アッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフ

はてなブックマークに追加
アッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフ
CD
  • アーティスト:
  • 原題:
    LOOKING 4 MYSELF
  • ジャンル:
    ソウル/R&B/ゴスペル(海外)
  • レーベル:
    RCA
  • 規格品番:
    SICP-3487
  • 価格:
    2,200 円+税
  • 発売日:
  • 取り扱い店:
    アッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフをAmazon.co.jpで購入するアッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフを@TOWER.JPで購入するアッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフをHMV.co.jpで購入するアッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフを楽天ブックスで購入するアッシャー / ルッキング・フォー・マイセルフをTSUTAYAで購入する
    該当アーティストをApplkeMusicで調べる(アーティストが検索できなかった場合はTOPページが表示されます)
ミニ・レビュー
全米No.1ヒット作が続くR&B系シンガーの7作目。4つ打ち系ダンス・ミュージックに留まらない中低音の利いた多彩な曲に乗って、ファルセット・ヴォイスもポップに響く。リック・ロスやファレル、ルーク・スティールらも参加して盛り立てる。日本盤のみ本編の曲のリミックス1曲追加で歌詞和訳付き。
ガイドコメント
“トランス要素の入ったまったく新しい境地のダンサブルなアルバム”というテーマを掲げたアッシャーのアルバムは、プロデュースにDJディプロを起用。エレクトロ調なビートにあわせてファルセットが乗るなど、官能的な雰囲気も楽しめる圧倒的な一枚。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    5位 (2012/6/11)  ⇒  16位 (6/18)  ⇒  25位 (6/25)  ⇒  35位 (7/2)
  • TOWER RECORDS 新宿 アルバム総合
    6位 (2012/6/11)  ⇒  17位 (6/18)
  • TOWER RECORDS 札幌 アルバム総合
    6位 (2012/6/11)
  • TOWER RECORDS 名古屋 アルバム総合
    4位 (2012/6/11)  ⇒  10位 (6/18)
  • TOWER RECORDS 大阪 アルバム総合
    4位 (2012/6/11)  ⇒  10位 (6/18)
  • TOWER RECORDS 福岡 アルバム総合
    4位 (2012/6/11)  ⇒  10位 (6/18)
収録曲
01CAN'T STOP WON'T STOP
最大のトピックはビリー・ジョエル「アップタウン・ガール」をシンセ・サウンドで配したウィル・アイ・アムのアイディア。アッシャーのポップ性をBEP的ダンス・ポップで引き出している。ここでいう“止められない”は君が欲しくてたまらない衝動だ。
02SCREAM
アルバム『ルッキング・フォー・マイセルフ』からの2ndシングル。「DJ・ゴット・アス・フォーリン・イン・ラヴ」路線のパワフルなクラブ・ダンサーで、制作の中心はマックス・マーティン。君を“絶叫”させてやるよと自信満々にほくそえむ。
03CLIMAX
溶けるようなファルセットで愛の終焉を迎えるやるせなさを歌うメロウ・チューン。DJ出身のディプロならではのクラブ的な音使いとR&Bマナーのメロディが導く、新鮮なアプローチだ。アルバム『ルッキング・フォー・マイセルフ』の先行シングル。
04I CARE FOR U
愛する気持ちを理解してもらえない恋人へ、そろそろ信じろよと諭すラヴ・ソング。メロディは濃厚なメロウR&Bだが、グニャグニャうねるシンセ・ビートとの組み合わせが斬新。ティンバランド一派のデンジャらしい中毒性の高いスルメ的なトラックだ。
05SHOW ME
君のすべてをさらけ出してパーティを楽しもうと語りかけるキャッチーなR&Bだが、デンジャらしくビートはにぎやか。“ウィフー”という口笛風のバック・コーラスも重なって、開放感に満ちたトラックを構築。アッシャーらしさ全開のポップだ。
06LEMME SEE
