トゥー・ドア・シネマ・クラブ / ライヴ・イン・シドニー

はてなブックマークに追加
トゥー・ドア・シネマ・クラブ / ライヴ・イン・シドニー
CD
ミニ・レビュー
ブリティッシュ・アンセム09とサマソニ2010に出演し、日本のUKロック・ファンを虜にした三人組によるライヴ・アルバム。1曲目からバンドもオーディエンスもテンション全開で、シンガロングする様子に聴いているこちらのヴォルテージも上がる。確かな演奏力と鉄壁のコーラスワークも頼もしい。
ガイドコメント
UKロックの新旗手、トゥー・ドア・シネマ・クラブのスタジオ・ライヴ・アルバム。オーストラリア・シドニーのラジオ局における演奏で、躍動するサウンドが臨場感たっぷりに体験できる。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    9位 (2011/1/17)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    1位 (2011/1/17)  ⇒  11位 (1/24)
収録曲
01INTRO
02UNDERCOVER MARTYN
03DO YOU WANT IT ALL?
04SOMETHING GOOD CAN WORK
05COSTUME PARTY
06WHAT YOU KNOW
07EAT THAT UP, IT'S GOOD FOR YOU
08COME BACK HOME
09I CAN TALK
封入特典
  • 歌詞・対訳
アーティスト
  • TWO DOOR CINEMA CLUB
    北アイルランド・バンガー/ドナガディー発のエレクトロ・ポップ・バンド。メンバーはアレックス・トリンブル、ケヴ・ベアード、サム・ハリデーの3名。2009年春、仏レーベル〈キツネ〉からのシングル「サムシング・グッド・キャン・ワーク」がヒット。そ……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015