プライマル・スクリーム / ライヴ・イン・ジャパン

はてなブックマークに追加
プライマル・スクリーム / ライヴ・イン・ジャパン
CD
ミニ・レビュー
フジロックも大成功、もはや“向かうところ敵なし状態”の彼らが去年、日本で行なったライヴを音源化。圧倒的な音圧とマニを中心に繰り出される重厚なグルーヴが、ライヴの臨場感そのままに封印された傑作だ。ケヴィン・シールズによるミックスが光る。
ガイドコメント
プライマル・スクリーム初のライヴ盤は、2002年の来日公演の模様を収録。ベスト盤的に代表曲が網羅されているうえ、ジョニー・サンダースのカヴァー「ボーン・トゥ・ルーズ」も必聴。
ガイドコメント
プライマル・スクリーム初のライヴ盤は、なんと2002年の来日公演の模様を収録。ベスト盤的に代表曲が網羅されている上、ジョニー・サンダースのカヴァー「ボーン・トゥ・ルーズ」も必聴だ。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    3位 (2003/6/30)  ⇒  9位 (7/7)  ⇒  16位 (7/14)  ⇒  24位 (7/21)  ⇒  32位 (7/28)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    1位 (2003/6/30)  ⇒  3位 (7/7)  ⇒  9位 (7/14)  ⇒  19位 (7/21)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    3位 (2003/6/30)  ⇒  5位 (7/7)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2003/6/30)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    6位 (2003/6/30)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    3位 (2003/6/30)  ⇒  4位 (7/7)  ⇒  7位 (7/14)  ⇒  11位 (7/21)
収録曲
01ACCELERATOR
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。スタジオ版に匹敵する迫力のノイジィなガレージ・ナンバー。リズム隊が生み出すコシと粘りに支えられたハイ・ヴォルテージな演奏に、観客は早くも昇天状態だ。
02MISS LUCIFER
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。エレクトロ・ガレージ・ブギな原曲を、エレクトロの数値を下げ、ガレージの数値を上げメタリカルにプレイ。ロックンロールの暴力性がさらに強調された音源だ。
03RISE
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。スタジオ版でのダビーなサウンドに比べ、こちらはバンド・サウンドを主体にしたアレンジ。剥き身になったサウンドが、むしろ楽曲の挑発的な表情を強めている。
04SHOOT SPEED/KILL LIGHT
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。スタジオ版でギターを弾いたバーナード・サムナーが不参加のため、原曲にあったニューウェイヴ感覚は減退。その反動か、曲全体に殺伐とした雰囲気が湧き出ている。
05PILLS
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。ボビーがラップを聴かせるヒップホップ・ナンバーを生演奏のグルーヴを強調したアレンジで披露。ライヴだからか、最後の「ファック」と「シック」の連呼は控えめだ。
06AUTOBAHN 66
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。クラフトワークの曲名を文字ったテクノ色が強い曲だ。ここでは過去最強の呼び声も高い布陣での演奏力を活かして、強烈な人力テクノ・サウンドを展開する。
07CITY
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。ストーンズ濃度の高さではトップクラスに入る曲を、さらに濃度を高めてプレイする。「東京は病んだ都市だ」のMCには、“わかったふり”したファンの「イェーッ!!」。
08ROCKS
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。「シティ」に続いて登場したのは、これまたローリング・ストーンズ血中濃度の高いナンバー。ブレイクのきっかけになった曲だけに、イントロと同時に会場が爆発。
09KOWALSKI
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。原曲同様、映画『バニシング・ポイント』での台詞を引用。ライヴならではのラフな感触のサウンドが曲の持つ刹那的な魅力を拡大し、台詞の引用もより効果的に感じられる。
10SWASTIKA EYES
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。警報のようなサウンドを受け、悶絶フロア・チューンが速めのBPMでスタート。複数あるヴァージョンのうち、ここでは“スペクター・ミックス”が採用されている。
11SKULL X
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演での音源。スタジオ版はノイジィなギターが際立つミックスだったが、ここではバランスの良い演奏になっており、マニの弾くジョン・エントウィッスル級ベースの凄みも顕著に感じられる。
12HIGHER THAN THE SUN
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演でのアンコール1回目の1曲目に披露された、彼らの代名詞的ナンバー。ヴァージョンが複数存在するこの曲だが、ここでは各音源の魅力が融合したライヴならではの演奏が聴ける。
13JAILBIRD
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演でのアンコール1回目の2曲目。彼らが米国南部ロックへと急接近していた時期の曲だが、メンバーの入れ替わりやホーン隊の不在もあり、まるで違った曲のように聴こえる。
14MOVIN' ON UP
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo公演でのアンコール1回目の4曲目。この曲を発表した時にはストーン・ローゼズに所属していたマニが、いまでは一緒にこの曲をプレイ。当事をリアルタイムで知るファンほど興奮度が増す熱演だ。
15MEDICATION
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo三日連続公演中、最終日のみ行なわれた2度目のアンコールでの1曲目。グレン・マトロックがベースを弾いたスタジオ版に比べ、マニが弾くこちらは演奏にうねりと黒みが増している。
16BORN TO LOSE
2002年11月16〜18日のZepp Tokyo三日連続公演中、最終日のみ行なわれた3度目のアンコールは、ジョニー・サンダースの名曲カヴァーで締め。ファンの好反応に、バンドも大団円にふさわしいノリまくりの演奏で呼応。
録音
2002.11
アーティスト
  • プライマル・スクリーム
    スコットランド・グラスゴー出身のロック・バンド。ボビー・ギレスピー(ジーザス&メリー・チェイン)を中心に1984年に結成。翌85年にデビュー。当初は60年代ロック作風を鳴らすも、91年の『スクリーマデリカ』でハウスを大胆に導入した新機軸のサ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大河ドラマ『青天を衝け』オリジナル・サウンドトラック、音楽を担当した佐藤直紀が、厳選されたアナログLP収録曲の背景を語る[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保
[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー
[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙
[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015