中島美嘉 / LIFE

はてなブックマークに追加
中島美嘉 / LIFE
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LIFE
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    Sony Music Associated Records
  • 規格品番:
    AICL-1852
  • 価格:
    1,165 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    中島美嘉 / LIFEをAmazon.co.jpで購入する中島美嘉 / LIFEをHMV.co.jpで購入する中島美嘉 / LIFEを楽天ブックスで購入する中島美嘉 / LIFEを@TOWER.JPで購入する
    中島美嘉 / LIFEを山野楽器で購入する中島美嘉 / LIFEをTSUTAYAで購入する該当アーティストをiTunes Storeで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
23枚目のシングルは、フジテレビ系土曜ドラマ『ライフ』主題歌のアップ・ビート・チューン。(2)は同挿入歌のバラード・ヴァージョンで、切なさが満ちる前半から希望が感じられる後半へと展開する陰影のあるサウンドが特色。(3)は制作のコールドフィート色が出たファンキー・ハウス調。
中島美嘉の23枚目のシングルは、困難に立ち向かう人へ向けられたエール・ソング。力強いボトム・ビートが印象的なドライヴ感あふれる作風で、彼女の情熱的なヴォーカルが感動を誘っている。
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス シングル
    8位 (2007/8/20)  ⇒  16位 (8/27)
トラックリスト
01LIFE
フジテレビ系ドラマ『ライフ』の主題歌。キックの効いた力強いビート、ポジティヴなリリック、そして中島美嘉のしなやかなヴォーカリゼーションが、いじめに打ち克つことを描いたドラマのテーマに見事にリンクしている。
02LIFE (ballad)
アッパーでダンサブルな印象を与えていたシングル曲を、静謐なピアノと流麗なストリングスが全体を優しく包むアレンジに仕上げたバラード・ヴァージョン。中島美嘉の真摯な歌声がまっすぐに伝わってくる。
03IT'S TOO LATE
映画『NANA』でのNANA starring Mika Nakashimaのロック・テイストを彷彿とさせる、COLDFEETのLori Fineが作曲を手がけたファンク・ナンバー。カネボウ化粧品「KATE」CMソングに起用されている。
04LIFE (Instrumental)
05IT'S TOO LATE (Instrumental)
タイアップ
  • 「IT'S TOO LATE」 - カネボウ化粧品「KATE」TV-CMソング
  • 「LIFE」 - ミュージック・ドット・ジェイピー「MUSIC.JP」TV-CMソング
  • 「LIFE」 - フジテレビ「ライフ」主題歌
  • 中島美嘉
    1983年2月19日生まれ、鹿児島県出身の歌手/女優。2001年、レコード会社に送ったデモテープをきっかけにTVドラマのヒロインに抜擢され、同ドラマ主題歌「STARS」でデビュー。“新世代のミューズ”として注目され、2ndアルバム『LOVE……
  • 中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]
    AIBL-9158   4,800円+税   2007/08/22 発売
    中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]をamazon.co.jpで購入する中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]をHMV.co.jpで購入する中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]を楽天ブックスで購入する中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]をTOWER RECORDS ONLINEで購入する中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]を山野楽器で購入する中島美嘉/FILM LOTUS VI [DVD]をTSUTAYAで購入する
    中島美嘉のビデオ・クリップ集第6弾。「一色」「見えない星」をはじめとする人気のナンバーが、独創性豊かな映像とともに楽しめる。全曲にメイキング風景が付けられているのも嬉しい。……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、VIDEO、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015