クリスティーナ・アギレラ / ロータス

はてなブックマークに追加
クリスティーナ・アギレラ / ロータス
CD
ミニ・レビュー
前作『バイオニック』では突如エレクトリックに傾倒し、その後プライベートではゴシップを連発して世間を騒がせたアギレラだが、本作で完全復活。稀代のヴォーカルは上質のダンス&ポップ・ミュージックにより昇華され、人を惹き込むトップランナーたる彼女の持ち味がいかんなく発揮されている。
ガイドコメント
前作『バイオニック』に続く、通算5作目となるオリジナル・アルバム。マックス・マーティン、シェルバック、サヴァン・コテチャといった強力制作陣によるシングル「ユア・ボディ」をはじめ、アギレラ節全開のポップな完全復活作。
チャート
  • TOWER RECORDS 渋谷 アルバム総合
    23位 (2012/11/19)
  • TOWER RECORDS ロック&ポップス アルバム
    8位 (2012/11/19)  ⇒  14位 (11/26)
収録曲
01LOTUS INTRO
02ARMY OF ME
03RED HOT KINDA LOVE
04MAKE THE WORLD MOVE
05YOUR BODY
06LET THERE BE LOVE
07SING FOR ME
08BLANK PAGE
09CEASE FIRE
10AROUND THE WORLD
11CIRCLES
12BEST OF ME
13JUST A FOOL
14LIGHT UP THE SKY
15EMPTY WORDS
16SHUT UP
17YOUR BODY
18YOUR BODY
(17)ボーナストラック
封入特典
  • 歌詞・対訳・解説
アーティスト
  • クリスティーナ・アギレラ
    1980年12月18日、米ニューヨーク州スターテンアイランド生まれのシンガー・ソングライター。米陸軍軍曹の父の影響で世界各地の米軍基地で育つ。3〜6歳には日本で過ごしたことも。99年にアルバム・デビュー。「ジニー・イン・ザ・ボトル」ほか3曲……
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015