シュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]

はてなブックマークに追加
シュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LIGHTS OUT
  • ジャンル:
    海外ロック&ポップス
  • レーベル:
    マキシマム10
  • 規格品番:
    CTCM-65090
  • 価格:
    2,200 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    シュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]をAmazon.co.jpで購入するシュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]を@TOWER.JPで購入するシュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]をHMV.co.jpで購入するシュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]を楽天ブックスで購入するシュガーカルト / ライツ・アウト [デジパック仕様]をTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
カリフォルニア州サンタバーバラ出身のメロディック・パンク・バンドのサード作。パワー・ポップ的要素もある多彩なポップ・メロディとサウンドは、グリーン・デイがお気に入りなのも納得の佳曲揃いの力作だ。車のCMソングでお馴染みのビートルズ・カヴァー(14)も収録。
ガイドコメント
カリフォルニア出身4人組パワー・ポップ・バンドの3rdアルバム。ティム・パグノッタのパンキッシュなヴォーカルとタイトなバンド・アンサンブルによるご機嫌なパンク・チューンが満載。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    7位 (2006/8/28)  ⇒  13位 (9/4)  ⇒  19位 (9/11)  ⇒  32位 (9/18)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    7位 (2006/8/28)  ⇒  17位 (9/4)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    9位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    6位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    5位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    7位 (2006/8/28)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    4位 (2006/8/28)  ⇒  3位 (9/4)  ⇒  7位 (9/11)  ⇒  9位 (9/18)
収録曲
01LIGHT OUT
エレクトリック・ギターのフィードバック音が渦巻く中で、シュガーカルトが新たな高みに到達したことを世界に告げる“覚醒”の序曲。「デッド・リヴィング」のイントロとしての役割も果たす、パンキッシュなショート・ナンバーだ。
02DEAD LIVING
アルバム『ライツ・アウト』のタイトル曲から間髪入れずに放たれる、エッジの効いたハードなロックンロール・ナンバー。「外敵から助かることはできない」と嘆く歌詞とは対照的に、サウンドは暗闇の先にある希望を掴み取ろうとするかのように前向きで力強い。
03LOS ANGELES
ロサンゼルスという大都会の真ん中で覚える渇望感を、ティム・パグノッタが荒々しく歌い上げたパンク・ナンバー。哀愁に満ちたマイナー調のメロディ・ラインと激しいエレクトリック・ギターの絡みが切なくも魅力的だ。
04DO IT ALONE
アルバム『ライツ・アウト』からの1stシングルとなった、ポップなラブ・ソング。「独りで生きたくないんだ」というセンチメンタルな想いを、親しみやすいメロディ・ラインと疾走感あふれるビートに乗せて爆発させている。
05EXPLODE
ただひたすらに救いを求め続ける、切迫感に満ちたハードなロック・ナンバー。生ドラムの音が細かい編集を施されて無機的なブレイクビーツとして仕上げられており、楽曲の殺伐とした雰囲気をいっそう強調している。
06OUT OF PHASE
うなるベース・ラインに導かれるようにして、デジタル社会に対する破壊願望とそこから切り離された孤独感を歌い上げる退廃的なロック・チューン。サビでは、ティム・パグノッタの壮絶なシャウトが堪能できる。
07MADE A MISTAKE
リヴァーブが強めにかけられた、80年代ニューウェイヴ調のエレクトリック・ギターの音色が耳に残るミディアム・チューン。取り返しのつかない間違いを犯した男の悔恨の念が、落ち着いたビートに乗せてじっくりと描き出される。
08RIOT
「オレたちの自由を奪うことはできないぜ」と権威への反抗を表明するパンク・ナンバー。ただ反抗するだけではなく、「素晴らしいもの」を作り出そうとするポジティヴな意志にもあふれているところが、2000年代のバンドならではだ。
09MAJOURING IN MINORS
「もうここに居座るつもりはない」と、根なし草として旅を続けていく強い決意を高らかに歌い上げるモダン・ロック・チューン。前向きななかにもわずかながらの喪失感をにじませる、ティム・パグノッタの巧みな感情表現が聴きものだ。
10SHAKING
エレクトリック・ギターの軽快なコード・ストロークを中心に構成された、爽やかなパワー・ポップ・ナンバー。愛する人と一緒にいられる喜びを歌い上げた、チャーミングなラブ・ソングとなっている。
11THE INVESTIGATION
ゆったりとしたビートやエレクトリック・ギターのやわらかなフィードバック音が伸びやかに鳴り響いていく。壮大なサウンドがどこまでも広がる真っ直ぐな地平線を想起させる、ドリーミーなバラード・ナンバー。
12HIATUS
アイリーンのテクニカルなベース・プレイが堪能できる、鋭い16ビートが刺激的なヘヴィ・ロック・チューン。ヘヴィなサウンドながらもキャッチーなメロディ・ラインを絡ませるところに、シュガーカルトの“らしさ”が表われている。
13FREEZING
テクノ調のキーボードのシークエンスに導かれて始まる、アコースティック・ナンバー。タイトルにもなっている冬のいてつくような寒さを、ピチカート奏法を用いたストリングスによる柔らかな音色で巧みに表現している。
14A HARD DAY'S NIGHT
初期ビートルズを代表する名曲をポップ・パンク調にカヴァー。ラウドなギターを強調した現代的なサウンドながらも、ギター・ソロやエンディングなどは原曲を忠実にコピーしており、彼らのビートルズへの愛をうかがい知ることができる。
(13)(14)ボーナストラック
仕様
初回のみデジパック仕様
タイアップ
  • 「Do It Alone」 - テレビ神奈川「洋楽天国 TUESDAY」テーマソング
封入特典
  • オリジナルステッカー(初回のみ)
アーティスト
  • シュガーカルト
    1998年、カリフォルニア州サンタバーバラで結成。ティム・パグノッタ(vo、g)、アイリーン(b、vo)、マルコ・デサンティス(g)、ケニー・リヴィングストン(ds)の4人編成で、2001年にファースト・アルバム『スタート・スタティック』で……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015