ストレイテナー / リニア

はてなブックマークに追加
ストレイテナー / リニア
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LINEAR
  • ジャンル:
    国内ロック&ポップス
  • レーベル:
    キャピトル
  • 規格品番:
    TOCT-26204
  • 価格:
    2,619 円(税込)
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    ストレイテナー / リニアをAmazon.co.jpで購入するストレイテナー / リニアを@TOWER.JPで購入するストレイテナー / リニアをHMV.co.jpで購入するストレイテナー / リニアを楽天ブックスで購入するストレイテナー / リニアをTSUTAYAで購入する
ミニ・レビュー
いきなり1曲目が打ち込みを導入した新機軸。その後もあまりの多彩さに驚かされっぱなし。4枚目の飛躍作だが、甘く切ないメロディは変わらず、そのグッド・メロディをより活かそうというバンドの姿勢がバラエティに富んだサウンドを生んだのだろう。
ガイドコメント
ストレイテナーの約1年ぶりとなる4thアルバム。「BERSERKER TUNE」など、シングル3曲を収録。激しいバンド・アンサンブルや、彼ららしい柔軟な音楽性が堪能できる。メンバー3人のエネルギーが濃縮された渾身の作品だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    1位 (2007/3/5)  ⇒  9位 (3/12)  ⇒  31位 (3/19)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2007/3/5)  ⇒  8位 (3/12)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    1位 (2007/3/5)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    1位 (2007/3/5)  ⇒  10位 (3/12)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    1位 (2007/3/5)  ⇒  8位 (3/12)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    3位 (2007/3/5)
  • TOWER RECORDS ジャパニーズ ロック&ポップス アルバム
    1位 (2007/3/5)  ⇒  5位 (3/12)  ⇒  15位 (3/19)
収録曲
01クラリティ
アルバム『リニア』のオープニングを彩るエレクトロ要素の色濃いナンバー。刺激的なディスコ・ビートにジワジワと胸が躍り、ラストには「Discography」の再来を思わせる多重コーラスが舞い降りる。
02トレイン
持ち味のストレートなサウンドを貫いたアップ・ナンバー。リズム隊が一心不乱に強靭なビートを生み出し、その上にシンプルでダイナミックなギターが轟く。光の粒が弾け飛ぶようなサビでの爆発は絶品だ。
03シックス デイ ワンダー
ピアノとシンセサイザーをフィーチャーした流麗なポップ・チューン。一度聴いたら耳から離れなくなってしまうキャッチーなメロディとヴォーカルで、失意の時から喜びに満ちた世界への転換を描いている。
04バースデイ
スキルフルでアグレッシヴなナカヤマのドラムが終始楽曲をリード。彼ららしいキメ&ブレイクも次々に炸裂して爽快だ。勢いとメリハリを兼ね備えた、バンドの成長もうかがえる曲で、ラストに訪れる各パートのせめぎ合いが壮絶。
05ゴースト オブ クリスマス パスト
アルバム『リニア』の中盤で穏やかな気分へと誘ってくれるポップ・ソング。なだらかなメロディ・ラインとシンプルなアレンジが印象的で、隠れがちな柔の魅力が打ち出されている。力みのなさが実に心地良い。
06バーサーカー チューン
冒頭で奏でられる野太いギターのストリングとシャウトが、不穏な雰囲気を感じさせるロックンロール・チューン。ハードにかき鳴らされるギターが、狂った戦士であるバーサーカーを思わせ、リスナーをジワジワと刺激する。
07レスト
全編英詞による退廃感のうずまくエレクトロ・トラック。繊細にそれぞれのパートが絡み合って保たれる緊迫とクールな口調の低音ヴォーカルがたまらない。ギター・バンドとしての印象を一変させる衝撃のナンバーだ。
08ライブズ
ポエトリー調のヴォーカルや悩ましげなムードを漂わせながらも淡々と進む展開に、新たな魅力が感じられる一曲。無機質なエレクトロ・ビートをもって、現実と夢を行き来する倒錯の感覚を鮮明に描写している。
09アフター ザ カーム
美しい音色の鍵盤と性急的な力強いビートが相まって、歯切れ良く疾走。前だけを一心に見据えてふっ切れた感のある、彼ららしい直球のギター・ロック・ナンバーだ。緩急の効いた曲展開も絶妙で飽きさせない。
10マーチ
アルバム『リニア』をしっとりと締めるエンディング・マーチ。ぬくもりがにじむような温かみのある鍵盤が印象的だ。まっすぐに“歌”を聴かせる、シンプルながらも感動的なミディアム・バラード。
アーティスト
  • ストレイテナー
    日本のロック・バンド。愛称は“テナー”。メンバーはホリエアツシ(vo,g,p)、ナカヤマシンペイ(ds)、日向秀和(b)、大山純(g)の4名。1998年に結成。東京を中心にライヴを行ない、2003年にシングル「TRAVELLING GARG……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015