06ホログラム
ビートルズ『ラバー・ソウル』を意識したサウンド作りで、ギターが刻々とリズムを刻む曲。日常の中に“輝く笑顔の光”を見つけていこうというメッセージが、繰り返しが中心のサウンド・アレンジによってリアルに伝わってくる。
07ベル
アコースティック・ギターをフィーチャーした牧歌的なナンバー。信号が赤から青に変わるまでのちょっとした心の動きを捉え、最後には“君とともに歩むこと”を確認していく。温かみのある演奏から漂うレトロな空気が絶妙だ。
08僕らの一歩
愛する人とのエピソードをたどりながら、1人より2人の楽しさや愛することの素晴らしさ、理解することの深さを歌うミディアム・バラード。弾むようなリズム隊によるサウンドが、愛に包まれて幸せな2人の鼓動を表現しているようだ。
09ハンマー
この3ピースには珍しい、超ガチンコな作風の異色作。勝負師の強さと興奮を、重厚感たっぷりに響くギター・リフで表現。小気味良いリズムのリフレインと“俺ではなく僕”と言ってしまうあたり、彼らのナイーヴさがにじみ出ている。
1033
11アンブレラ
雨宿り中に夢の世界に迷い込み、再び現実へと戻ってくるまでを描く。ドラムとベースを中心にしたアレンジで、ほのかにサイケデリックなギターが特徴的。センチメンタルなメロディが、切ない余韻を残していくナンバー。
12ブレーカー
重低音の力強いビートが弾む、オーソドックスなロックンロール・ナンバー。自然と踊り出したくなるようなリズミカルなサウンドにリード・ギターのエキセントリックなリフが絡む演奏は、リスナーをゴキゲンにさせてくれる。
タイアップ
  • 「僕らの一歩」 - アオキ「もてスリム」TV-CMソング
  • 「僕らの一歩」 - 日本テレビ「歌スタ!!」お題歌
  • 「僕らの一歩」 - アオキ「休日ベルベット」TV-CMソング
封入特典
  • 歌詞
アーティスト
  • TRICERATOPS
    1996年結成のロック・バンド。メンバーは和田唱(vo,g)、林幸治(b)、吉田佳史(ds)の3名。97年7月にシングル「Raspberry」でメジャー・デビューを果たす。ポップでキャッチーなロック・サウンドで一躍話題に。その後、“ロックで……
  • 同時発売作品
    TRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]
    VIBL-353   3,142円(税込)   2006/11/01 発売
    TRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]をamazon.co.jpで購入するTRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入するTRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]をHMV.co.jpで購入するTRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]を楽天ブックスで購入するTRICERATOPS/TRICERATOPS SHORT FILMS IV [DVD]をTSUTAYAで購入する
    2006年にデビュー10周年を迎えたTRICERATOPSの、約6年ぶりとなるビデオ・クリップ集。ビクターに移籍後発表されたシングルのクリップを完全収録する。メンバーのオフショットも満載。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015