小沢健二 / ライフ

はてなブックマークに追加
小沢健二 / ライフ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LIFE
  • ジャンル:
    日本のロック&ポップス
  • レーベル:
    イーストワールド
  • 規格品番:
    TOCT-8495
  • 価格:
    2,718 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    小沢健二 / ライフをAmazon.co.jpで購入する小沢健二 / ライフをHMV.co.jpで購入する小沢健二 / ライフを楽天ブックスで購入する小沢健二 / ライフを@TOWER.JPで購入する
    小沢健二 / ライフを山野楽器で購入する小沢健二 / ライフをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
何となくインテリぽかった1stから一転、ビッグヒット御礼の「今夜はブギー・バック」で見せた、劇的にスウィートで鬼のようにポップ、泣けるほどノスタルジック、というイメージを裏切らない名曲が並んだ、これは名盤。アナログ盤も限定発売です。
トラックリスト
01愛し愛されて生きるのさ
近年CMに使用され、再び耳にする機会も多くなった、アルバム『LIFE』の冒頭を飾る楽曲。聴く者すべてに愛の素晴らしさをふりまいているような世界観に、胸がグッとくる。
02ラヴリー
まるでシロップがかかったような、甘い甘いソウルフルなナンバー。サウンド、歌詞、そして小沢の歌唱、すべてがキラキラした多幸感に満ちており、思わず顔もほころんでしまいそうだ。
03東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディ・ブロー
まさにこれから盛り上がっていく、恋の一番オイシイ時間を描いたサンバ・テイストのウルトラ・ハッピー・チューン。男女の情事も、幸せの嵐で色気が吹き飛んでしまっているという、ハイテンションなオザケン・ワールドが炸裂だ!
04いちょう並木のセレナーデ
彼女と過ごした日々に想いを馳せる……。オザケン王子のロマンティックな弾き語りが堪能できる、しっとりとしたアコースティック・バラード。オーディエンスのささやかな歓声が実に上品で、カフェでの即興ライヴといった感のオシャレな趣だ。
05ドアをノックするのは誰だ? (ボーイズ・ライフ・パート1:クリスマス・ストーリー)
オザケンのポップ・センスと超ハイテンションが炸裂する、いうなれば奇跡の“一人ジャクソン5”。幸せモード全開なリリックを惜しみなく詰め込み、滑舌を披露したそのヴォーカルは、あの黒柳徹子も舌を巻いたほどであった。
06今夜はブギー・バック (ナイス・ヴォーカル)
以前から交流がある2組が実現させた共演作は、ヒップホップを幅広い層に印象付けた名曲。踊れるだけでなく、心にジーンと響くメロディが交差する曲調は今なお新鮮に響く。
07ぼくらが旅に出る理由
2ndアルバム『LIFE』からのシングル・カット曲で、何かを成し遂げようという、晴れやかな気持ちになるポップ・ソング。ファンキーさと、優雅なオーケストレーションの融合は“王子様”と親しまれた小沢でしか成し得ない音世界だ。
08おやすみなさい、仔猫ちゃん!
ゆる〜いリズムに合わせ、オザケンのキュートなヴォーカルと子供たちの無垢なコーラスがおとぎの世界を紡いでいく、極上のリラクゼーション・ナンバー。ラテン・ファンクにディズニー風の味付けをしてしまうトラック・センスは超圧巻。
09いちょう並木のセレナーデ (リプライズ)
タイアップ
  • 「ぼくらが旅に出る理由」 - ANA「旅割2017年夏」TV-CMソング
  • 「愛し愛されて生きるのさ」 - KAGOME「野菜生活Soft」
  • 小沢健二
    1968年4月14日生まれ、神奈川県相模原市出身のシンガー・ソングライター。愛称は“オザケン”。89年にフリッパーズ・ギターのメンバーとしてメジャーへ進出し、一時代を築くも91年に解散。93年にシングル「天気読み」でソロ・デビュー。翌年、ス……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015