ジム・ジョンシンらしいピコピコ音を加えた、アーバンでひんやりとした肌質を感じるムーディなR&B。後半登場のリック・ロスは詞やフロウともに自己満足気味も、アッシャーのヨーデルっぽいファルセットが素晴らしく気にならない。行動で示してと告げる誘惑ソングだ。
07TWISTED
イントロから瞬時にこれぞファレル・サウンドと判るオールドスクールなソウル・ダンサー。リズム&ブルースやロックンロールの要素を含んだ陽気なトラックとの邂逅は、アッシャーの新境地。そこでも歌唱が活きるのは、見事な存在感というしかない。
08DIVE
ジム・ジョンシンによる穏やかな流れが感じられるミディアム・スロー。いい具合にささやかに添えられたギターをバックに、艶やかで伸びやかなファルセットで聴かせる。美しい世界観だが、ダイヴするの君の深い場所……というアッシャー節全開のラヴ・ソングだ。
09WHAT HAPPENED TO U
ノトーリアスB.I.G「ワン・モア・チャンス」をさりげなく敷いたノア“40”シェビブ制作曲。金、名誉……必死で働き得られたけれど、君が去っていきそうだと切なく歌うスウィート&メロウなR&Bで、やわらかなファルセットは耳に溶け込むようだ。
10LOOKING 4 MYSELF
アルバム・タイトル曲となった、ポップでメロディアスなダンス・チューン。自身を探してるのにまだ見つからないという内省的な歌だ。80年代的な派手やかさがあるが、アッシャーらしくスムース&アーバンに描いたのは見事。ルーク・スティール客演のリコ・ラヴ制作曲。
11NUMB
本物に気づくために麻痺するくらい自分の感じるものだけを信じるんだと歌う、開放感にあふれたハウス・ダンサー。アクスウェルによるクールなエレクトロ・サウンドとアッシャーの伸びやかなヴォーカルの相性は抜群で、爽快と高揚を同時に運び込んでくれる。
12LESSONS FOR THE LOVER
ゆったりと深く沈み込んでいくスローなR&B。いがみ合っていても互いに向き合って夜を過ごすこと……それが恋人たちへのレッスンなんだと説くセクシーなナンバーだ。ここでは軽薄さはなく、優しく招き寄せる歌唱を披露する。制作はリコ・ラヴ。
13SINS OF MY FATHER
シリアスなタイトルは、父親が残した罪のツケを息子の自分が払っているという意味深な内容から。実父に育てられずにきたアッシャーの嘆き節か。それに呼応するように、サラーム・レミによるビートは重く、変則的だ。
14EUPHORIA
スウェディッシュ・ハウス・マフィアによるバキバキなハウス・ダンサー。恋に落ちないと決めていたのにすっかり陶酔(=ユーフォリア)したよと告げるラヴ・ソングで、ビートやファルセットともに胸躍るよう。単なるダンサーとは違って、実にセクシー。
15I. F. U.
ポップワンゼルとリコ・ラヴによるヒネリを効かせたミディアム。ヴァイオリンのもの寂しいリフレインをはじめ、多彩なアクセントによる異色の構成が特色。タイトルは“I'm freakin' you”の略で、とにかくヤリまくろうぜという歌。
16SAY THE WORDS
ルーク・スティール&スラーンによるセクシーなミディアム・スロー。シンセをバックにしたファンク寄りな曲だが、アーバンな雰囲気をかぶせてスムースなR&Bに仕立てている。心地よい歌唱が泳ぐ、永遠の愛を告げるラヴ・ソングだ。
172ND ROUND
久しぶりの再会に抑えきれない衝動を綴ったメイクラヴァー。ディプロ制作による濃い目のR&Bだが、エフェクトを効果的に使ったアレンジで、アーバンでドラマティックなムードに。ガール、戻ってきたよとサラリと言ってのけるアッシャーがニクい。
18HOT THING
キャッチーなフック“ホット・シング”のリフレインがクセになる、ヒップホップ・マナーのクラブ・チューン。エイサップ・ロッキーを招いて、ゴリゴリで挑発的なエロ・パーティ・ソングを展開。二人ともにゴキゲンだ。制作はファレル。
19CLIMAX
アルバム『ルッキング・フォー・マイセルフ』の先行シングルのリミックス。溶けるようなファルセットで一面覆われるが、原曲制作のディプロがいっそうクラブ寄りに重心を移して4つ打ちハウスに。なかなか新しい切り口だ。
(15)(16)(17)(18)(19)ボーナストラック
封入特典
  • 解説・歌詞・対訳
アーティスト
  • アッシャー
    1978年10月14日、米・テネシー州チャタヌーガ生まれのシンガー・ソングライター/俳優。母の影響から教会で歌い始め、人気番組の応募をきっかけにレコード会社と契約。1stアルバム『アッシャー』から「シンク・オブ・ユー」などのヒットを生む。9……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015